インタラクティブ・ブローカーズの日本進出はその後どうなったのか?

去年の今頃、「インタラクティブ・ブローカーズが日本進出」というニュースがありました。

インタラクティブ・ブローカーズは、米国の格安証券です。
当時の記事によると、「当初は機関投資家の注文に限るが、将来は個人投資家からも受け付ける方針」とのことでした。
その後、どうなったのでしょうね?
機関投資家への対応を含め、情報が途絶えてしまったように思います。

黒船来襲大歓迎、だったんですけどね…。

ただ、その後の1年で、日本の投資環境がかなり改善されてきました。
インデックス投資環境で言えば、ネット証券での海外ETFの売買手数料値下げ・銘柄拡充があったり、国内市場に個人投資家のコアになり得るETFが上場され始めたりしました。

個人投資家向けサービスに進出するなら早くしないと、事業の旨みが少なくなってしまうと思います。
ぜひ、ぞの低コストサービスで日本の証券業界を引っかきまわしていただきたい。

続報求ム!

<追記>2010/02/14
東証WEBサイト 東証からのニュース
2010/02/12 「インタラクティブ・ブローカーズ証券株式会社」を総合取引参加者としてお迎えします!
とのこと。個人向けにも参入してくれないかなぁ。
関連記事


  





コメント

どうでしょうか?

インタラクティブ・ブローカーは恐らく長期的には特定口座対応などコストがかかる物を最終的に扱えば利益が出ないとか理由があるかも知れません。
これだけで機関投資家に対応しないのも理由にはなりませんが、今回の国内ETFで問題になった税金の件も有るかも知れません。
日本と海外では税法上の取り扱いが異なる為です。
米国人が米国ETFを購入するのと、日本人が米国ETFを購入する場合では、税法上の取り扱いが異なるほか、取引直後の為替レートが分からないと税金の計算ができません。
正直なところ、これだけでは判断できませんが・・・

それから、別の話題(コラム)で不適切な発言が有ったので削除しました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

>タカちゃんさん

昨年12月にIBに確認してくださった方がいらっしゃって、進捗なしだったとのことです。残念。

不適切な発言に心当たりはありませんが…、コメントにパスワードを入力しておけばご自身で編集・削除ができますので、ご自由にどうぞ(^^)

先日問い合わせてみました。

以下の7件について確認したことをブログにまとめました。

・口座開設について
・取扱商品商品について
・海外への送金について
・日本口座とUS口座の互換性について
・語学の用件について
・すでUS口座を持っている場合について
・その他について

水瀬さんにとって既知のこともあるかと思いますが、
よろしければご覧ください。

>4460nさん

ナイス情報ありがとうございます。
さっそくこちらでも記事にしました。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1369.html

手数料などいろいろ知りたいことがあるので、IBの正式発表を心待ちにしております。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

IB日本法人に問い合わせてみました

2chで話題になっていたので、 インタラクティブ・ブローカーズ証券の日本法人に 問い合わせてみました。 今回問い合わせた内容は以下の件になります。 ・口座開設について ・取扱商品商品について ・海外への送金について ・日本口座とUS口座の互換性について

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)