過去10年の主要4資産の騰落率、過去6年の主要8資産の騰落率から分かること

水瀬ケンイチ

QUICK MoneyLifeに分散投資についての記事が掲載されていました。

QUICK MoneyLife
【第144回】 投信フォーカス 分散投資を考察する

記事を無理やりまとめると、

・過去3年間では、主要4資産が似通った値動きをしていたため、分散投資効果が出にくい投資環境だった
・しかし過去10年間では、各資産の値動きの連動性は低く、分散投資は有効であったといえる

というようなことが書いてあったと思います。
各アセットクラスの相関係数が一定ではなく常に動き回っていることは、過去のブログ記事でも取り上げました。
(関連記事)2009/11/23 相関係数の誤解
勘違いしやすいところではあります。

それよりも、個人的には別の意味で、掲載されていた図表に目をひかれました。

photo_20100223.jpg
(QUICK MoneyLifeより引用)

直近までのデータを見ても、どのアセットクラスが良くてどのアセットクラスが悪いかは、年によってばらばらだということが確認できたからです。

似たようなデータは、ここでも確認できました。


住信アセットマネジメント WEBサイトコラム
2010年01月21日 STAM インデックスシリーズ Vol.6 「インデックスファンドを利用した投資手法について」

こっちはもっとすごいです。
過去6年分ではあるものの、主要4資産にとどまらず、新興国の株式・債券や国内外のREITを含めた8資産の順位の推移が分かります。

photo_20100223_2.jpg
(住信アセットマネジメント WEBサイトコラムより引用)

ブログのスペースの関係で縮小して見づらいかもしれませんが、ぜひ見てみてください。
毎年、良いアセットクラスと悪いアセットクラスが、ものの見事にバラバラです。

QUICK MoneyLifeの記事でも、住信アセットマネジメントのコラムでも、分散投資していればそこそこの順位をコンスタントに確保していることがわかります。
(常にパフォーマンスがプラスという訳ではないことには注意が必要ですが)
すばらしい相場観を発揮して、この辺のアセットクラスの動向を細かく予測することができるかたは、そのアセットクラスに集中投資するほうが効率的なのは言うまでもありません。
でも、相場観が分からない自分としては、やはり、分散投資しておくに越したことはないと思った次第です。

さて、2010年、あなたはどのアセットクラスが上位に入ってくるか、分かりますか?
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ