「資産運用実践講座」(山崎元著)は山崎氏の主張まとめ本として良書

水瀬ケンイチ

「資産運用実践講座」(山崎元著)を読みました。

本書は、昨年夏に旅先で読んでいたのですが、書評を書かないままここまで来てしまいました。
ひとことで言うと、山崎氏の今までの主張を総括するまとめ本として、良書だと思います。

資産運用実践講座I 投資理論と運用計画編資産運用実践講座I 投資理論と運用計画編

東洋経済新報社 2009-05-29
売り上げランキング : 52685
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools


元々、ファイナンシャル・プランナー(FP)向けのWEBコンテンツを、アドバイザー側から個人投資家側に視点を変えて加筆・修正されたものとのこと。
ただし、前書きの冒頭で書いてあるとおり、お金の運用に関する「中級」のテキストブックになっているので、初心者には難しい部分も含まれていると思います。
いろいろな本やWEBからたくさんの知識を吸収してきたが、それを体系的に学びなおしたいというようなかたに最適という印象です。

なお、本書は山崎氏の過去の著作、


お金をふやす本当の常識―シンプルで正しい30のルール
年金運用の実際知識
ファンドマネジメント―マーケットの本質と運用の実際
「投資バカ」につける薬
などの総括になっている面があります。
なので、それぞれの本を既読のかたは、繰り返しになる部分も多いと思います。
でも、それらを体系的に結び付けていること、行動ファイナンスなど最新の研究成果にも触れられていること、2008年以降の世界金融危機の展開もふまえて書かれていることなどから、本書を読む価値は十分にあると個人的には思います。

今回は少々控えめという気はしますが、ところどころでニヤリとさせられる「山崎節」も健在で面白く、旅先で二周読んでしまいました。
手の届くところに置いておきたい一冊になりました。
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ