欧州市場、信用不安ひとまず緩和

ギリシャの財政悪化で動揺していた欧州市場が、落ち着きを取り戻し始めたとのこと。

【NIKKEI NET 2010/03/14より引用】
欧州市場、信用不安ひとまず緩和 ギリシャ財政再建策受け
 【ロンドン=石井一乗】ギリシャの財政悪化を発端に動揺した欧州金融市場が落ち着きを取り戻し始めた。ギリシャが発表した財政再建策が一定の評価を受け国債発行が好調に終わったことから、同国の国債利回りが下落するなど、過度な警戒感はひとまず後退。ただ金利が高止まりする中で、利払い負担が財政の新たな圧迫要因となるとの見方も浮上しており、不透明感もなお残る。一方で英国の国債利回りがじわじわ上昇するなど、市場は新たな懸念材料を注視し始めた。

 警戒感の指標とされるギリシャ国債(10年物)のドイツ国債(同)に対する利回り上乗せ幅は約3%と、1月下旬の約4%から縮小。スペインやポルトガルの同上乗せ幅も今月に入り縮小基調だ。これら3国の国債のデフォルト(債務不履行)時に元本を保証するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の保証料率も低下。
【引用終わり】

市場がひとまず落ち着いてくれるのはいいことですが、まだ目が離せない状況という気がします。

明日3月15日のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)で、ギリシャの財政再建策を評価するとともに、同国の救済が必要になった場合の支援メカニズムについて協議するそうですが、まだどうなるかわかりません。
一方、欧州連合(EU)が国際通貨基金(IMF)の欧州版「欧州通貨基金(EMF)」(仮称)を創設する検討に入ったそうですが、実現には非常に長い時間がかかる(何年も?)とも言われているようで、これまたどうなるかわかりません。
国内に目を向けると、3月11日にはゼネストが行われて、病院や空港、学校が閉鎖に追い込まれたばかりです。

モンチさんのブログ「小金持ち父さんの資産設計塾(?)」の記事「グロソブの危機? PIGS問題」を読んで、「どれ、自分にも影響があるか見てみようか」と久々にマイポートフォリオをチェックしたら、外国債券クラスがそれなりにやられていました。
なるほど、PIGSの金利上昇(=債券価格下落)の影響が出ているようです。

今後どうなるのか。
このまま事態が収束に向かうのか、欧州発の景気の二番底が来るのか。
僕には将来のことは分かりませんので、既定のアセットアロケーションを保持しながら、事の成り行きを見守りたいと思います。

P.S
外国債券クラスは下げてましたが、外国株式クラスは比較的堅調のようです。
やっぱり分散って大事だなあと思いました。
関連記事


  





コメント

グロソブホルダーには関係有りそう

グロソブなど、毎月分配型外国債券ファンドでは影響は大きいですが、国際分散投資をしている人から見れば、ほんの一部分のダメージに過ぎません。
言い方を変えれば、色んなアセットクラスを組み込む事でリスクを抑える事ができる典型例です。
最近はグロソブのみならず、色んな毎月分配型投資信託があり、グロソブの純資産残高は減る方向に向かっているとか・・・
これならば、影響は少なくなりそうです。

僕も株式、REIT、債券と様々なアセットクラスで持っていて、特にソブリン系の物は個人向け国債のみなので、影響はほとんど有りません。

1年前で有れば、ハイ・イールド債が下落し、ソブリン債が上昇していましたが、現在は逆の動きをしているようです。

余談ですが、グロソブの分配金利回りは異常な数値で出ており、いよいよ存続の危機に直面する可能性が出てきました。
分配金を減らせば純資産残高がどんどん減って他の毎月分配型投信へのシフトが起こるでしょうし、仮に分配金を10年間据え置けば基準価額の下落が顕在化します。
今回のギリシャ危機がチャンスだったとしてもグロソブの純資産残高が減る状態ではギリシャ国債を購入する事が出来ず、チャンスを物にできません。

欧州発の景気の二番底が来るのか、いやいや今の金融不安のきっかけとなったアメリカがもう一度頑張って米国発の二番底が来るのか、中国やブラジルなど資金流入の激しい新興国の不安t念が顕在化して二番底へ向かうのか、回復に向かうのか・・・


全く分かりませんが、そういう先行きが分からないことを織り込んで投資していると、こういうニュースに一喜一憂せずに済むのは長期インデックス投資のいいところですね。
そういうニュースが気になって本業の仕事などに影響を与えたら元も子もありませんので。

私は外債のインデックスを持ってますが

今の所、下がり方は5%以下です。
金融危機の時の株式の下がり方に比べたら無いに等しいです。

こういう時はインデックス系の方が下がり方がましなのは以前の危機で学習済みです。(^^)

>タカちゃんさん

グロソブオンリーのかたは相当なダメージでしょうね。
やはり分散が大切と。


>吊られた男さん

どうせ投資行動は変わらないので、気にしても仕方がないですよね。


>ぷれでたさん

金融危機で強くなられたかたがここにも一人…!

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)