個人マネー、高リスク型投信にシフト。ポートフォリオ全体のリスクは大丈夫?

個人マネーが、高リスク型投信にシフトしているようです。

NIKKEINET 2010/01/16より引用】
個人マネー、高リスク型投信にシフト 新興国株型が好調
 個人投資家の資金が高リスク型の商品にシフトしている。投資信託協会が15日発表した2009年の投信概況によると、新興国の株式などに投資するタイプに資金が集まる一方、分散投資でリスクを抑えたバランス型投信への資金流入は急減した。世界的な金融危機で損失を抱えた個人が、市場の回復を狙ってリスクの高い商品に資金を移す動きが広がっている。
【引用終わり】

特に、新興国株式型の投信が好調とのことです。
たしかに、ここ1年の新興国株式市場は好調が続いています。
(ご参考)
2010/01/14 2009年に最も運用効率が良かった資産クラス(モーニングスターより)

ただ、ハイリターンの影にはハイリスクが潜んでいます。
景気の二番底がいつ来ないとも限りません。
ハイリターンを求めるあまり、ポートフォリオ全体のリスクが過大になっていないか、自分のリスク許容度を超えていないか、チェックしておきたいところです。

下記参考記事でも書きましたが、新興国株式クラスの投資比率を増やすということは、相当の覚悟が必要な決断だと思います。
自分の場合は、リスクが低い日本債券クラスの比率増加とセットでやりました。
マイポートフォリオにおける新興国株式については、ポートフォリオ全体のバランスを見ながら、長い目で見ていこうと思います。
(参考記事)
2009/08/07 公的年金、新興国株に投資へ。新興国株についての個人的考え
関連記事


  





コメント

リスク調整

新興国の中には経済成長率が高い国も有ますが、最近の事例を見て新興国に対するリスクの考え方に問題が有るケースも少なくありません。
http://okwave.jp/qa/q5488886.html

勿論、最終的には自己責任の世界ですが、自分でリスクを考えて投資しているのかを考えて、万が一でも対応できるポートフォリオの構築が望ましいです。
やり方はいろいろですが、例えば円MMFとセットで購入し、比率を1:1を保ちながら投資すれば、株価が大きく下落した時に円MMF→新興国株式への投資が無理なくできる筈です。
逆に、株価が大きく値上がりしたら新興国株式→円MMFって言う利益の確定売りも可能です。
思い切って日本債券(CB含む)を使っても良いと思います。
CBは大抵は100万円単位ですが、格付が高く利回りが2%前後ぐらいの物を買っても良いと思います。

http://www.nomura-am.co.jp/corporate/press/H220114.html
個人投資家の意識調査という点では、「投資信託に対する意識調査」を野村アセットマネジメントが行っています。第5回が公表されたばかりですので、興味があればどうぞ。

ポートフォリオ全体のリスクは大丈夫?

みんなが二番底を警戒して投資や消費を控えると、来ないものも来てしまいますね。

世界各国の景気刺激策により最悪期は脱しましたが、
世界経済の回復には程遠いことは上場企業にお勤めの水瀬さんなら感じておられるはずです。

ことしは景気刺激策の効果がなくなることからも再度世界経済が下振れする可能性は高いようです。
ピムコ社やソロス氏は「上げたときに株式資産を売り払うこと」とまで警告してます。
いちばん底になるかもしれません。どうなることやら。

大きなお世話かもしれないけど、株式はリスク資産です。
ポートフォリオ全体の75%が株式では「ポートフォリオ全体のリスクは大丈夫? 」と
かえって心配になります。

金を保有してみてはいかがでしょうか。

新興国株式比率増えてます

私も新興国株式比率がかなり増えています。
あの増え幅を見るとどうしても投資してしまう・・・
これからいろいろお金がかかる身としてはもう一度ポートフォリオを見直す必要がありそうです。

>タカちゃんさん

CBは投信を含め投資したことがありません。
ミドルリスク・ミドルリターンというイメージでしょうか。


>windmouseさん

情報提供ありがとうございます。
twitterでも話題になっており、投信の分配金に対する誤解が根深いという指摘がありました。


>ザッジさん

ご心配いただきありがとうございます。
生温かく見守っていただければ幸いです。


>たまさん

ハイリスク・ハイリターンの原則がありますので、リスク許容度を超えてしまっていないか、ぜひご自身でチェックしてみてください。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)