これから第2回インデックス投資ナイト&第6回インデックス投資交流会

今日は待ちに待った、第2回インデックス投資ナイトです。

企画段階から少し関わらせていただいたこともあり、勝手に緊張しております(笑)
でも、インデックス投資家のお祭りみたいなものなので、著名人座談会はもちろん、会場の雰囲気も含め楽しんできたいと思います。
会場へは相互リンクブロガーでご近所さんのybさんとご一緒することになりました。
早めに行って、良い席を取りたいと思っています。

イベントの模様をうちのブログでもレポートしたいと思っています。
ただ、2次会を兼ねた第6回インデックス投資交流会にも(もしかしたら3次会にも)参加してきますので、レポートは明日以降になるかもしれません。ごめんなさい。

マイナーなインデックス投資を取り扱う、貴重な草の根イベントです。
草の根を支えるインデックス投資家の一人として、盛り上げていこうと思います。

関連記事


  





コメント

みなさん、楽しんできてくださいね。

レポート心待ちにしております♪
インデックス投資家として、
SJPも一度は参加してみたいですね。来年こそは!

前回のように水瀬さんがマイクを持ってコメントするんでしょうかね?

九州圏内の私は行けませんが、レポート楽しみにしています。

いきたいな~

私も九州ですので、行くことができません・・・。e-452
youtubeでだれかアップしてくれないでしょうかね・・・。

イベントの成功をお祈りします

やっぱ、買うなら外債とバランスファンドですね。
とキーパーソンを軽く挑発しておきます(^^)

外国債券って難しい・・・

僕自身は山崎氏とは別の視点で外国債券の質問をしてみました。
その時の忠告が「おお!」って思いました。
ちなみに、僕の質問は「GPIFのデータで見るとシャープレシオは国内債券よりも外国債券の方が劣る筈なのにどうして外国債券を組み込むの?」って言う事でした。
質問の答えはともかく、別の方からは「GPIFのデータを鵜呑みにするのは危険ですよ!」って言う忠告です。
これはGPIFの国内債券の期待リターンを年2.8%と言う現状ではあり得ないリターンを想定している他、日本債券よりも外国債券の期待リターンを高くしているなど、おかしな点が多いからです。

外国債券を組み込む理由として本当に円安になった時にどうするのか?って言う答えも有ります。
これは反論理由が有りますが、これはここで書くと凄く長くなるので省略します。
その他にも、新興国債券は経済成長率の高い国などは組み込むって言うのも有ります。
これは長期金利の決まり方としては、期待インフレ率と期待経済成長率とリスクプレミアムの合力で決まるとされているからです。
ある意味分かりやすいのですが、これもシャープレシオや実際にポートフォリオのリスク分散効果など、いろいろ考えてみないと分からないです。
その他にも日本人はオージービーフを食べていたり、吉野家の牛丼のような米国産だったりと、実際には為替リスクを取っているのだから外国債券を組み込む事で実質的な為替リスクを取り除くって言う答えも有りました。
この答えは「なるほどなあ~」って思います。

流石に外国債券はそれぞれの意見をお持ちで面白いですが、山崎氏の「外国債券の期待リターンは国内債券と同じ」って言うのはインパクトが大きかったです。

そして、今日のインデックス投資ナイトの最後の「投信ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤー2010」は・・・やはりこれだった!って言う感じでした。

GPIFのデータについて

GPIFの期待収益率はインフレ率1%を上乗せしたものらしいです。
Porcoさんのブログ
シミュレーション GPIF 国民年金基金
http://ningyocho.blogspot.com/2009/12/gpif.html

各クラスの生リターンは下記で確認できます。
わたしのインデックス
http://myindex.jp/

参照する過去データの期間の検討につきましては、S&P500ドル建てだけですが、
Porcoさんのブログ
過去の平均収益率は期待収益率として使えるか?
http://ningyocho.blogspot.com/2010/01/blog-post.html

>SJPさん、にっしーさん、spetoraさん、ぷれでたさん

現在、続々とレポートアップ中ですので、よろしければご覧ください(^^)


>タカちゃんさん

ほぼ外国債券不要論については、いろいろ反論が出ましたね。
個人的には、うちのブログのコメント欄での議論でもいいセンいっているような気がしました。


>Tanseny Gohnさん

貴重な情報提供ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)