マネックス証券で新ツールについてブロガー座談会

本日、マネックス証券で開発中の新ツールについて、ブロガー座談会に参加してきました。

ベータ版画面
(開発中のMONEX VISION ベータ版の画面。クリックで拡大します)

集まったブロガーは、
ファンドの海のイーノ・ジュンイチさん
ホンネの資産運用セミナーのゆうきさん
rennyの備忘録のrennyさん
そして私水瀬ケンイチの合計4名。
マネックス証券側は、内藤忍氏と開発担当者2名の合計3名。

主旨としては、あらかじめ我々ブロガーが「MONEX VISION ベータ版」(現在のポートフォリオを分析し、目標ポートフォリオへの移行をアドバイスするという画期的ツール)を利用した上での意見・感想を自由に討議し、その内容を参考にマネックス証券側が次回開発に反映するというもの。

僕はベータ版を使用した感想をレポート1枚にまとめて持参しました。
忌憚のない意見をということでしたので、思ったことを言わせていただきました。
例えば、目標ポートフォリオの設定を、期待リターンから入るのではなくリスク許容度から選択するような流れが必要だとか、ポートフォリオの期待リターンとリスクのグラフの目盛りに数値を入れるべきだとか、作り手側の難しさはあろうかと思いましたが、利用者側の観点からけっこう好き放題言わせていただきました。

他のブロガーのかたからもいろいろと注文が付いていました。
例えば、ターゲット層がはっきりしていないので中途半端な内容になっているとか、アドバイスが唐突過ぎるので現状の分析を入れてワンクッション置くべきとか、効率的フロンティアを計算する根拠となる各アセットクラスのリスク・期待リターンのデータを開示するべきとか、さすが一家言ある方々という意見ばかりでした。

このあと、ベータ版のアップデートがリリースされる予定で、正式版はなんとか今年中にはということでした。
僕たちの意見が反映されるかどうかは分かりませんが、何かの参考になればと思います。


<ご参考>
マネックス証券は、以下から資料請求・口座開設できます。(無料)
マネックス証券
関連記事


  





コメント

面白そう

面白そうですね。
ネット系証券の付加価値として、各社が、ぜひこういった内容のサービス競争になることを期待しています。

使ってみて問題を見つける

よく分からないのは、投資信託を組み込む時の期待リターンをどうやって設定すべきかです。
インデックスで有れ、アクティブで有れ、信託報酬が有るので本来のリターンよりも低くなります。
特にアクティブ型外国債券ファンドの場合の期待リターンをどうやって見積もるのかは問題です。
このサービスの意図は面白いですが、実際に使ってみないと見えてこない問題が有りそうです。
実際にマネックスで持っている金融商品(投資信託、海外ETF)のアセットクラスの判別の自動化などをやってくれないとツールその物の使い勝手が悪くなりそうです(自分で決める方法も有りますが・・・)。
この手のサービスは使ってみて問題が有ればアップデートする作業の繰り返しでより良いツールになると思います。

いいのですか?

あの、こういう開発中の商品について公にしても良いのでしょうか?
まだ内部情報の段階でこのように詳細に中身に触れてしまうのは如何なものかと。

>世界のREITさん

こういう付加価値はうれしいですよね。
このような競争は大歓迎です。


>タカちゃんさん

かなりご興味があるようですね。
記事には書きませんでしたが、今回はモニターの募集が行なわれていました(僕も応募しました)。
次回またモニター募集があるかもしれませんので、もしあれば応募されてみては。


>ゴローさん

画面のキャプチャー含めブログ掲載の許可を得ていますので、大丈夫ですよ(^^)

失礼しました

そうでしたか、大変失礼致しました。

なるほど。。

私も使わせてもらってました。
意見はネットで伝えていきましたが、
みなさんのご意見もなるほど、
納得いくものばかりですね。

あとは、どういった形で使えるようになるのか、
楽しみですね。

>ゴローさん

いえいえ。ごもっともなご指摘だと思います。
注意書きを書いておけばよかったですね。


>せなさん

僕も他のかたの意見は大変参考になりました。
思いも寄らないところに着目されるんだなぁと。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

MONEX VISION β版 モニターに参加しました。

JUGEMテーマ:資産運用  水瀬ケンイチさん、ゆうきさんのエントリです。梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記) | マネックス証券で新ツールについてブロガー座談会マネックスのポートフォリオ管理ツールの座談会に参加 | ホンネの資

MANEX VISION

マネックス証券が新しいポートフォリオ管理ソフト「MONEX VISION」をそのうち公開するようです。 http://renny.jugem.jp/?eid=1356 http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1302.html http://fund.jugem.jp/?eid=1267 現在は試用段階のようですが、気になります。..

マネックスアドバイスツール、ついに誕生。

以前「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の水瀬さんらがマネックスの新ツールの座談会に出席したという旨の記事を書かれていました。 ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大180,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/07/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設&各種取引で住民票取得代行+最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/07/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)