三菱UFJ投信の第2回ブロガーミーティングに行ってきました(その3) インデックスファンドのファンドマネージャー

前回までの記事、
「三菱UFJ投信の第2回ブロガーミーティングに行ってきました(その1) eMAXIS新興国株式インデックスの実質コスト」
「三菱UFJ投信の第2回ブロガーミーティングに行ってきました(その2) 追加ラインナップ関連情報」
の続きです。ちょっと長いですが、今回が最後です。

今回は、個人的に興味深かったお話について書きます。
それは、インデックスファンドのファンドマネージャーさんについてです。

以前、どこかのブログか雑誌か忘れましたが、「アクティブファンドはファンドマネージャーが銘柄選定と売買をしているのでコストが高いが、インデックスファンドは機械が管理しているだけなのでコストが安い」というような説明を見たことがあり、「いやいや、インデックスファンドにもファンドマネージャーはいますから!」と心の中で突っ込んだ記憶があります。
でも、実際、インデックスファンドのファンドマネージャーさんというのは、どのようなかたでどのような仕事をしているのかは、知る術がありませんでした。
(インデックスファンドのファンドマネージャーをやっているというかたからブログにコメントをいただいたことはあります)

今回のブロガーミーティングには、eMAXISシリーズのファンドマネージャーさん達が同席しており、コミュニケーションを図ることができました。
まずは、インデックス運用の仕事内容について説明をしてくれました。

三菱UFJ投信のパッシブ運用部では、41本のインデックスファンド2兆9000億円分を11名という少数で管理しているそうです。平均で1人4本くらいのインデックスファンドを運用していることになります。

仕事としては、指数との連動性とポートフォリオ構築コストのトレードオフ関係があり、運用者のセンスが問われるとのこと。完成度の高い市場のミニチュアを低廉なコストで実現するのは、職人芸っぽさもあり、意外と人間くさい仕事なんですね。
特に、日々の資金の出入りが曲者のようです。
10億円なら10億円を抱え込んでずっと運用するだけなら、指数の銘柄入れ替えの時だけ仕事をすればいいだけで楽だけれども、日々の資金の出入りを反映させて、かつ指数と連動させなくてはいけないところが難しいそうです。

以下に、海外債券と国内株式のインデックスファンドのファンドマネージャーの一日の仕事を、配布された資料より引用したいと思います。仕事ぶりのイメージが湧くのではないでしょうか。


<海外債券インデックス・ファンドマネージャーの一日>

07:40 出社 市況チェック
08:30 朝の打ち合わせ、ファンドのポジションチェック、前日決めた売買案の微調整
~09:30 為替発注(仲値)
~10:00 債券発注
10:30 確報データ到着 ポジションチェック(ファンドに当日設定・解約される確定データをチェック)
11:00 昼食
昼過ぎ 午前中に発注した分の売買結果チェック、リストチェック、開示原稿の作成
14:00以降 翌日以降に設定・解約される概算データが到来、翌日発注する売買案の作成開始
17:30 すべての概算データ(含むeMAXIS)入手
~18:00 債券発注(大口取引の場合)
18:30 翌日発注する売買案の確定 ポジションチェック
19:00 退社


<国内株式インデックス・ファンドマネージャーの一日>
 
08:20 出社 市況チェック
08:30 朝の打ち合わせ
~09:00 夜間の先物売買状況を確認、出来高分を発注
09:30 ETF(上場投信)開示作業
10:30 確報データ到着 チェックのうえで調整売買分を発注
11:00 昼食
昼過ぎ (大口連絡があれば)売買案を作成、発注
14:00 設定・解約情報到来
~15:00 資金フロー見合いの売買を市場引けまでに発注
17:30 すべての概算データ(含むeMAXIS)到来、先物発注
18:30 翌日発注する売買案の確定
19:00 退社


どうやら基本的に、ファンドの注文情報を夕方に受け取って、ポートフォリオ売買案を作り、翌日発注する、ということの繰り返しのようです。
ファンドマネージャーのかた曰く、「このような日々の作業の繰り返しなので、夜遅くまで飲みに行ったりするのは苦手」とのこと(笑)
個人的な感想ですが、インデックスファンドの持つ実直なイメージどおり、ファンドマネージャーの皆さんも、誠実で真面目そうなかたばかりでした。

インデックス投資というと、数字と計算という無機質的なイメージを抱いている方がいらっしゃるかもしれませんが、その数字の向こうには、ファンドマネージャーさんの実直な仕事があるということが再確認できました。

最後に、全体を通して、eMAXISインデックスファンドシリーズの運用報告だけでなく、運用会社の内情を少しうかがい知ることができ、大変有意義なミーティングでした。
前回の記事でも書きましたが、三菱UFJ投信さんには個人投資家の声を聞こうという意思、そして自分達も知ってもらおうという意思が感じられました。
それが、このレポートで読者の皆さまに少しでも伝われば幸いです。

(おわり)

追伸1
今回のブロガーミーティングで配布された資料は、後日三菱UFJ投信のWEBサイトで公開予定とのことなので、ご興味があればご覧いただければと思います。

追伸2
今回のブロガーミーティングがモーニングスターの記事になっていました。
『会場のブロガーからは「(割安株で構成された)バリュー・インデックスに連動するファンドを扱ってはどうか」との提案が出た。』とありますが、そいつは私です(笑)
関連記事


  





コメント

なるほど、インデックスファンドも、手作り?手作業?の部分があるんですねえ。
普段は聞けない具体的な話をありがとうございます。

実は一番難しいのが国内債券なんですよね。野村BPIは構成比を公表していないので。なので運用担当者は条件から組み入れ銘柄を推測して、値動きを当てたときはガッツポーズしているとかなんとか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

野村BPIはブラックボックスではない?

タイムラグは多少、あるでしょうが
①ポートホリオ確定日の予定
http://qr.nomura.co.jp/QR/index/BPI/info/info_BPI_20091217.html
②新規組み入れ、除外銘柄(実際の規模、金額まで)
http://qr.nomura.co.jp/QR/index/BPI/nribpi_add.html
③日次、月次データ
http://qr.nomura.co.jp/QR/index/BPI/nribpi_repo.html

これくらい公表されていればナントかなるのでは?
(URL超過につき続く)

野村BPIはブラックボックスではない(2)?

因みに国内債券(野村BPI)以外のインデックス(指数)、
①外国株式
http://www.mscibarra.com/products/indices/international_equity_indices/gimi/stdindex/performance.html
②外国債券
http://fidirect.citigroupglobalmarkets.jp/cgi-bin/entrance.cgi?bond/index

①のKOKUSAI(ex.Japan)、Term:fullhistoryをクリックしてカーソルをあてると

「1969年末まで遡る」

ドル建て月次データが出ます。あとは何処からか東京三菱、或いはシティバンク、ブルームバーグあたりの為替レートを掛けると月末の円建て指数値(純粋に信託報酬手数料を含まない)が算出出来るはず?

②のほうは、円換算までなされた日次、月次の値が公表されています。

あとはTOPIX。これは直ぐに見つかるでしょう。これらを毎月末、エクセルデータにとっておけば、個人でも基本4資産、円建て長期データの作成は可能です。エクセルの関数計算を使いこなせる人なら、様々な期間のリスク、リターン、相関係数なんかもはじき出せるはずでしょう。小生はIT音痴の旧人類ですから無理ですが(爆)。
(続く)

野村BPIはブラックボックスではない(3)?

>仕事としては、指数との連動性とポートフォリオ構築コストの
>トレードオフ関係があり、・・・職人芸っぽさもあり、意外と
>人間くさい仕事なんですね。

ポートフォリオの構築はアセットクラスによって様々なモデルがあるようです(↓)。
http://money.infobank.co.jp/contents/A200068.htm
例えば銘柄数の少ないJ-REIT(40?50?)なんかは全銘柄を組み入れるのは容易そうなことは素人でも想像できますから完全法。外国株式は最適化法?外国債券は層化抽出法?だったかな。因みに長年、年金運用(パッシブ運用がメイン)で培ったノウハウの蓄積があるためか信託銀行系のほうが得意なようです。逆を言えば、証券系の大和、外国株式パッシブ運用なんかは指数から劣後、トラッキングエラーが大きい?みたいな話が・・・。

>特に、日々の資金の出入りが曲者のようです。

これはモロに確定拠出年金(DC)専用、インデックスファンドに当てはまりますね。拠出日(買付日)が決まっている。どのくらい資金が流入するか前以て予測できる。しかもDC専用口座は、ETFへリレー投資はできないから資金流出も少ない?信託報酬手数料が一般販売用と比べて、

圧倒的に低いものが多い!

と言えます。裏を返すとETFへリレー投資する人が多いと日々、流出があって残高が積もらないし、「特に、日々の資金の出入りが曲者のようです」で手間が掛かるから皆さんの大好きな、

「信託報酬が下がらない」

一因を作っているとも言えます、ゲホゲホ(笑)。これは”合成の誤謬”って言うのかな?まあ、そんなこと言ったって、

「信託報酬が高いからインデックスファンドからETFへリレー投資!」
「否、そんなことするから残高が積もらず信託報酬が下がらないんだ!」

でニワトリが先か卵が先かの話で水掛け論ですがね。因みにこの話の続きネタ。セゾン投信が信託報酬手数料を下げた件ですが、別にセゾンが日本で最初に下げたわけじゃないんですよ。例えば、皆さんの大好きなノ、ム、ラ♪(↓)。
http://www.nomura-am.co.jp/?divide=10&market=#topContents
DC専用のバランスファンドも含めたパッシブファンド7本。各項目をクリックすると

「ファンドの純資産総額に年○.×△%(税抜年△.○□%)以内(平成00年00月00日現在年□.△○%(税抜年△.□○%))の率を乗じて得た額とします。」

の表記が並んでいます。セゾンが下げるよりも以前から、あの、ノ、ム、ラが下げていたということです。昨今、異常気象で日本でも雪が多いって言ったって、新潟では雪が降っていても、山の反対側、群馬では快晴なんてこともありますは。見る場所、位置を変えると、見える風景も変わることもありますはね。

まあ、いろいろ”皮肉”を込めて?誰に対して?ウフフ(笑)。

(終わり)

大変興味深い話が聞けて良かったです。

Werder Bremenさんのコメントも勉強になりました。
ニワトリが先か卵が先かwww

信託報酬低減は

>Werder Bremenさん

>ファンドの純資産総額に年○.×△%(税抜年△.○□%)以内

野村のこの表現は信託報酬引き下げなのでしょうか?この手の表記は他ファンドでも多いように感じます。
例えば、最近注目の日興アセットの上場エマージングETFも「信託報酬率の内訳は、当ファンドの信託報酬率が年率0.1575%(税抜0.15%)以内 <以下、省略>」となっています。
http://www.nikkoam.com/products/etf/lineup/msci-em/outline


また、MMFやMRFにおいては~以内という表現がデファクトスタンダードです。そして、あまりの低金利下ではその上限の信託報酬を取れないほどだとも聞いております。ただ、通常はこの手の場合に上限値以下だから引き下げたとはあまり言わない気もします。
http://blog.livedoor.jp/tsurao/archives/1150062.html


こう考えると、以内という表現でその上限より下の水準におさまっていることは必ずしも信託報酬を下げていたかは微妙なところかもしれません。(昔の情報を持っていたらわかるでしょうが)



なお、オープン型の投資信託にこだわらなければ、生命保険の運用商品で信託報酬が下がっているようなものはあります。
(例:AXAのライフ・プロディースで組み込んでいるアライアンス・バーンスタインのファンド)

野村BPI・・・まずは訂正から

訂正:②外国債券(インデックス、指数)のURL、こちらに差し替えてください(↓)。利用者登録しなくても閲覧できるようです。
http://fidirect.citigroupglobalmarkets.jp/cgi-bin/entrance.cgi?bond/index

>吊られた男さんへ
ものによりけりですが鹿児島銀行が嘘をついていないという前提で(↓)、
http://www.kagin.co.jp/700_401k/pdf/ksintakulist.pdf
例えば(注釈)1、2によると運用開始後、途中から下げたことになっています。3、4は最初から0.2625%だったようですが。因みに辞めた会社の企業型401K、外国債券で2006年中頃、

「0.2625%→0.21%に下げます」

とHP上にお知らせが出ていたのを記憶しています。どこの会社のファンドかは忘れましたが。因みに琉銀・個人型401Kに加入するとき、電話で聞いたところ、

「○○%以内(現在△△%)と書いてあるが、その年、その年によって、気分次第で、上げたり下げたりするのか」
「上げることはありません。下げることはあります。どのような条件で下げるかはお答えできません」

と回答がありました。勿論、署名、捺印させた返事ではありませんが。皆さまの大好き?大嫌い?なあの、ノ、ム、ラでも多少、違う領域では、「良心の欠片」を見せることもあるということなんですよ。ビックリしたでしょ、吊られた男さん(笑)。但し、目論見書には残高が100億円を超えたら、0.5→0.3%に下げますとか表示はしていないはず。他社動向で下げるのか、社外”秘”の内部規定でもあってウン億円を超えたら下げるとか、ここらへんは「ブラックボックス」です。ということで、

”新潟では大雪警報でも山の反対側、群馬では晴天、異常乾燥注意報”

ということもある。山一つ、たった30、50Kmしか離れていないのに。どちらも同じ日本国内の話。野村でも?あら、ビックリってこともあるわけですは。信じられない、ご自由にどうぞ。

>Werder Bremenさん、

追加情報ありがとうございます。
リンク先の情報だとノムラ&ダイワという大手が信託報酬を引き下げていますね。


DCダイワ外国株式インデックスなどは残高の増加+DCと特性故の信託報酬引き下げということもあるのでしょうが、凄い引き下げ幅。
あとはこのような条件付きの特別なファンドではオープン型のファンドでの信託報酬引き下げがあることが希望ですね。

>世界のREITさん

かなり職人芸的な作業もあるようです。
意外ですね。


>Uさん

野村BPIが構成比を公表していないとは驚きです。
本件についてはツイッターでもかなり話題になりましたが、関連情報(状況証拠)から正解を推理する探偵みたいな作業だなぁという意見が出ていました。


>Werder Bremenさん

あなた様に申し上げたいことがいくつかあります。

まず、いつものことですが、当ブログはライブドアブログのようにコメント文字数に制限はありません。仰りたいことがあればまとめてどうぞ。無意味な分割投稿はお控えください。

次に、あたかも野村AMが初めて信託報酬の値下げをしたかのようなコメントを書かれていますが、信託報酬の値下げは、セゾン投信はもちろん、野村AMが初めてやったわけでもなく、投資信託の世界ではしばしば見られるごく普通の出来事だと認識しております。私の保有ファンドであるSGロシア東欧株ファンドでもかつて信託報酬値下げが行われていました。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-740.html

特に、機関投資家の世界では、かつて1990年代に大手証券系も含め投資顧問料(信託報酬)の値下げ競争が起こっていました。
野村AMの信託報酬の値下げになにか特別な意義を感じておられるようですが(かつそれを他の人は誰も気づいておらず自分だけが知っている特別な情報であるかのようなコメントをあちこちのブログコメントで拝見しますが)、見る人が見れば滑稽なコメントであり、ぜひ他の周辺事象にも目を向けられることをお勧めします。

次に、インデックスファンドからETFへのリレー投資がインデックスファンドの資産額が増えない要因で合成の誤謬であるとのご指摘ですが、これはごもっともで、まさに鶏が先か卵が先かの問題であると認識しています。
しかしながら、個人投資家各人によって手間とコストの妥協点は違って然りであります。
そして、日本のインデックスファンドの信託報酬は米国と比較して明らかに劣後していることから、インデックスファンドの信託報酬低減が先であるように考えております。
今後、時間をかけて少しずつインデックスファンドの信託報酬が下がっていくことによりいずれ自然に解決していく問題だと思っています。
あたかも、リレー投資をしている全ての投資家が、自分の首を締めていることに全く気づいていないかのような(かつそれに気づいているのは自分だけであるかのような)言動には強い違和感を覚えます。

本コメントは、今回弊ブログにいただいたコメントだけではなく、ここ数ヶ月のあなた様の各方面のブログコメント(全てを把握しているわけではありませんが)を拝見していて、気づいたことをもとにレスさせていただいております。

辛辣なコメントになってしまい恐縮ですが、「毒舌」はあなた様の専売特許ではありません。私も一度ハッキリさせておいたほうがいいと考え、敢えてこのような書き方をさせていただきました。
無論、あなた様の人間性を否定をしているわけではなく(むしろ好きですw)、仰っているコメント内容についてのみ、疑義を申し立てていることをご了承いただければ幸いです。


>40歳無職さん

まさに鶏が先か卵が先かですね。
でも個人的には、日本のインデックスファンドの信託報酬は米国と比較して明らかに劣後していることから、インデックスファンドの信託報酬低減が先であるように考えております。


>吊られた男さん

上記コメントにも書かせていただきましたが、大手機関投資家の間では、かつて1990年代に信託報酬の値下げ競争が起こっており、信託報酬の値下げはごく普通にあったことです。
3年前の記事で恐縮ですが、以下の記事をご参照ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-367.html

あとは、それが大手顧客向けの投資顧問料やDC専用ファンドの信託報酬だけでなく、一般の個人投資家向け投信の信託報酬に、いつ反映されるかというところだけだと思います。
個人的には、個人投資家の要望次第で実現可能だと楽観的に考えております。

水瀬様

>>インデックスファンドの信託報酬低減が先であるように考えております。
なるほど、その通りですね。
インデックスファンドが信託報酬を下げてしまえば、
余計なETFへのスイッチを招かずに済みますもんね。

また、信託報酬の値下げがしばしば見られるごく普通の出来事だとは知りませんでした。
勉強になりました。

ファンドマネージャーの仕事

アクティブファンドだと、ファンドマネージャーの体がもつのは4年程度なんていわれるようですが、インデックスファンドのファンドマネージャーも実労時間が長いですね。
特に海外株式であれば株価変動が夜がメインになるので、どうやって勤務調整しているかも知りたいですね。
e-Maxisシリーズの場合は我々のニーズに合った物を出しているので、ファンドマネージャーが我々の国際分散投資の為に必要な運用を昼夜関係なしに動いているのかな・・・って言う感じがします。

そう言う所を知っているとファンドマネージャーや投信会社の苦労も分かるかも知れません。

水瀬さん、

追加情報ありがとうございます。
機関投資家向け等では値下げはよくあったことだったのですね。勉強になります。

一般の個人投資家向け投信(公募型の投信)の信託報酬低減は、低コスト投信への人気が高まれば実現するでしょうと考えていますので、それほどハードルは高くないと思います。この点は水瀬さん同様に楽観的です。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

良く訓練されたブロガーの正体が梅様だった件

ソース1: 三菱UFJ投信がインデックスファンドの拡充を検討、ブロガーと追加候補のアイデアを議論 (モーニングスター) 会場のブロガーからは「(割安株で構成された)バリュー・インデックスに連動するファンドを扱ってはどうか」と の提案が出た。代田氏は「予想外...

三菱UFJ投信さん ごめんなさい

3/10(水)に三菱UFJ投信主催で第二回 ブロガーミーティングが開催されました

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)