投資ブログの取材をお受けする時に注意していること

先日、日経新聞から電話取材をお受けしました。

金融危機を経て変わったこと、変わらなかったことや、金融機関の対応などについて聞かれました。
基本的には、相変わらず同じことを継続しているけれども、ポートフォリオにおける日本債券クラスの安定性を再認識したことなど、いつもブログに書いているとおりのことをご回答しました。
どのような形になるのか分かりませんが、何かに掲載されたら、またブログでご報告したいと思います。

さて、ありがたいことに、メディアの取材をお受けする機会に恵まれることがたまにありますが、何度か経験するうちに、投資ブログの取材を受ける際に注意したほうがいいことがあるような気がしてきました。
以前、初めて取材を受けるというかたからアドバイスを求められ、少し振り返ってみたことがありますので、その内容を含めて書いてみたいと思います。

まず、自分が取材をお受けする際に気をつけていることを2~3つ。

・自然体でのぞむ。
(つい力みがちだが、個人投資家の取材は別にプロ並みの知識を求められているわけではない)
・書いてほしくないことは最初から言わない。
(言ってしまって、後からこれは書かないでほしいとお願いしても聞き入れられない場合もある)
・時間厳守。
(自分にとってはプライベートな出来事でも先方にとってはお仕事)

あと、取材後に気をつけていること。

・話題に関連する自ブログ記事をURLリストにしてお渡しする。
(自分の場合、取材で聞かれることは大体過去にブログ記事で取りあげていることが多いので)

その方が、口頭で話したことが誤って理解される可能性も低くなりますし、ドキュメントがあることで記者さんのご負担も軽くなるだろうという配慮のつもりです。

また、どうしても強く主張したいことがある場合は、取材の事前に、主張内容をレポートにまとめて記者さんにお渡ししておくこともあります。その方が、スムーズに主張が伝わるような気がしています。

以上です。
メディア取材の様子を教えてほしいというご要望をいただいたこともあり、こんな記事を書いてみました。
自分自身、いつもこのとおりにできているわけではありませんし、あくまで個人的な経験に基づく拙い内容ですが、何かのご参考になれば幸いです。

関連記事


  





コメント

こんにちは

私のブログもたまーに取材依頼が来ることがありますが、純粋に私の考えを聞きたいという意図ではない事が多いと感じています。
取材者さん側で既に記事の内容は決まっていて、そこに個人投資家○○さん(たぶん誰でも良い)という名前を添えたいだけと言うか・・・
最近は先方の書きたい記事と私の考えとの間にズレがありそうな場合は、お断りする事も多いです。
そういう先方とのギャップに悩みませんか?

>じゅん@さん

たしかに、出版された記事を見て、自分の考えとのギャップを感じることはあります。
でも、それは記事になってみないと分からないことです。
個人的には、自分の考えどおりの記事になっていることの方が多いので、一概にマスコミは個人投資家の名前を添えたいだけだとは言い切れません。
僕にできることは、自分の考えが誤解されないよう、事前にできる限りの工夫することだけです。

参考になります

私も、昨年「ビッグトゥモロウ」という雑誌から取材を受けたことがあります。水瀬さんその際には、丁寧なアドバイスを頂戴して大変助かった思い出があります。ありがとうございました。
もし、再び取材の機会があった際に、このコラムの内容を参考にさせていただきます。

>蓄財王さん

その節はどうも。また取材がアあるといいですね。
この記事が何かのお役に立てば幸いです。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)