投資信託の信託報酬等は増加傾向。でも僕たちにはあれがあるじゃない

モーニングスターによると、投資信託の信託報酬等は増加傾向にあるとのこと。

2006年(随分昔ですが)に、10年間信託報酬が増加傾向だというブログ記事を書いたことを覚えています。
その時には、10年間で14%値上がりした結果、平均1.27%になったという内容でした。
(関連記事)2006/06/25 投信の管理手数料、10年で14%値上がり

しかし、モーニングスターによると、直近の2009年もしっかり増加しているようです。
単純平均で見ると、2008年1.33%→2009年1.35%に増加。
加重平均で見るともっと顕著で、2008年1.33%→2009年1.39%に増加。
(出展:モーニングスター アナリストの視点 2010-03-04「信託報酬率等」は増加傾向)

更に増加していますね。
まったく、金融機関さんの努力には頭が下がる思いがします。

もちろん、高い信託報酬に見合う投資成果を出している投資信託も、なかにはあるとは思います。
しかし、一般的には、信託報酬の多寡と投資成果は必ずしも連動していないと言われています。
特に、インデックス投資家としては、信託報酬等は極力低く抑えておきたいところです。

幸いなことに、
最近は、「STAMシリーズ」や「eMAXISシリーズ」のような比較的低コストなインデックスファンドも登場しています。
また、投資信託ではありませんが、国内市場上場のETFで、個人の資産運用のコアになり得るような「上場インデックスファンド海外先進国株式」(1680)や「上場インデックスファンド海外新興国株式」(1681)等の低コスト商品も登場しています。
更に、海外ETFでも、「VTI」「EFA」「VWO」等、低コストで良いものが提供されています。

これらの低コスト商品は、金融機関の実入りが少ないだけに、TVCMや新聞広告で大々的に宣伝されることは少ないでしょう。
だから、これらは投資家自らが探し出し、うまく活用して、効率的にインデックス投資を続けたいものです。


<ご参考>
上記商品は、以下のネット証券でそろいます。(クリックで資料請求・口座開設できます)
楽天証券
SBI証券
マネックス証券
関連記事


  





コメント

少し驚きました

私は去年の下半期から投資を始めたのですが、この結果は意外でしたね
というのもすでにSTAMシリーズがありそれに対抗するeMAXISも出ましたし、「全体的に下がっているのかな」という印象があったからです。
考えてみると低コストのファンドが紹介されることが増えたということだけなのかもしれませんね。

自分で勉強する姿勢が自分を救う

むしろアクティブファンドの信託報酬の平均が上がるって事は投資家の裾やが広がってきていると考える事もできます。
もともとインデックス投資家とは陰の存在で有り続けると思われるので、相対的には投資信託を買っている投資家の多くがアクティブファンドやお年寄りに多い通貨選択型投資信託などを買っていると思われます。
本当は通貨選択型ではなくてアクティブファンドがどんどん増えてきて平均信託報酬が上がった方がマーケットの効率性が高くなるので我々はそれを利用すれば良いと言えます。

ただ通貨選択型の場合はアクティブ運用と言うよりもスワップで見かけの分配金利回りを上昇させて、高い信託報酬でも買って貰えるようにしているので、これはあんまり嬉しくはないですね。

悪く言えば、一般投資家の支払う通貨選択型投資信託の場合と我々が支払う信託報酬の差は無知が支払うコストとみなすこともできます。
何故ならば、通貨選択型の場合はアクティブ運用と言えないにも関わらず高い信託報酬を支払っているからです。

現在では情報格差はむしろ広がりを見せており、長期的には投資家によってそれが大きくなろうとしています。
最終的には自己責任なので我々が言う筋合いは無いのかも知れませんが、これを防ぐためには自分で勉強をしていき、投資信託に限らずマーケットの真実の姿を知るように努力していかなければ自分が損をする事を意味します。
少し前に有ったスワップ狙いのFXなども悪く言えば無知が引き起こした円安バブルだとも言えます。
現在ではスワップ狙いのFXに代わって通貨選択型投資信託になりつつあるように思えます。
「何も知らなかった」のでは許されないのがマーケットなのだと思います。

補足です

通貨選択型の投信で日経225に連動させるような物は運用はインデックスなのに通貨選択型にして信託報酬を引き上げている典型例です。
金融機関からクレームが入る可能性があるので、ここから先は調べてもらえれば分かります。
良く分からないのはハイ・イールド債を通貨選択型にした物はハイ・イールド債部分がアクティブ運用の可能性は有りますが、これは大ヒットした投資信託となっているようです。

信託報酬って

インデックス投資を始めようと思っていますが、信託報酬等にこだわる理由がイマイチわかりません。
投資対象(内容)が、本当に100%同じのファンドが2つ存在するならば、コストが低い方が良いのはわかるのですが、投資対象が100%同じファンドは存在しないので、比較出来ないのでは?と思ってしまいます。

なので、信託報酬がどうこうよりも、基準価格の騰落率で何%のリターンが取れるかを計算して、それを良い物を選ぼうと考えています。

>カゼヒコさん

個人的には、意外ではなくずっと続いている悪い傾向という感じです。
金融機関さんの利益追求の成果が出ているとも言えますが、その分投資家の利益が損なわれているわけです。


>タカちゃんさん

自分で勉強する姿勢が自分を救う、というのはまったくその通りだと思います。
金融の分野では、無知は高くつきますね。


>インデックス興味本位さん

なんというか……もう少しインデックス投資について勉強される事をおすすめします。
ベンチマークとは何か、パッシブ運用とは何か、期待リターンとリスクとは何か、そこから導かれる良いファンドの選び方とはどのようなものかなど、このコメント欄ではとても説明し切れません。
右サイドバーでも何冊か良書と思われる本をご紹介しているので、まずはどれか1冊でも読んでみてはいかがでしょうか。

去年良く売れたのは

通貨選択型のブラジルレアルコースのようですね。
こいつらは軒並み信託報酬1.5%以上のようです。

それにしてもハイイールドをレアル建てで買うとは
再び下落局面が来たらかなりやられそうです。
金融危機を経験している人は買わないでしょうね。
その後に投資を始めた人が多いんでしょうかね?

インデックスファンド(ETF含む)で重要なのは連動性

>インデックス興味本位さんへ

アクティブファンドの場合は、インデックスの超過リターンが重要になります。
例外的に「さわかみファンド」のように年間暴落率で大きなリターンを取る事を目指した物も有ります。
しかし、インデックスの場合は、運用手法の違いは有っても指数との連動性が重要なので、同じインデックスに連動させる物で有れば基準価額の違いは大きく出てくるとは考えられません。

ただし、同じインデックスファンド(ETF含む)であっても物によってはコストは大きく異なります。
具体的には国際的な税法上の違いや国内税法上の取り扱い、運用報酬(信託報酬)、その他の運用コストが有ります。
更に個人レベルでは国民健康保険もパフォーマンスに大きく影響します。
この中で国際的な税法上の違いや国内税法上の取り扱いについては我々がどうにもならないコストの壁だと言えます。
信託報酬を除く運用コストについても、物によっては高く付く事が有り、これも運用上難しい点が多くあります。
逆に、国民健康保険料や信託報酬は有る程度、回避できるコストなんです。
ですから、我々ができるパフォーマンスの向上手段としては国民健康保険の対象にならないような投資手法や低廉な信託報酬で投資できるようにする事になります。
401Kの人は第一号被保険者の場合は国民健康保険料を下げる事で実質的なパフォーマンスが向上しますから、やはりコストが重要なんです。

そもそも、インデックス投資とは指数の連動性が高い事が重要なので基準価額の年間暴落率は対象指数が同じならばコストの差がパフォーマンスの違いと考えられます。
だから信託報酬や国民健康保険は重要なコストなんです。

ちなみに、「基準価格の騰落率で何%のリターンが取れるか」と言う考え方は絶対リターンの考え方でして、「さわかみファンド」がこの考え方に近いです。
それに対してインデックスの場合は指数との連動性なので、絶対リターンの「さわかみファンド」と指数連動型投資信託である「インデックスファンド(ETF含む)」は考え方が全く違うんです。

自己防衛するしかありませんね

金融機関も利益を出すことが目的であり、今2つの問題を抱えています。
・GSE等の本来不良債権処理すべきものを抱えている
・いわゆる貸付だけでは利益を出せない構造にある
だから、手数料収入を上げたいというのが彼らの当然の思いです。
一方では、海外投資、新興国投資が増えていますので、コストはこれからも上がる傾向でしょう。
だから、おかしいというのではなく、我々が選ぶしかないということになります。
その意味で、このブログはありがたいです。ありがとうございます。
ひとつだけ気になるのは、ドルコスト。
右肩上がりなら悪くないが、少なくとも日本はそうなるとは限らないので、ドルコストにも疑ってみることも大切だと思っています。

>タカちゃんさんへ

う~ん。会話ってのは、ある程度土台となる共通理解が必要な訳で。
件のコメントを見るに、
>>アクティブファンドの場合は、インデックスの超過リターンが重要になります。
この1行目から認識してもらえるかどうか。
難しいんじゃないでしょうか。

もう少し努力して欲しい

初めてコメントさせていただきます。
3年前から更新を楽しみにしています。

昨年10月に早期退職に応募して、サラリーマン生活を休止しています。退職に伴い積み立てていた確定拠出年金を「企業型」から「個人型」への移行を余儀なくさせられました。
今まで有利な信託報酬でご機嫌で積み立てていましたが、継続は出来ず新商品へ乗り換えさせられます。「個人型」新商品の信託報酬を見て愕然としました。国内株インデックス0.525% 海外株インデックスは1.470% 海外債券はアクティブしかなく1.470%です。
これだけ各ネット証券が頑張っているのにこのテイタラクもう少し現状を把握して下げる努力をして欲しい。このままならば、60歳で全て売却して、VTI.VGK.VWO.GSGへスイッチする予定です。

いや、単純に気になったのは、指数との連動性なんです。連動性が100%でない限り、信託報酬の0.0X%の差より、誤差の方が上回ってしまうのでは? と。

同じ指数を対象とする、全てのインデックスファンドが連動性100%ならコストが安い方を選ぶのはわかるですが。

最初は、指数との連動性の誤差を調べようと思ったのですが、それだったら、同じ指数を対象とするファンドの基準価格の騰落率を比較した方が早いのでは思ったのです。

誤差の理由としては

トラッキングエラーが誤差を作る要因として挙げられますが、それにはコストも影響してきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%89
トラッキングエラーとその要因として運用コストが挙げられていますが、これには信託報酬も含まれています。

仮にトラッキングエラーが0でも実際には税金や健康保険の支払いが有るので完全に100%連動する成果を保証することはできません。
これは基準価額には影響しません。

もう少しトラッキングエラーの要因として調べた方が良いのはやはりコストです。
中田たろうさんの投資日記よりeMaxisシリーズの10年1月運用報告書↓
http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-608.html#comment318
確かに最終的には基準価額には影響しますが、問題はその要因を自分で調べて、そのトラッキングエラー要因を取り除く運用が可能かどうかを知ることが重要です。
実際には配当込みのインデックスではトラッキングエラーの原因として外国源泉税も影響してきます。

自分のことしか考えていませんが…

信託報酬の平均値が高騰することで売り手側の利益が確保されて、低信託報酬を売りにしたファンドの更なる低信託報酬化が進むという側面もあるかもしれませんね。。ムフフ(^w^)

インデックス興味本位さん へ

>インデックス興味本位さん、

「過去の実績は将来を保証しない」ということです。

(コストなどの絶対的マイナスを除いて)過去の実績が良くても、将来の成績がいいかとは関係ないのです。銘柄選定要因でファンドAが+0.1%、ファンドBが-0.1%だったとしてもファンドAが次も優秀とは言えません。だから過去のパフォーマンスを調べても意味はありません。

各インデックスファンドにおいて、コスト等の絶対的なマイナスを除いての期待値は(ほぼ)同じです。現金保有比率などがあるので完全に期待値が同じとは言えないでしょうが、それでもその誤差は0.1%や0.2%といったコスト要因から比べるとはるかに微小です。


共にコスト抜きの期待リターンが6%の以下の2商品(共に中身はMSCI KOKUSAIなどの同じ指数への連動を目指すほぼ同じ構成)。どちらを選びますかという話です。この場合、経済的合理性から判断すれば、ファンドAとなります。ファンドBの方が成績が良かったのは"たまたま"で、翌年の期待リターンはファンドAが+5.4%、ファンドBが+5.1%です。
・ファンドA:コストは0.6%/昨年実績は+5.6%
・ファンドB:コストが0.9%/昨年実績は+5.7%

>たかちゃんさん、インデックス興味本位さんへ
インデックスファンドの比較に、信託報酬と騰落率のどちらを重視すべきかという議論ですが、単独変数(コスト)と合成変数(基準額=指標値-コスト)のどちらに着目するかの違いで、どちらを選択しても余り違いはないと思います(結局はコストが重要)

>たかちゃんさんへ
「国民健康保険の対象にならないような投資手法」というのは、申告時に、総合課税ではなく、分離課税で申告した方がお得との理解で良いのでしょうか?(一瞬そんな投資手法あるんだと思ったものですから^^;)

>「信託報酬の平均値が高騰」と「STAM eMAXISに代表される低信託報酬化」について
ミクロ経済の価格差別の考えでいけば、各消費者にそれぞれ最適な価格で商品を販売することで、企業は利益を最大化しようとします
(「値段が高くても買う人には高い値段で、安くないと買わない人には安い値段で売る」ことで売れ残り(=損失)を最小化しようとする)

この考えに沿うならば、「信託報酬の平均値が高騰」と「STAM eMAXISに代表される低信託報酬化」という最近の2極化した販売戦略は矛盾しません なぜなら、価格に無頓着な人と価格に敏感な人にそれぞれ最適な商品を販売することが企業の利益を最大化することになるのですから

このことを裏返すと、消費者の低価格志向が進めば、企業は否応なく低価格な商品を販売せざるを得ないということを意味します(なぜなら、それが企業の利益を最大化するから)

今後とも消費者がコストの安い投信を買い続ければ、自ずと投信の低信託報酬化は進んでいくのではないかと予想(期待)しています

個人向け確定拠出年金の信託報酬について

>オーク X32さんへ
個人向け確定拠出年金でも取り扱い金融機関によって信託報酬は異なります このページで低信託報酬な投信を扱っている金融機関をまとめていますので、参考までにどうぞ(お勧めは琉球銀行です)
http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-445.html#more

何がいいかは、ひとそれぞれ(^^;

はじめまして、諸先輩方m(_ _)m
こういう盛り上がったエントリーは貴重な意見が多くて勉強になるのでいいですね(^^)v


なんとなく「投資」の入口が遠くに見え始めたばかりのものが、偉そうにいうのはなんですが。。。

個人的には、
・中長期で持つもの(パッシブ運用のもの)は、コスト重視。
・短期で持つもの(アクティブ運用のもの)は、リターン重視。
で選んでいます。

過去のリターンは、将来を保証しないとはいえ、やはり投資対象や時期(ボラりティが大きいとき小さい時)などでどの投資信託(運用会社)が強かったかをみるには参考になるかと思います。

逆にいうと、どの投資信託(運用会社)にも得手不得手があり、長期で持つには、リターン(アクティブ運用)を重視をするのは難しい。
となると、中長期に関しては「誰がやってもリターンが似てくる(言い方悪いな(^^;)」パッシブ運用のものを選びます。で、同じようなリターンを目指す投資信託なら、コストが安い方がリスクが少ないと考え「私は」コストを重視します。

同じ程度のリターンを目指す場合、リターンを目減りさせるコストが高いので、その多いコスト分を取り返すために、運用会社は頑張った運用(リスクを取る運用)をするはずです。

1回だけじゃけんに勝つ確率は1/2ですが、勝ち続ける確率はだんだん0に近づいてきます。つまり、常勝というのは困難なので、できるだけ「頑張らなくていい」投資信託を私は選びます。

あくまでも、私はそう考えるだけで、みんながそう考える必要はないかと(^^;;;

国民健康保険の対象

投資信託で有れETFで有れ必ず「特定口座源泉徴収有」で取引してください、と言うレベルのお話です。
社会保険の場合はコストには影響しなくても国民健康保険の人が「源泉徴収無」「一般口座」で売買すると国民健康保険料が上がる可能性が高いからと言う事です。

ですから、一番怖いのはスワップ狙いのFXで国民健康保険の人がやると非常にコストが高くなります。
これは『スワップポイントを年間1円以上受け取ると住民税申告の義務が発生』するからです(確定申告、住民税申告ともに国民健康保険料の計算対象に入ります)。
詳しくは区役所(市役所)の住民税課税課が教えてくれます(税務署は住民税の超ど素人である点に注意)。

ですから、国民健康保険の人は特定口座源泉徴収有りは実はコストを下げる手段としては優秀です。

平たく言うと

私を含め、世のおじちゃん、おばちゃんは、難しく言われてもわからないんですよ^^。
だから、小学生にでもわかるように説明してくれるとありがたいかなと。
私が、投資信託をどれにしようかなと選ぶ時、もちろん信託報酬は低いほうがうれしいけど、それだけを基準には選びませんよね。。
インデックスがいいか、リートがいいか、グローバルがいいか・・・まずどれにするか選んで、その中で、内容を見て、それで最終的に同じような2つが残ったとしたら、信託報酬が少ないほうを選びます。

例えば、100万円とか200万円とかいっぺんに入れるお金持ちならその分差が大きいかと思いますが、(庶民感覚で)10万円購入した場合0.06%あがったとして、期間が5年間で考えたらどれくらい差がでますか?計算方法を教えてください。

インデックス投信の選び方で、盛り上がってますね。
興味本位さんの、0.0X%の話は、反対多いので賛成します。

ファンドA 信託報酬 0.420%
ファンドB 信託報酬 0.419%

の場合とかなら、

ファンドA ネット大手証券取り扱い
      運用は、住信や三菱系などの大手
      過去5年指数乖離少ない
      資産多く集め、運用期間無制限

ファンドB 弱小証券かマイナー銀行のみ取り扱い
      よく知らない運用会社
      過去5年の実績で指数乖離毎年多い
      資産集まらず、償還間近でもある

とすると、信託報酬の高い、ファンドAを選びます。


それから、ダモさんの0.06%上がったら、の話です。
100万円買えるまで、まずは貯金が一番かと思います。
その間に、本などで勉強すると良いのではないでしょうか。

貴族のお漫才

私は、100万円でも200万円でも買えますけど^^。ひぐち君的な庶民は買えても10万円くらいかなと。。
逆に、いっぺんに買うと、高値つかみのリスクが大きいので、ネット証券で毎月1万円づつとか買う方がいいよって勧められましたが・・
うちPCがないから、いつもニコニコ札束持って店頭に買いに行く私(^_^;)

>ダモさん、

>10万円購入した場合0.06%あがったとして、期間が5年間で考えたらどれくらい差がでますか?計算方法を教えてください。

(100000÷購入時の基準価額)×5年間の平均基準価額×0.06%×5が近似値。


>インデックスがいいか、リートがいいか、グローバルがいいか・・・まずどれにするか選んで、その中で、
>内容を見て、それで最終的に同じような2つが残ったとしたら、信託報酬が少ないほうを選びます。

インデックスは、リートやグローバル(株式や債券)とは並列に並ばないと思いますよ。リートやグローバル株式などのアセットを決める時点で、インデックスというアセットとまったく関係ないものを選ぶ人はいないと思います。



100万や200万がお金持ちかつその場合の差は大きいと考えていて、いつも札束持って買いに行っているならば、コストの差は無視できないでしょうね。

計算してみました

インデックスを買ったのが平成20年なので、2年間の平均しか出せませんでしたので、2年間でやってみました。
128円でした。5年だとすると320円ですね。100万円だと3200円か。。

>まったく関係ないものを選ぶ人はいないと思います。

投資のブログ書いちゃうor日課的に閲覧してる方なんかはインデックスを買いに行ったのに、グローバル買っちゃうなんてことはしないでしょうが、一般のおじちゃん、おばちゃんは、信託銀行のおねぇさんのお勧めする商品に興味を持つので、どれを選ぶかはその日の気分次第だったりします。σ(・・)私も”なんか買いに行こう”って。何を買うかは決めずに行きます。(夕飯のおつかいかっ(笑))

まぁ、とにかく、平成18年に買ったリートとグローバルが一時半額にまでなっちゃって、元金250万が現在値182万ですからね。。
3,200円くらいどうでもいいですって感じです( ノД`)

>ダモさん、

(どうしても気になるものでスミマセン)

>投資のブログ書いちゃうor日課的に閲覧してる方なんかはインデックスを
>買いに行ったのに、グローバル買っちゃうなんてことはしないでしょうが、

そんなことは無いですよ。むしろ投資ブログを書いちゃう人ほど、インデックスを買いに行ってグローバルを買っていると思います。STAMやeMAXISシリーズの資産額を見ても、STAMグローバル株式、STAM新興国株式、eMAXIS先進国株式、eMAXIS新興国株式という、グローバルのインデックスが投資ブログを書く人には大人気です。他にはVWOなど。

・・・というのは本論ではなく、インデックスorグローバルという図式にはならないということです。
「日本株 or 外国株?」「REIT or 外国株?」のようにアセット同士であれば比較の対象になります。
しかし、インデックスというのは運用方法であってアセットと並べて比べるものではありません、ということです。

グローバルかインデックスかという比較ということは、具体例としては「グローバル株式に投資しようか?それともeMAXIS先進国株式に投資しようか?」ということになりますが、どちらもグローバル(株式)です。だから、これはA or Bという比較にはなりません。


また、3200円(0.06%)程度はどうでもいいと言われていますが、投信総額が50兆円と言われる中の0.06%は300億円という金額になります。手数料を300億円も増やされながら、投資家がそのくらいどうでもよいと言うようでは、投資家はただのカモということなのかもしれませんね。
まして、大儲けしているから手数料が多少増えてもいいというならまだしも、大きく損しているから多少の手数料なんてどうでもいいと言うようなら金融機関にしては美味しい商売!?

まぁ 確かに

私も、インデックス買いに行こうって思って行った時は、迷わずインデックスを買ったかな。
迷わず行けよ!ダー!

とりあえず、3200円より92万をなんとかしないと・・ってそっちで手一杯ってことです。(元金250万じゃなくて270万で、現在値は178万でした××)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)