「グローバル・ソブリン・オープン」(グロソブ)と「上場インデックスファンド海外債券」(上場外債)の比較記事

本日の日経新聞朝刊29面に、投資信託「グローバル・ソブリン・オープン」(グロソブ)とETF「上場インデックスファンド海外債券」(上場外債)の比較記事が掲載されていました。

グロソブと上場外債の比較表
(日経新聞2010/01/25朝刊より。クリックで拡大)

同じ毎月分配型の外債投資商品を比較しています。
記事をざっくりまとめると、以下のような感じでした。

  • 一番の違いは、グロソブは投資信託で、上場外債がETFであること。
  • 運用手法は、グロソブがアクティブ運用で、上場外債がパッシブ運用。グロソブの設定来運用成績(分配金再投資と仮定)は40.1%のプラスで、インデックスを11.4ポイント下回る(2010年1月14日現在)。
  • コストは、グロソブよりも上場外債の方がかなり安い。信託報酬はグロソブが約1.31%で、上場外債が約0.26%。売買手数料はグロソブが0~1.575%で、上場外債がネット証券で0.1%程度。
  • 売買のしやすさは、グロソブは翌営業日の基準価額、上場外債は取引時間中いつでも(ただし、今のところ1日あたりの売買が平均1700万円程度)。
  • 投資の最低金額は、グロソブが1口6000円程度で、上場外債が10口50万円程度。
  • 情報提供は、グロソブの方が充実。分かりやすい目論見書や説明会など。

記事では、一長一短あるというような言い方ですが、個人的には、上場外債に軍配が上がるような気がします。
その理由は…
なんと言っても運用コストです。
記事の中で、カン・チュンド氏も「債券はもともと株式に比べて長期的に期待できる収益率が低い。その分運用コストの影響が大きくなってくる」と解説しています。
毎月分配型は、リタイア後の高齢者に人気があるようですが、平均余命の伸びを考えるとその後の運用期間もけっこう長いので、運用コストの違いが効いてくると思います。

グロソブと比べて、上場外債の投資の最低金額が50万円程度からと大きいところがデメリットではありますが、元々既にある程度資産がある高齢者層がターゲットであることを考えると、あまりデメリットにはならないような気がします。

ただし、上場外債の1日あたりの売買高が平均1700万円程度しかないというのが、いかにも心もとない。
記事でも指摘されていましたが、割高に購入してしまわないように、成行注文ではなく指値で注文するべきだと思います。
また、東証のこのWEBサイトで、取引価格と基準価額との乖離を調べてから購入した方がよさそうです。
(関連記事)
2009/05/24 ETFの取引価格と基準価額の乖離がわかるサイト

でも、グロソブを熱心に勧める金融機関はたくさんあっても(金融機関に旨みたっぷり)、上場外債を勧める金融機関はあまりなさそう(金融機関に旨みが少ない)なので、結局グロソブの方が売れるんだろうなぁ(^^;


P.S
記事では触れられていませんでしたが、正確には、グロソブは日本債券を含むのに対して、上場外債は日本債券を含みません。ちゃんと比較するなら、上場外債+個人向け国債といった形で比較するべきかもしれませんね。
関連記事


  





コメント

新聞記事の限界

水瀬様
 新聞記事としては、ある金融商品をけなすわけに行かないのでしょう。営業妨害で訴えられても困りますからねえ。
 というわけで、比較記事は、「一長一短」的な結論になりがちです。
 このあたりが新聞記事の限界です。
 ブログは、こういう限界がありません。
 新聞の記事の書き方が(ブログに比べて)おもしろくないと感じられる原因の一つはこんなところにあるのではないですか。
 こういう話の行き着く先は、「新聞は、もうもたない」ということだと思います。

細かい違いは有りますが・・・

グロソブの場合は、利益が出ないで分配を受けると特別分配金として取り扱いされるので、厳密には違いが有ります。
グロソブの信託報酬が高いのは恐らくサービス料を考えないと割に合わない面も有りそうです。
豊富で分かりやすい資料作成にも力が入っていますし、営業マンが説明に行かなくてはならない所まで有ります。
上場外債はどちらかと言うとプロ向けで、知識が有る運用経験が豊富な人向けでして、概要さえ書いて有れば経験者だったらこちらをチョイスされる事を想定していると思います。
運用経験者で有れば上場外債の良さは誰もが知っていますが、投資には余り詳しくない人はどうしても、営業マンの説明に頼ってしまう部分も有ります。
これは明らかに「情報格差だね」って言われそうです。

コストとサービス

価格競争に巻き込まれないための方便として「サービスの充実」という
言葉があるかと思います。仕事上においては「付加価値」といいますかね^^;
もちろん、必要という方もいるでしょうが、ネット証券世代?の我々と
しては「サービスいらんからコスト下げろや!」となり、逆に売り手としては限界損益というものもあり(新規投資・維持管理含め)なんとか
価格崩壊(手数料、信託報酬)は避けたいと思います。

個人的には「儲からないから償還します!やめます!」まで下がると困るので 隠れコスト込みでもう2押しくらい下げてくれればありがたいと思っています(笑)

私個人の見立てとしてマネックスでポイント付かない投信ってのは相応にコスト安と思っています
(マネックスさん すみませんがそういう物差しで見ちゃっています・・・)


意味ないっすねこの比較記事

こういう比較記事が出されても結局一番決定的にリターンに影響するものが何なのか、実際に運用して痛い目見ない限りわからないのです。ここが最大の壁ではないかと。

あと1口6000円とか間違ってますね。1万口6000円ですし、購入金額も最近は1000円から買えるようになりつつあります。

>乙川乙彦さん

新聞なりの大人の事情もあるのでしょうが、ハッキリとは書いていませんが、行間からは「上場外債のほうがいいよ」と読み取れるような気もしました(^^)


>タカちゃんさん

情報格差ですか。なかなか根深いですねぇ。


>龍王さん

価格競争と限界損益のせめぎあいなんでしょうね。
今は価格に鈍感な顧客がごまんといるのでそれでいいじゃないかというフェーズで、それはそれで合理的な経営判断なのかもしれません。
ネット世代からすれば、いつまでも続くと思うなよ、こんちくしょー!ですが(^^;


>kackyさん

人間、経験しないと学ばないと言うのは万事において言えることで、それがただちに比較記事に意味がないということにはならないような気もします。

口数のご指摘についてはごもっとも。
口数の最低単位は1万口ですよね。

大事なことが二つ抜けていると思います。

ひとつ、長期的に見るとどちらが有効か?
ふたつ、価格が上がり続けると税制的にどちらが有効か?

なんて視点が無いのかなと思いました。
30年持つと思うと、どっちがいいのかな~。>>日経新聞さん

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

大変不可思議ですが、事実です。

JUGEMテーマ:資産運用  【STAMグローバル株式インデックス】の目線でマネックス証券、楽天証券、SBI証券の毎週の売れ筋投信をウォッチする、<Weekly Ranking>です。(月イチの<それゆけ!STAMグローバル株式インデックス>  もよろしくお願いし

DIAM新興国ソブリンオープン通貨選択シリーズ

本日はみずほ銀行で取り扱いが最近開始された『DIAM新興国ソブリンオープン通貨選択シリーズ』をご紹介します。 とはいえ、このファンドも今までさんざんご紹介してきたファンドと違いはありま...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)