インタラクティブ・ブローカーズの日本進出はその後どうなったのか?

水瀬ケンイチ

去年の今頃、「インタラクティブ・ブローカーズが日本進出」というニュースがありました。

インタラクティブ・ブローカーズは、米国の格安証券です。
当時の記事によると、「当初は機関投資家の注文に限るが、将来は個人投資家からも受け付ける方針」とのことでした。
その後、どうなったのでしょうね?
機関投資家への対応を含め、情報が途絶えてしまったように思います。

黒船来襲大歓迎、だったんですけどね…。



ただ、その後の1年で、日本の投資環境がかなり改善されてきました。
インデックス投資環境で言えば、ネット証券での海外ETFの売買手数料値下げ・銘柄拡充があったり、国内市場に個人投資家のコアになり得るETFが上場され始めたりしました。

個人投資家向けサービスに進出するなら早くしないと、事業の旨みが少なくなってしまうと思います。
ぜひ、ぞの低コストサービスで日本の証券業界を引っかきまわしていただきたい。

続報求ム!

<追記>2010/02/14
東証WEBサイト 東証からのニュース
2010/02/12 「インタラクティブ・ブローカーズ証券株式会社」を総合取引参加者としてお迎えします!
とのこと。個人向けにも参入してくれないかなぁ。
関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ