ドイツ銀行のETFはシンセティック・レプリケーション投資戦略を採用しているとのことなので補足記事

先日の記事、「ドイツ銀行がETF参入、楽天証券が先行販売。ベトナムETF登場」で取りあげた、ドイツ銀行のETFですが、windmouseさんより注意喚起のコメントをいただきました。

ドイツ銀行のWEBサイトから引用していただいたコメントをまとめると、

・このETFは「シンセティック・レプリケーション」投資戦略を採っている
・唯一のカウンターパーティーであるドイツバンクAGのクレジットリスクにさらされている

ということです。
これは留意しておくべき事項だと思いましたので、補足記事を書かせていただきました。

シンセティック・レプリケーションとは、たしかリクソーのETF登場の時に話題になった手法で、株式バスケットのパフォーマンスと金融デリバティブのパフォーマンスを合成して、インデックスの複製を行なう手法のことだったと思います。
※詳しくは、こちらのページをご参照ください。
現物の裏付けがない手法を採っているということだと思います。

また、カウンターパーティー・リスクとは、取引相手の金融機関が、互いの金融機関の経営状況に対して疑心暗鬼となり、通常よりも高い金利でしかおカネの貸し借りをしなくなったり、取引が執行できない状況になることをいうようですね。
※詳しくは、こちらのページをご参照ください。
ドイツバンクAGの信用リスクに依存している部分があるということだと思います。

別におかしな運用というわけではありませんが、現物の裏付けがある通常の海外ETFとは違うリスクも内包しているということは知っておいた方がいいかもしれません。

<追記>2010/03/24
ドイツ証券主催の「海外ETF懇親会」があり、ドイツ銀行のカウンターパーティー・リスクは心配しないくていいことが判明しました。
詳しくは、下記続報記事をご参照ください。

http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1345.html

関連記事


  





コメント

最近のETFは現物の裏付けが無い物が増えている

日本の場合は租税条約上の税務コストが問題になり、運用方法を現物のみならず先物を使ったりとかえって複雑な物になっているようですが、こちらのETFもエクイティスワップのパフォーマンスと現物バスケットの組み合わせで実現するなど、ある程度の現物の裏付けのないリスクにさらされているようです。
カウンターパーティー・リスクによってコストに跳ね返ってきたり、ETFその物の運用がおかしくなるリスクは自分で判断しなくてはならないように思えます。
昔、ドル建て日本国債が登場した時に話題になったのは、それはデリバティブを使った商品なので、開発元が倒産した時の信用リスクを負う事でした。

ETFについては良い情報ばかりが表に出てきますが、こう言った悪い情報も知っておく事は自分の身を守る上では重要になるでしょう。

>タカちゃんさん

たしかに、現物の裏づけがない商品が増えていますね。
ETFとETNの区別も曖昧になりつつあるように見えます。
投資家側でよくチェックしておく必要がありそうです。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)