楽天証券、投資信託の販売手数料値下げ

楽天証券が、2010年2月1日より投資信託の販売手数料を値下げ、または料率のテーブルを改定するようです。

楽天証券WEBサイト 楽天証券からのお知らせ
2010/1/20 【重要】投資信託の申込手数料を一部改定し、値下げいたします。

アクティブファンドを中心に百十数銘柄の販売手数料が値下げになるようです。
ところで、アクティブファンドについては普段あまりウォッチしていないので、値下げ後の販売手数料が他のネット証券と比べて安いの?高いの?ということがよく分かりません。
楽天証券の品揃えに対抗できそうなのはSBI証券かなということで、SBI証券といくつかの銘柄について比べてみようと思います。

※銘柄のピックアップは適当です。特に意図はありません。

■DIAM J-REITアクティブファンド(毎月決算型)(ハッピー・オーナー)の場合
楽天証券 1.05%
SBI証券 1.05%

■DIAM DL外国株式オープンの場合
楽天証券 2.10%
SBI証券 2.10%

■ピクテ・ヨーロピアン・オープンの場合
楽天証券 2.10%
SBI証券 2.10%

■フィデリティ・ワールド好配当株・ファンドの場合
楽天証券 2.10%
SBI証券 2.10%

■アジア製造業ファンドの場合
楽天証券 100万円未満:3.15%、100万円以上500万円未満:2.10%、500万円以上:1.05%
SBI証券 3.15%

■SG 世界好配当株式ファンド(毎月分配型) 『愛称:グローバル・ドリーム』の場合
楽天証券 100万円未満:2.10%、100万円以上500万円未満:1.575%、500万円以上1.05%
SBI証券 2.10%

■ニッセイ-パトナム・グローバル・エマージング債券ファンドの場合
楽天証券 100万円未満:2.625%、100万円以上500万円未満:2.10%、500万円以上:1.05%
SBI証券 2.625%

■インデックスファンドJリートの場合
楽天証券 1.05%
SBI証券 1.05%

■ストラテジック・バリュー・オープンの場合
楽天証券 500万円未満:2.10%、500万円以上:1.05%
SBI証券 2.10%

等々。

全部の銘柄を見たわけではありませんが、値下げ銘柄に関して言えば、概ね同じか、高額購入の場合に楽天証券の方が安い場合がある、という感じでしょうか。
どうも、昨年12月のSBI証券での投資信託販売手数料改定(関連記事参照)に対抗したのではないかという印象を持ちました。
(関連記事)
2009/12/02 SBI証券で投資信託の販売手数料が値下げになったり値上げになったり
いずれにしても、個人投資家にとって販売手数料の値下げはいいことですし、健全なサービス競争は大歓迎です。

楽天証券さん、グッジョブ!(^^)b


<ご参考>
楽天証券は、以下から資料請求・口座開設できます(無料)。
楽天証券
関連記事


  





コメント

恣意的 = 適当
ですよね?

>ななしさん

ご指摘ありがとうございます。
言葉の意味を間違えておりました。お恥ずかしいです。
記事を修正しました。

販売手数料値下げよりも

信託報酬値下げorキャッシュバックを希望したいですね。

購入しやすくなったETFに対抗して信託報酬値下げとかないですかね…。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)