第2回インデックス投資ナイト実況レポート(その5)

水瀬ケンイチ

第2回インデックス投資ナイト実況レポート(その1)
第2回インデックス投資ナイト実況レポート(その2)
第2回インデックス投資ナイト実況レポート(その3)
第2回インデックス投資ナイト実況レポート(その4)
の続きです。今回で最後です。
本レポートについては、私が現場で見聞きした内容に基づいた解釈・まとめなので、曲解・誤解などがあるかもしれません。あらかじめご了承ください。

第二部では、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2009」の発表がありました。
このアワードの趣旨については、「証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というものです。(公式WEBサイトより)
(ご参考)公式WEBサイト

結果については、以下のとおりでした。

第1位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
第2位 eMAXIS 新興国株式インデックス
第3位 STAM グローバル株式インデックス・オープン

(4位以下は公式WEBサイトをご参照ください)

僕自身もいち投信ブロガーとして、事前に投票を行なっていました。
偶然ですがVTに持ち点全部の5点を振り分けさせていただいていたので、それが1位を取ってなんだかうれしく思いました。
そのVTを設定・運用している米国The Vanguard Groupの日本法人、バンガード・インベストメンツ・ジャパンの加藤隆氏の受賞の言葉を実況レポートさせていただきます。



加藤隆氏
「バンガードの加藤です。今日は本当にありがとうございます。
こんなに素晴らしい賞をいただき大変光栄です。
私25年ほどアセットマネジメントの商売をしておりますが、今日は最高に晴れがましい良い日です。
こういう賞をいただいたのは初めてであり、しかも、業界関係者からではなく、投資家の方からこのように評価をいただいたということを、大変光栄に思っております。
また、今回は第3回でありますが、第1回から第3回まで続けて上位にいられたことを大変光栄に思っております。
関係者の皆さま、ここにお集まりの皆さま、本当にありがとうございました。
今後とも、皆さまの運用の助けになる商品をご提供できるように、また、既存の商品であってもいかに有効に活用していただくか、更に考えて、工夫して、努力してまいりたいと思いますので、今後ともぜひよろしくお願いいたします」


普段、セミナー等で拝見するといつも冷静な加藤氏が、本当にうれしそうにお話しされているのが印象的でした。
今回の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2009」は、インデックス投資ナイト終了後、直ちにロイターで速報され、しかもその中では「投信評価各社によるファンド・オブ・ザ・イヤーが毎年選定・発表されるなかで、個人投資家目線のファンド評価には注目が集まっている。運用会社の中には「最も権威ある賞と思ってみている」との声もある」と報道されていました。
このアワードが第4回、第5回と続いていき、どんどん盛り上がっていけば、個人投資家にとってより良い投資商品の登場・拡大を促していくのではないかと思います。

来年の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010」が早くも楽しみになってきました。

(ご参考)ロイター速報記事
2010/01/10 ブロガーが選んだ09年のファンド、バンガードのETF

以上、5回にわたって続けてきたインデックス投資ナイト実況レポートもこれで終了となります。
個人投資家による草の根イベントで、豪華な顔ぶれの座談会を開いたり、投信業界へのアワードを行なったり、これだけのことができるというのが、とてもすごいことだと思います。
今後もますます盛り上がり、インデックス投資の認知度向上、インデックス投資環境の向上につながってくれるとうれしいです。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
本シリーズ記事が、皆さまの何かのお役に立てば幸いです。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ