楽天証券、アジア新興国ETFなど中国ETF5銘柄追加

水瀬ケンイチ

楽天証券が2010年3月1日(月)から、アジア新興国ETFなど中国ETF5銘柄を追加するとのこと。

楽天証券WEBサイト お知らせ
2010/2/26 新興国ETFの品揃えがさらに充実!中国株式取扱銘柄(海外ETF)追加のお知らせ

追加銘柄は以下のとおり。

db x-トラッカーズ-MSCIエマージング・マーケッツTRNインデックスETF (信託報酬 0.65% )
db x-トラッカーズ―MSCI EMアジアTRNインデックスETF (信託報酬 0.65%)
db x-トラッカーズ-MSCIブラジルTRNインデックスETF (信託報酬 0.65% )
db x-トラッカーズ-MSCIロシア・キャップド・インデックスETF (信託報酬 0.65% )
db x-トラッカーズ-MSCIワールドTRN インデックスETF (信託報酬 0.45%)



これらのETFは中国株扱いになると思います。
売買手数料や為替手数料も中国株扱いです。

先日、カン・チュンド氏がブログ記事で、「アジア株式ETFの取り扱いをしてほしい」と主張されていましたが、今回の「db x-トラッカーズ―MSCI EMアジアTRNインデックスETF」がひとつの解になるのではないでしょうか。
その記事で、「どうしてこの記事を書いたかというと、最近、コンサルティングの現場で「カンさん。アジア株式に投資を行うETF、インデックス・ファンドはないのですか?」という質問をしばしば受けるためです」と書かれています。
アジア株式ETFへの個人投資家のニーズは高いのかもしれません。

なお、以前に読者のかたからいただいた情報によると、これらのETFは分配金再投資型、つまり商品としては無分配型の可能性があります。だとすると、長期投資向けと言えるかもしれません。
※水瀬未確認につき、購入の際には必ずご自身でご確認ください。

最近、内国ETFで資産運用のコアになり得る「上場インデックスファンド海外先進国株式」(1680)や「上場インデックスファンド海外新興国株式」(1681)などが出てきたからか、ここへ来て、海外ETFのパイオニアである楽天証券さんの海外ETF銘柄追加が加速しています。
内国ETFでいくのか海外ETFでいくのか、今のところ一長一短で迷うところではありますが、海外ETFに関しては、特定口座対応が重要なポイントになると思いますので、楽天証券さんよろしくお願いします!

なにはともあれ、個人投資家の選択肢が広がることはよいことだと思います。
楽天証券さん、グッジョブ!(^^)b


<ご参考>
楽天証券は、以下から資料請求・口座開設できます。(無料)
楽天証券

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ