日本の証券投資にかかわる自由について(ニッセイ基礎研究所より)

ニッセイ基礎研究所に、面白いレポートが掲載されていました。

ニッセイ基礎研究所 ニッセイ基礎研REPORT 2010年3月号
日本の証券投資にかかわる自由について

詳しくはレポートを読んでいただきたいのですが、要するに、日本の投資環境は他と比べて自由か?というテーマで書かれています。
勝手な解釈でざっくりまとめてしまうと、以下のとおり。
第一に、日米のETF事情を比較しています。
銘柄数や商品の多様性の相違を通して、投資商品の選択の自由度が低いと指摘。
第二に、パターナリズム(家父長的温情主義とでもいうべきもの)を検証しています。
特に、日本の確定拠出型年金における従業員への投資教育の限界を指摘。従業員の商品選択に、制度設計者がデフォルト設定を与える解決策もあるが問題も多いとのこと。
第三に、日本においてリスク資産の保有比率が低い点に関して検証しています。
リスク資産の保有比率が低いのはかつて言われた「リスク回避的な国民性」などではなく、日本の企業の年功序列や教育費負担や住宅ローン負担が総合的に関係してそうなっているのだと指摘。

全体的に見て、日本の投資環境はあんまり自由じゃないなぁというのがレポートを読んだ感想です。
個人的には、環境のせいにしてばかりいても仕方がないので、勉強しながら投資環境の改善を要望しつつ、ライフステージにあわせ1000円積立等の活用も視野に入れて、できる範囲で投資を継続したいと思いました。
関連記事


  





コメント

この記事やここ数年の投資信託・ETFの取扱数の上昇を見ると日本の個人投資ほまだまだこれからなのかなと思います。
私も投資について勉強しながら自分にとってベストな投資を継続していきたいですね。

>カゼヒコ

同感です。
まだまだ発展途上、これからだと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)