2009年に最も運用効率が良かった資産クラス(モーニングスターより)

モーニングスターに、各資産ごとのパフォーマンスデータが掲載されていました。

モーニングスター 2010/01/14より引用】
▼各資産ごとのパフォーマンス
  国内株 先進国株 国内債券 先進国債券 新興国株式
3ヵ月リターン -0.25% 7.29% 0.57% 2.60% 10.85%
6カ月リターン -2.38% 18.25% 1.46% 0.10% 26.07%
1年リターン 5.63% 35.56% 1.40% 7.36% 81.13%
3年リターン(年率) -18.57% -14.67% 2.48% -1.62% -3.24%
5年リターン(年率) -4.62% -2.06% 1.67% 2.80% 13.06%
1年シャープレシオ 0.25 1.57 0.54 0.46 1.66
3年シャープレシオ -1.04 -0.65 0.99 -0.16 -0.09
5年シャープレシオ -0.25 -0.11 0.70 0.24 0.35
1年標準偏差 20.42% 22.29% 1.68% 15.02% 48.59%
3年標準偏差(年率) 18.32% 23.18% 2.15% 12.65% 38.46%
5年標準偏差(年率) 19.14% 21.81% 2.07% 10.67% 37.06%
モーニングスター作成
※2009年12月末基準
使用した指数は以下の通り。
国内株:TOPIX
先進国株:MSCIコクサイ(除く日本、円ベース)
先進国債券:シティグループ世界国債(除く日本、円ベース)
新興国株:MSCI エマージング(円ベース)
国内債券:野村BPI総合
【引用終わり】
よくある、各国通貨ベースのパフォーマンス比較はあまり参考にしないのですが、通貨を円でそろえた比較というのが参考になります。
2009年もっともパフォーマンスが良かったアセットクラスは、新興国株式クラスでした。
モーニングスターの記事では、国内株式クラスのリスク・リターンが冴えないことが指摘されていましたが、個人的には、国内債券クラスの安定感が印象的でした。
これを見て直ちに自分のアセットアロケーションを変更するとかはないですが、おおまかにでも各アセットクラスの動向を捉えておくことはそれなりに意味があると思います。
関連記事


  





コメント

早すぎるかな?

やはり、日本株は経済成長率の鈍化、少子高齢化やグローバリゼーションなど、悪い面が出ているかも知れません。
おかしいと思うのは、今回の金融危機の震源地である米国よりも、そこから遠く離れた日本です。
今回は円高が主原因とされているようですが、現在の水準が特別円高とは思えないですし、長期では貨幣価値が変動しますから、それに合わせていけば実質的にはそんなに大きくは変わらないはずです。
既にカルパースを始め海外の年金基金は日本株式の改善を求められるのもうなずけます。
この問題は1990年以降から始まった事なので、何故、日本株式の長期低迷が続くのかはきちんと議論をして改善をしていく必要が有ります。
この問題に気付いているのかどうかが分からないのがGPIF、国民年金基金などの年金運用機関です。
国際分散投資の利点はこう言ったリスクの低減も目的の1つです。

最初に目がいったのが

5年リターンですw(単年度はあくまで単年度なので)目を引いたのが
海外債券ですね。こんだけ円高進んでもなんとかプラスと。やっぱり
ポートフォリオに加えるほうが無難と想いました。新興国は元々
ボラが多きすぎるので単年度で半値になっても気にならない程度に
長期でいれておく感じでしょうかね。

私は実は何気に日本のインデックスではなく個別株にはポジティブ
です^^;でも、資産配分としては20%未満に押さえますけど。

将来的にはREITとコモディティも市民権をもっと得て表に載って
くるでしょうかね。

円ベースの比較はやはり日本円で最終的には使うお金であれば大事な
ことだと思っています。


やはり

私も先ほどその記事を見てました。
感想は「やっぱりか」

世界に比べて日本の株式市場の弱さが目立った年になりましたね。
私のアセットでもやっぱり新興国が強いです。
去年は日本だけに資産を持っていることのリスクがよくわかる年だった気がします。

>タカちゃんさん

通貨をドルベースに合わせると、また別の景色が見えてきます。
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=%5EGSPC&ct=z&t=1y&q=l&l=off&z=m&c1=&c2=&c3=&c4=&x=on&bc=%E6%AF%94%E8%BC%83
経済成長率の鈍化、少子高齢化やグローバリゼーションもあるのでしょうが、やはり円高が日本株不振と言われる大きな原因のように思えます。


>龍王さん

長期(といっても5年じゃ中期くらいですかね)でものを見るということは大切だと思います。
僕には個別株売買のセンスがありませんので、個別株にはポジティブだと言ってみたいです(^^;


>たまさん

この5年を見ても、どのアセットクラスが上がるかは年によってまちまちだというのが分かると思います。
一時期幅を利かせていた「相関が高まったのでもはや分散効果はない」といった主張はどこへいったのでしょうね(^^;

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)