投資家が投資信託を保有する期間が短期化

水瀬ケンイチ

投資家が投資信託を保有する期間が短くなっているそうです。

NIKKEI NET 2010/02/16より引用】
投信「乗り換え」活発に リスク早め回避、給与減り現金化も
 投資家が投資信託を保有する期間が短くなっている。1つの投信を平均でどのくらい持ち続けているかを試算したところ、2009年は3.1年となり、08年の4.5年に比べ1.4年も短くなった。短期売買で利益を求める傾向が強まっているほか、給与が減ったため投信を解約して現金化する動きも出たと見られる。新興国に投資する投信などでは、リスク回避で早めに解約する動きも目立つ。

 平均保有期間の推計ではまず、約3000本の追加型公募株式投信を対象に、1年間の純資産残高の平均で解約額を割って解約率をはじいた。09年は32.3%となり、このペースで解約が続くと保有者が入れ替わるのに3.1年かかる。これを平均保有期間とした。
【引用終わり】

投信を解約する理由はいろいろあると思います。
記事のタイトルにもあるように、投信から投信への乗り換えもあるでしょうし、給与の足しにするため現金化ということもあるでしょう。
相場変動にビビって解約ということもあるでしょう。
すばらしい相場観を発揮して、相場が下がったところで買って上がったところで売ったということもあるでしょう。
また、影響は小さいでしょうが、ポートフォリオのリバランスやETFへのリレー投資のために解約ということもあるでしょう。

一般的には、投信は短期売買するものではなく、じっくり長期保有するものだと言われているようです。
だから、保有期間が短くなることは嘆かわしいことだ、ということになるのかもしれません。



ただ、個人的には、(自分がやるかどうかは別として)投資家が自己責任で投信を売買する分には別にいいんじゃないかと思っています。
投信を長期保有するのもありだと思いますし、相場を読む力があるのであれば(僕にはそんな能力はありませんが)、投信の短期売買もありだと思います。
一般に売買を増やすと売買手数料・信託財産留保額・税金などのコスト増要因になります。それでもなおやりたければ、やればいいと思います。
投信をどう利用するのかは投資家の自由です。もちろん、全ての投資判断は自己責任ですが。

問題になりそうなのは、かつて横行していた、証券会社の回転売買でしょうか。
証券会社の営業マンが売買手数料を稼ぐため、よく分かっていない投資家に投信を次から次へと乗り換えさせるというアレです。
そんな行為は過去の話で、今はもう無いと信じたいです。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ