第2回インデックス投資ナイト実況レポート(その5)

第2回インデックス投資ナイト実況レポート(その1)
第2回インデックス投資ナイト実況レポート(その2)
第2回インデックス投資ナイト実況レポート(その3)
第2回インデックス投資ナイト実況レポート(その4)
の続きです。今回で最後です。
本レポートについては、私が現場で見聞きした内容に基づいた解釈・まとめなので、曲解・誤解などがあるかもしれません。あらかじめご了承ください。

第二部では、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2009」の発表がありました。
このアワードの趣旨については、「証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というものです。(公式WEBサイトより)
(ご参考)公式WEBサイト

結果については、以下のとおりでした。

第1位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
第2位 eMAXIS 新興国株式インデックス
第3位 STAM グローバル株式インデックス・オープン

(4位以下は公式WEBサイトをご参照ください)

僕自身もいち投信ブロガーとして、事前に投票を行なっていました。
偶然ですがVTに持ち点全部の5点を振り分けさせていただいていたので、それが1位を取ってなんだかうれしく思いました。
そのVTを設定・運用している米国The Vanguard Groupの日本法人、バンガード・インベストメンツ・ジャパンの加藤隆氏の受賞の言葉を実況レポートさせていただきます。

加藤隆氏
「バンガードの加藤です。今日は本当にありがとうございます。
こんなに素晴らしい賞をいただき大変光栄です。
私25年ほどアセットマネジメントの商売をしておりますが、今日は最高に晴れがましい良い日です。
こういう賞をいただいたのは初めてであり、しかも、業界関係者からではなく、投資家の方からこのように評価をいただいたということを、大変光栄に思っております。
また、今回は第3回でありますが、第1回から第3回まで続けて上位にいられたことを大変光栄に思っております。
関係者の皆さま、ここにお集まりの皆さま、本当にありがとうございました。
今後とも、皆さまの運用の助けになる商品をご提供できるように、また、既存の商品であってもいかに有効に活用していただくか、更に考えて、工夫して、努力してまいりたいと思いますので、今後ともぜひよろしくお願いいたします」


普段、セミナー等で拝見するといつも冷静な加藤氏が、本当にうれしそうにお話しされているのが印象的でした。
今回の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2009」は、インデックス投資ナイト終了後、直ちにロイターで速報され、しかもその中では「投信評価各社によるファンド・オブ・ザ・イヤーが毎年選定・発表されるなかで、個人投資家目線のファンド評価には注目が集まっている。運用会社の中には「最も権威ある賞と思ってみている」との声もある」と報道されていました。
このアワードが第4回、第5回と続いていき、どんどん盛り上がっていけば、個人投資家にとってより良い投資商品の登場・拡大を促していくのではないかと思います。

来年の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010」が早くも楽しみになってきました。

(ご参考)ロイター速報記事
2010/01/10 ブロガーが選んだ09年のファンド、バンガードのETF

以上、5回にわたって続けてきたインデックス投資ナイト実況レポートもこれで終了となります。
個人投資家による草の根イベントで、豪華な顔ぶれの座談会を開いたり、投信業界へのアワードを行なったり、これだけのことができるというのが、とてもすごいことだと思います。
今後もますます盛り上がり、インデックス投資の認知度向上、インデックス投資環境の向上につながってくれるとうれしいです。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
本シリーズ記事が、皆さまの何かのお役に立てば幸いです。
関連記事


  





コメント

ありがとうございます

大変勉強になりました。実況レポートで自分なりのアセットアロケーションを決める事が出来ました。今後もブレない投資を続けられそうです。ありがとうございます感謝いたします(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

長文レポートありがとうございました。
内容参考になりました。

こんばんは。

レポートお疲れ様でした!

本当に臨場感あふれるレポートで、行っていないボクにもすごく楽しめるものでした(^^)。ありがとうございました。

目・肩・腰にはアリナミンですよ♪(笑)

すばらしいレポートありがとうございます

個人的にはカンさんの

>生活防衛資金を確保していても、ポートフォリオに安全資産を持つというのは重要なこと。

というのが印象に残りました。

それにしても山崎さんがトップバッターで怒涛の説明を始めたら普通の人は凍っちゃいますよね(笑)。
まあ、山崎さんを良くご存知の人は楽しめたと思うし、とても有意義だったんじゃないでしょうか。

お疲れ様でした。

お疲れ様でした

レポート大変参考になりました。

ところで、日興アセットのMSCIコクサイ、MSCIエマージングについては話題に上がらなかったようですね。

早くも色々と話題(意外とネガティブ)に上がっているだけに、もし参加できていれば専門家の意見が聞きたかったです・・

 臨場感あふれるレポートありがとうございました。行けなかった者にはとても参考になるものでした。
 外国債券の話は、高度な内容が混じっていたようですし、私自身まだ知らないことが多いと感じてますので、勉強していきたいと思います。

原簿の臨場感を思い出します

誰もやりたがらない(?)この大変な作業お疲れ様です!
ところで書き終わっといてから言うのもなんですが水瀬さんならこういうソフトを買ってみてもいいんじゃないでしょうか?
ICレコーダで録音したデータをクリックひとつでテキストするソフト

ドラゴンスピーチ(音声認識ソフト)
http://japan.nuance.com/naturallyspeaking/usage/

解説記事?
http://www.geocities.jp/ino_hideki55/dragonspeech.htm

たしか勝間さんはこれを利用してから本を執筆(しゃべる?)しまくっていたはずです
2万円前後なら水瀬さんにとって安い買い物かもしれません

これで2月末の『お客様感謝Day2010』もOK牧場!?
http://www.monex.co.jp/AboutUs/00000000/guest/G800/new2010/news10015.htm

Fund of the Year 2020

余談ですが、投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020ぐらいになってくると、国民的投票になりそうです。
そうなると、アクティブファンドが登場したりする事も有りえそうです。
現時点で、投資信託の国民的投票をすると、恐らくグロソブがトップになりそうな気がします。

来年もまた良い意味での万人に共通する正解のないディスカッションに期待を寄せています。
アセットアロケーションに万人に共通する正解はないと言われますが、本当に人それぞれの考え方が面白かったです。

それから人的資本については、山崎氏とは違ったコメントをするのならば、人的資本が少ないと考えている方と多いと考えている方では、ポートフォリオの中身は違ってくるし、人的資本の足りない部分をどう補うかも自分で研究する必要が有ると考えています。
人的資本を考えただけでも、アセットアロケーションに万人に共通する正解はなくなります。

ためになりました

水瀬さん お疲れ様です。

外債に関しては「多くの期待は出来ないけど一応入れといてもいいんじゃないの?」ってくらいが
心地良い気がします。外貨資産はほしいけどリスク取り過ぎたくない人にお勧めってところでしょうか。

アセットアロケーションに答えが無いのは当然ですので(賃貸、余剰資金、年齢などなど人それぞれだから違ってむしろ当然と)、いろいろと分析力ある人の比率を見て聞いて「こういう想定、前提だとこの
比率が無難」というのを理解して 自分に合う参考にしていくのが一番良いのかなと思っています。

酔っ払ったほうが本音が出るかもしれませんので良い企画ですね^^;

>としちゃんさん、せーねんさん、田舎のKenさん、fundstoryさん

レポートが何かのお役に立ったのであれば幸いです。
主催者のえんどうやすゆきさん達に感謝ですね(^^)


>ぷれでたさん

カンさんのアセットアロケーションはいちばんアグレッシブでしたから、逆に安全資産も重要になっているのでしょうね。


>鞍馬さん

来年はぜひ会場で自らご質問されるといいと思います。
レポートでは割愛させていただきましたが、かなり活発な来場者との質疑応答がありましたよ。


>とよぴ~さん

実況レポートについては、読むのはあっという間ですが、書く稼動が膨大で、やや個人のレベルを超えているように感じます。
来年は実況形式でやるかやらないかを含めてちょっと考えたいと思います。


>タカちゃんさん

「Fund of the Year 2020」まで続いたら最高ですね!
その頃には相当インデックス投資環境も進んでいるのでしょうね。


>龍王さん

どうやらお酒はマストアイテムのようです(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)