DIAM中国関連株オープン(チャイニーズ・エンジェル)

水瀬ケンイチ

2003年の設定当初からの付き合いの、DIAM中国関連株オープン(チャイニーズ・エンジェル)は、中国株(正確には中国関連株)の投資信託で、ノーロード(販売手数料なし)で買えるところが気に入って買ったものです。

しかし投資リターンは、プラスになったと思えばすぐにマイナスへ転落、ということが続き、ずっと鳴かず飛ばずでした。
HSBCチャイナオープン等の純粋な「中国株」ファンドが比較的好調だったのに対して、「中国関連株」ということで、欧米株やアジア株が混じっているのが余計だったのかなと思いながらも、「長期投資、長期投資」と念じながらホールドしていました。

ところが……


中国関連株オープン


ここへ来て、急に盛り上がってきました。
DIAM中国関連株オープン、ダメ息子の成長みたいで、ちょっとうれしいです。
SGロシア東欧株ファンドとともに、エマージング株式クラスは、現在絶好調です。安易に買い増ししたりして、アセットアロケーションのバランスを崩さないよう、自制していきたいです。

<ご参考>
DIAM中国関連株オープン(チャイニーズ・エンジェル)
運用方針:マザーファンド受益証券への投資を通じて実質的に中国株および中国関連株へ投資し、信託財産の長期的な成長を目指します。なお、実質組入外貨建資産については、原則として、対円での為替ヘッジは行いません。
販売手数料:なし
信託報酬:1.68%(税込)
信託財産留保額:0.30%

ノーロードの中国株ファンドは珍しいと思います。僕は以下の証券会社で購入してます。
E*トレード証券
(上記投資信託データもE*トレード証券のものです)
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ