年金について現時点でどう考えているか2010

水瀬ケンイチ

最近、週刊誌で年金特集が組まれたりしている(未読ですが)せいもあってか、年金についての意見を目にする事が増えています。

個人的に、年金について現時点でどう考えているかを書き残しておきたいと思います。
結論から先に書くと、

・年金のサービスレベルはいずれ低下(給付水準の低下・給付年齢の引き上げ等)するかも
・でもゼロにはならないだろう(希望的観測)
・足りない分は現役時代にできるだけ貯蓄・運用すればいい
・それでも足りない場合は、身体が許す限りずっと働く(できれば雇用されずに)

現在の年金は、現役世代の保険料負担で高齢者世代の年金給付に必要な費用を賄うという世代間扶養の考え方を基本に「賦課方式」により運営されています。
これは、少子高齢化の進行でいずれ破綻することになりそうかなという見通しが多いようです。
これについては、どうしようもなさそうです。
日本の少子高齢化を止めて逆転させるのは、人の人生設計の自由とも深く関連しているので、国の思い通りにはなかなかうまくもっていくことができないのではないかと思います。
マクロ経済スライドの導入もあり、年金のサービスレベルはいずれ低下するだろうと思っています。

一方で、さすがに給付ゼロにはならないだろうとも思います。
年金資金の運用額は超巨額で、曲がりなりにも何某かの運用をしているのであれば、これがきれいさっぱりなくなってしまうとはにわかに考えづらい。
給付水準の低下や給付開始年齢の引き上げなどはあっても、将来、お小遣い程度はもらえるのではないかと淡い期待を抱いております。



足りない分は、各個人が用意するしかないでしょう。
現役時代の日々の収入の中から、貯蓄あるいは運用に回すということになると思います。
将来どれだけの資金が必要かは人それぞれでしょう。
必要額に十分な貯蓄額が積み上げられそうな人は、無理して資産運用などする必要はないと思います。
足りなさそうな人は、リスクを取って資産運用の助けを借りるということになると思います。
リスク許容度も人それぞれでしょうから、不足額から運用方針を決めるのではなく、自分のリスク許容度の範囲内で運用すればいいと思います。

それでも必要額に足りなさそうな場合、もしくは、運悪く資産運用で期待通りの成果をあげられなかった場合(リタイアのタイミングによっては十分ありえると思ってます)は、働くという選択肢が残っています。
とはいえ、高齢者の場合、健康状態や世の中の雇用状況にも大きく左右されると思うので、できれば、ひとりで稼ぐ力を身につけておきたいところです。
なにも、企業に雇用されなくても、ネットビジネスをやるということでもいいと思っています。
今から本業の仕事以外に、ブログ執筆やWEB作成したり、会社以外の人脈を作っておくことも後々に役に立ちそうです。将来の飯の種を少しずつ撒いて、コツコツ育てておきたいところです。

お年寄りが「様々なフィールド」で元気に働く社会というのも、なかなか日本的で明るい未来であるような気がします。
少なくとも、日本の将来は貧しく死ぬしかないといったイメージは抱いていません。
え?楽観的過ぎますか?(^^ゞ


P.S
貯蓄・運用がうまくいき、将来必要額が用意できたら、定年を待たずに早期リタイアしようと思っています。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ