「お父さん! これが定年後の落とし穴」(大宮知信著)は定年後の実態が分かり早期リタイアの参考になる本

「お父さん! これが定年後の落とし穴」(大宮知信著)を読みました。
起業・再雇用・資産運用・海外移住・田舎暮らしなど、定年後に直面するトラブルを取材に基づきレポートしてあり、早期リタイアの参考になりました。

お父さん! これが定年後の落とし穴 (The New Fifties)お父さん! これが定年後の落とし穴 (The New Fifties)

講談社 2009-10-01
売り上げランキング : 283445
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
楽天ブックで詳しく見る
by G-Tools


表紙に描いてあるイラストが本書の内容をよく表していると思います。
「起業で大失敗」「投資でスッカラカン」「海外移住の悪夢」「憧れの田舎暮らしはしがらみばかり」「まさかの熟年離婚」「自費出版 儲かるのは業者だけ」「アル中へまっさかさま」「わぁッ!!年金が~」「友だちの儲け話に騙されて」「もうそんな体力ないよォ」「息子よ。頼むから働いてくれ」……
このような生々しいトラブル事例がたくさん出てきており、なんとなく抱いている悠々自適のリタイア生活のイメージを、いい意味で壊してくれます。

例えば、リタイア後の生活費の足しとするため「ひとりビジネス」をするとよいとよく言われるが、そこには3つの落とし穴(①社会的信用が低い、②人脈も年をとる、③ワークとライフの区別なし)があることをそれぞれの失敗例とともに紹介、といった具合です。
安易なイメージはおそろしい(^^;

しかし、本書では警告するだけでなく、それらのトラブルに対して、何故起きるのか、何を知っていればよいのか、どう準備すればよいのかなどの対応策についても伝授してくれています。

なにより、全編を通して、トラブルを防ぎつつ明るくリタイア生活を楽しもうという筆者のポジティブなメッセージがちりばめられているように感じます。
これらのメッセージとレポート事例を活かすも殺すも読者次第といったところでしょうか。
そういう意味では、早期リタイアに向けて非常に参考になった本、「働かないって、ワクワクしない?」(アーニー・J. ゼリンスキー著)に通じるところも感じました。
(とは言っても、本書は「働かないって…」ほど分厚くないし、気軽に読める本です)
(関連記事)
2008/05/03 ゴールデンウィーク早期リタイア考(その2) 地に足の着いた早期リタイア本

自分もリタイアに備えて、今から気をつけるべきことをいくつか教えられたような気がします。
定年前のかただけでなく、30代・40代のかたが読んでも全然OK、むしろ早めに読んだほうがいいかもしれない一冊だと思います。


<お願い>
早期リタイアの是非については、賛否両論あろうかと思いますが、いち個人の戯言だと思って、ご笑覧いただければ幸いです。
関連記事


  





コメント

こんにちは!
いつも勉強になる記事を拝見させて貰っています^^

早期リタイアですか~自分も憧れますね。
確かにリタイア後の事って安易にしか考えていませんでしたね。

時間があれば自分も読んでみます^^
それではまた訪問させて頂きます。

あと、自分もショボイですが株のブログをやっているのでもし宜しければ相互リンクして頂けないでしょうか?

よろしくお願い致します^^

>株・225・FX資産運用ブログ!さん

リタイア後のことはどうしてもイメージ先行になりがちなので、僕も書籍で調べたりリタイア実践者にヒアリングしたりして勉強しています。

後ほどブログにお伺いします。
リンクさせていただく場合はこちらからご連絡いたします。
よろしくお願いします。

早期リタイアについて

こんにちは!
ほぼ毎朝拝見してます。

私も早期リタイアが夢で日々頑張ってますが、
水瀬さんは金額とか時期とか目標がありますか?

>たまさん

昔の記事ですが、以下をご参照ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-734.html

思わぬ早期リタイア

会社の構造改革で昨年55歳で早期退職し12月に再就職できたのですが、体調を壊して2月末再び退職。入院費用30万弱も含め想定外な3ヶ月でした。
相互扶助や企業年金の先取りでしばらく療養生活を送ります。山崎氏の「可能なおカネの範囲の中でどう老後を送るか」に共感し、頭が働き体が動く間を大切にしたいと思います。
また、水瀬さん達のブログや、これまで蓄えたお金がそこそこあることがこの先の不安を小さくしていると思います。

>yonさん

思わぬ早期リタイアもあるのですね。
備えあれば憂いなしでしょうか。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

お父さん! これが定年後の落とし穴

定年で退職して数千万の退職金をもらったサラリーマンの落とし穴について書いている。秀逸なので表紙だけでも見てほしい。

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)