「上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)」(1680)本日上場

水瀬ケンイチ

「上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)」(1680)が本日上場しました。

yahooファイナンスによると、上場初日の売買代金は、約7,255万円とのこと。
この記事によると、「上場インデックスファンド海外債券(上場外債)」(1677)の平均売買代金が1,700万円程度とのことですから、出だしとしてはまずまずなのかなと思いました。

このETFの詳細(実質コスト・税金・NAVとの乖離等)について、いろいろと話題になっているようです。
上場記念セミナーに参加して勉強したりしてますが、先物を利用してコストが嵩まないよう工夫するということは伝わったのですが、じゃあ具体的に、例えば海外ETFのiShares MSCI KOKUSAI Index(TOK)と比べてどうなのか、インデックスファンドのSTAM グローバル株式インデックス・オープンと比べてどうなのか、といったことに関しては、まず初回決算を見てみないと何とも言えないというのが、個人的印象です。
(もし現時点で分かるというお詳しいかたがいらっしゃいましたら、教えてください!)

とりあえず、NAVとの乖離だけは今日データが揃っているはずなので東証のサイトで調べてみたら、何故か今日は出ていなかったので、自分で計算してみました。結果は以下のとおり。



基準価額 97,355円(2010/01/29現在)…①
終値 1,006円(2010/01/29現在)→ 100口単位で100,600円…②
②÷①=103.33%

終値で見る限り、乖離率+3.33%。うーむ、ご祝儀相場ということでしょうか。
明日以降もウォッチしてみたいと思います。

とにもかくにも、日本のインデックス投資環境が一歩前進したと思います。
記念すべきMSCIコクサイ連動の内国ETF初上場、おめでとうございます!(^^)b


<追記>2010/01/30
乖離率の計算は、終値÷基準価額で算出しましたが、それでは意味がない旨のコメントをいただきました。
どうもそんな簡単ではないようです。素人丸出しで申し訳ありません。。。
やはり、東証WEBサイトの乖離率ページに任せたほうがよさそうです。
関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ