2009年に最も運用効率が良かった資産クラス(モーニングスターより)

水瀬ケンイチ

モーニングスターに、各資産ごとのパフォーマンスデータが掲載されていました。

モーニングスター 2010/01/14より引用】
▼各資産ごとのパフォーマンス
  国内株 先進国株 国内債券 先進国債券 新興国株式
3ヵ月リターン -0.25% 7.29% 0.57% 2.60% 10.85%
6カ月リターン -2.38% 18.25% 1.46% 0.10% 26.07%
1年リターン 5.63% 35.56% 1.40% 7.36% 81.13%
3年リターン(年率) -18.57% -14.67% 2.48% -1.62% -3.24%
5年リターン(年率) -4.62% -2.06% 1.67% 2.80% 13.06%
1年シャープレシオ 0.25 1.57 0.54 0.46 1.66
3年シャープレシオ -1.04 -0.65 0.99 -0.16 -0.09
5年シャープレシオ -0.25 -0.11 0.70 0.24 0.35
1年標準偏差 20.42% 22.29% 1.68% 15.02% 48.59%
3年標準偏差(年率) 18.32% 23.18% 2.15% 12.65% 38.46%
5年標準偏差(年率) 19.14% 21.81% 2.07% 10.67% 37.06%
モーニングスター作成
※2009年12月末基準
使用した指数は以下の通り。
国内株:TOPIX
先進国株:MSCIコクサイ(除く日本、円ベース)
先進国債券:シティグループ世界国債(除く日本、円ベース)
新興国株:MSCI エマージング(円ベース)
国内債券:野村BPI総合
【引用終わり】


よくある、各国通貨ベースのパフォーマンス比較はあまり参考にしないのですが、通貨を円でそろえた比較というのが参考になります。
2009年もっともパフォーマンスが良かったアセットクラスは、新興国株式クラスでした。
モーニングスターの記事では、国内株式クラスのリスク・リターンが冴えないことが指摘されていましたが、個人的には、国内債券クラスの安定感が印象的でした。
これを見て直ちに自分のアセットアロケーションを変更するとかはないですが、おおまかにでも各アセットクラスの動向を捉えておくことはそれなりに意味があると思います。
関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ