「iシェアーズ」を展開する米ブラックロックが日本で上場投信(ETF)を強化

今朝の日経新聞に、「iシェアーズ」を展開する米ブラックロックが、日本で上場投信(ETF)を強化するとの記事が掲載されていました。

【日経新聞2010/03/02朝刊4面より引用】
資産運用世界最大の米ブラックロック 日本で上場投信強化
世界最大の資産運用会社、米ブラックロックは日本での業務を拡大する。世界的に強みを持つ上場投資信託(ETF)の取り扱いや、リスク管理の受託業務に乗り出す。ローレンス・フィンク会長兼最高経営責任者(CEO)が1日、日本経済新聞記者に明らかにした、世界でETF市場が拡大する中、日本は出遅れている。同社が本格的に展開すれば、市場拡大に弾みがつく可能性がある。
(中略)
個別業務ではETFの品揃えを強化する。「iシェアーズ」のブランド名で展開するETFは世界の上場投信(約1兆ドル)の48%の残高シェアを持っている。フィンク氏は「世界で築いている地歩を日本で5年かけて築く」と述べた。
これに関連して同社のローヒット・バガート・アジア太平洋地区会長は日本の取引所に上場するETFを増やす方針を明らかにした。ブラックロックは日本の投資家には東証上場1銘柄と海外上場79銘柄を提供してきたが、今後、国内証券取引所への上場商品を大幅に増やしていく。
【引用終わり】

インデックス投資家としては、非常に喜ばしい情報です。
約1年前、「iシェアーズ」がブラックロックに買収される前のバークレイズは、ETFの国内上場について及び腰のネガティブ発言をしていました。
(関連記事)
2008/12/03 バークレイズの海外ETF日本市場上場とACWI投入について

それが、ブラックロックになってからは、「BGI買収でより幅広い商品をそろえ、顧客の需要にこたえる体制が築けた。日本は重要な市場で一段と力を入れる」とまで言うように変わりました。
日本の個人投資家からしたら、よい買収だったのかもしれません。

最近では、国内市場上場のETFで、個人の資産運用のコアになり得るような「上場インデックスファンド海外先進国株式」(1680)や「上場インデックスファンド海外新興国株式」(1681)なども出てきています。
品揃えを強化するのはいいのですが、ブラックロックには、個人投資家や機関投資家のニーズに合ったものを出していってほしいと思います。
本数だけを追求することの愚は、先日の為替ETFの上場廃止で証明されていると思います。
(関連記事)
2009/12/16 通貨連動型ETF3本が上場廃止へ

今後、ブラックロックがどのような形で国内市場にETFを上場させていくのか分かりません。
既存海外ETFの重複上場にせよ、新たなETFを組成するにせよ、ぜひ頑張って投資家のニーズに合ったものを出していってもらいたいです。
そして、日本のETF市場がより活性化することを望みます。

関連記事


  





コメント

国内市場上場のETFの種類が充実するのは確かにすばらしいことです。
でも、類似ETFが乱立しすぎて投資資金が分散してしまい、なかなか相応の資産規模と流動性が保てない状況にならなければいいなぁと、思います。
淘汰されて、選別されていくしかないのでしょうね。厳しいものです。

日本人は日本にネガティブですけど海外から見ると安定的な先進国
で「団塊マネー」が鴨ネギにみえるんでしょうかね^^;

>蓄財王さん

あと1年早く入ってきてほしかったという思いはありますね。
日本ではETF市場自体が発展途上なので、いいものが出されればじわじわ売買代金は増えてくることでしょう。


>龍王さn

そうかもしれませんね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

iSharesのブラックロックが日本へETFを上場拡大?

水瀬ケンイチさんのエントリーからの情報です。 「iシェアーズ」を展開する米ブラックロックが日本で上場投信(ETF)を強化 2010年3月2日の日経新聞の記事によると、ブラックロックが日本へのETF上場を推進していく方針とのことです。 具体的な方針は分かりませんが、

米ブラックロックが日本で上場投信強化

3月2日の日経新聞に出ていた記事です。 資産運用世界最大の米ブラックロックが日本で ETF を強化するというのです。iシェアーズのブランドは有名ですから、期待できる話です。 水瀬さんのブログで記事の一部が読めます。 http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-ent...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)