「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」1月分の投資を実行

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」1月分の投資を、本日1月22日に行ないました。
(ご参考)ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

昨日から今日で、日米ともに株安、円高方向にスルスルと進んだようですので、投資しました。
月内では、なかなかいい買い物ができたのではないかと思います。
来週はもっと下げるかもしれませんが将来のことは分からないのでこの辺で。

購入投資信託は以下の3本です。
STAM グローバル株式インデックス・オープン
インデックスファンドTSP
※上記2ファンドは、投資額が積み上がった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF、VANGUARD TOTAL STOCK MARKET ETF(VTI)及びiShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)へ乗り換えます。(最近ごぶさたですが)
MHAMのMMF

今後、短期的には中国の金融引き締めや米国の規制強化などによって株価は乱高下するかもしれませんが、長期的な世界経済の成長を信じて、ゆったり構えていたいと思っています。
そのための投資ビークルは、低コストなインデックスファンドや海外ETF。
「ニッセイ日経225インデックスファンド」や「eMAXIS」シリーズなど、リレー投資用ファンドの変更候補はありますが、現在様子見中です。

低コストなインデックス商品で、愚直に積み立て投資を継続したいと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。


<ご参考>
上記商品は、以下のネット証券で購入しています。(会社名をクリックすると口座開設できます)
楽天証券
(STAM グローバル株式インデックス・オープン、MHAMのMMF 、VANGUARD TOTAL STOCK MARKET ETF、iShares MSCI EAFE Index Fund)
マネックス証券
(インデックスファンドTSP)
関連記事


  





コメント

なんだかんだで月末までズルズルといく印象があったので、ちょっぴり早めでちょっと意外。
「退屈」対策には面白そうなタイミング。

ところで、3本とも同じ日に買い付けるのは理由があるのでしょうか?
(バラバラに買う方が、より「退屈」対策になりそうな気がしたもので。)

今回のは、結果的に週末も下げてなんだかんだで、
もう少し下げそうな予感がしています。

中国と米国が安定するまで。。

米国はダウが9500ドルをきったら、グローバル株式
インデックスファンドををもう少し買おうか~。

とも少し思っています。。

外国税額控除と申告分離課税

ちょっと話題から外れますが、中田たろうさんの情報によると外国税額控除と申告分離課税(株式譲渡損と配当所得の損益通算)は併用可能との事です。
http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-585.html

なお、僕の場合の確定申告は今月末にやる予定です。
それから、国民健康保険との関係は今年の6月中旬ごろを予定しています。

>名なしさん

理由は、そこまでやるのは面倒くさいからです(^^)


>矢向さん

もう少し下げるかもしれませんし、上げるかもしれません。
短期的にはどうなるかわかりません。


>タカちゃんさん

情報提供ありがとうございます。
確定申告、やらなきゃなぁ。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

長期投資

なかなか難しいですね。 長期投資を主にしていますが、5年後ぐらい どのぐらいの資産になっているのでしょうかね。

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)