ETFが受益者数や売買高の不足を理由に上場廃止になることはない!?

QUICK MoneyLifeにETFの上場廃止についての記事が掲載されていました。

QUICK MoneyLife ETFの基礎
【第7回】ETFの繰上償還と上場廃止

記事ではETFの上場廃止基準について解説されているのですが、その中に興味深い記述がありました。
なんと、現行の東証・大証両取引所の上場基準では、受益者数や売買高の不足を理由にETFが上場廃止になることはないそうです。

具体的には、東京証券取引所は、2007年11月1日付けの規則改正で、ETFの上場廃止基準における受益権口数、受益者数及び売買高の基準を撤廃。また、大阪証券取引所についても、2007年12月1日に実施した証券市場を取り巻く環境の変化を踏まえた上場制度の見直し等に係る関連諸規則の一部改正において、受益者数及び売買高に関する上場廃止基準を撤廃しているとのこと。

それでは、つい最近上場廃止された3つの通貨連動型ETF(関連記事)については、何故上場廃止になったのでしょう?
それは……
運用会社自身が上場廃止申請を行なったから。
具体的には、運用会社が「設定時と比較して純資産が大きく減少したファンドの純資産総額の状況では、指標連動有価証券への新たな投資が非常に困難な状況となり、ファンドの基準価額を対象指標に連動させる運用が行なえなくなると判断した」とのこと。

なるほど。証券取引所が定める上場廃止基準に抵触して強制的に上場廃止になる場合もあれば、運用会社の判断で上場廃止申請を行なって上場廃止になる場合もあるということになります。
そう考えると、証券取引所の上場基準で受益者数や売買高の不足が理由で上場廃止になることはなくても、受益者数や売買高は多いに越したことはなさそうです。

ETFを購入する際には、このあたりのデータにも目を配りたいところです。

関連記事


  





コメント

とりあえず、1680,1681は大丈夫そう!?

期待に答える形で登場した1680、1681は人気が高く問題なさそうです。
これらのETFは外国配当課税を避ける為に先物を使う事で問題解決をしようとする運用が始まっています。
あまり先物は良く分からないのですが、先物価格は以下のようにして決まります(間違っていたらご指摘ください)。

先物価格=現在の株価指数*(1+金利-配当利回り)

この式を見る限り、日興AMは配当分は先物が安い事を利用してこれを利用しようと考えていると思われます(実際には無リスク金利の影響も有りますが)。
もしも、これが上手くいって資産運用のコアになるのならば、やはり上場が末長く存続するようにこのETFをできる限りみんなで盛り上げていく必要は有ります。
間違っても通貨連動型ETFのような運命を辿らせるような事は出来ないので、そこは我々も考えていく必要が有りそうです。

その為にはある程度のインデックス投資家人口を増やして、そのETFの良さを伝えていく必要が有りそうです(それでもマイナーであり続ける必要がある)。
結局は投資環境を良くしていくには我々の働きかけが重要なのは言うまでもなさそうです。

ここから先はコストの話です。
1ヵ月先になりそうですが、国民健康保険の料率が決まると思われる4月15日頃に、申告分離課税の配当と株式損失の合算と外国税額控除による、国民健康保険への影響の暫定値を計算してみます(予定は4月18日予定)。
なお、確定値は6月20日頃を予定しています、中田たろうさんの結果とかなり違った値になると思われるので、最終的には自己責任で見てもらおうと考えています。
これがコスト削減の切り札になるかも分かると思います。
ちなみに、社会保険のグループは社会保険料が3月よりアップします。
東京都で標準報酬月額の9.34%の労使折半(8.2%→9.34%)とコストが上がります。

私はETFについて今勉強中なのですが、やはり受益者数や売買高は多いほうがいいんですね。将来的にインデックスファンドからETFへのリレーも考えてるので参考にさせてもらいます。

"上場"投資信託ということですから、運用会社の判断は一般の投資信託に近いと考えてよさそうですね。
「資産規模が小さくなれば、運用の難しさと利益の観点からの撤退がある。」

資産額が大きいのに流動性が低い場合は?ということも思いましたが、現実的には資産額が大きいのに流動性が低いことはあまりなさそうですので、「資産額はまったく問題ないが、流動性の観点からのみ廃止」ということはなさそうですね。
仮に「資産額は数兆円なのに、流動性がほぼ0」という奇特なETFがあったとしても、運用会社としては困らなそうですが・・・

>タカちゃんさん

1680、1681が上場廃止になるようなら、日本のETF市場の発展は厳しいと言っていいかもしれません。
先物運用が気になるかたもおられるでしょうが、株を買うのと同じ感覚で、手軽に国際分散投資ができる利便性がいいというかたもおられるでしょう。

それにしても、「インデックス投資はマイナーである方がいいが過ぎてもいけない」というのは塩梅が難しいですね(^^;


>カゼヒコさん

何かの参考になれば幸いです。


>吊られた男さん

たしかに、投資信託に似ている部分もあると思います。
(日々の運用的にはずいぶん違いますが…)
多くの銘柄が、例えば1306のように資産規模や流動性なんかまったく気にしなくてもいいような銘柄に育ってほしいですね。

上場廃止基準

1:最近1年間の月平均売買高が10単位未満又は3か月間売買不成立
2:有価証券報告書等に「虚偽記載」を行った場合で、その影響が重大であると当取引所が認めたとき
3:監査報告書等において「不適正意見」又は「意見の表明をしない」旨等が記載され、その影響が重大であると当取引所が認めたとき
他の理由はよほどの事が無い限り有り得なさそうです。

2、3はETFではあまりなさそうですね。
1は有り得そうですが、インデックス投資家層が厚くなれば、資産運用のコアとして機能している限り考えられないですね。
1680、1681については運用会社の都合上の理由以外で上場廃止になるのは恐らく無いと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)