新興国から資金流出。さてどうする

水瀬ケンイチ

新興国株式市場から、資金が流出しているそうです。

NIKKEI NET 2010/02/14より引用】
新興国から資金流出 BRICs株、6~13%下落
 【香港=吉田渉】投資資金が新興国から流出し始めた。中国などBRICs4カ国の直近の株価は大きく下落。春節前最後の取引となった12日の上海総合指数は年初来高値より8.0%安い水準で引けた。金融引き締めの動きが新興国で広がるという警戒感が台頭。ギリシャ問題などから投資家がリスク回避の姿勢を強めている背景もある。

 BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)の直近の株価は年初来高値と比較した下落率(終値ベース)がそれぞれ6~13%に達した。米調査会社EPFRグローバルによると新興国株式ファンドの投資は1月下旬から資金流出額が流入額を上回って推移している。
【引用終わり】

ついこの間まで猫も杓子も新興国、新興国だったのに、忙しいことです。
もともと新興国株式クラスはアップダウンが激しいジェットコースターだと認識しているので、決めている新興国株式比率を守って、じっと市場にとどまり続けようと思います。



順張りでいくもよし、逆張りでいくもよし、一定のアセットアロケーションでいくもよし。
市場の懐は深いので、いろいろな方法で成功することができると思います。
自分に合う方法で、淡々と運用を行っていきたいと思います。

※いわずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。

(関連記事)
2009/08/07 公的年金、新興国株に投資へ。新興国株についての個人的考え

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ