国内ETFの取引価格と基準価額との乖離率一覧+時系列データがわかるサイト

モーニングスターで、国内ETFの取引価格と基準価額との乖離率一覧+時系列データがわかるページが作られました。

モーニングスター ETF
http://www.morningstar.co.jp/etf/

今までも、東証と大証のWEBサイトには、それぞれの取引所に上場されているETFの乖離率が掲載されていました。
(関連記事)
2009/05/24 ETFの取引価格と基準価額の乖離がわかるサイト

モーニングスターのサイトは、両方あわせて一覧にしてあります。
これだと、全国内ETFを乖離率順にソートしたりできるので便利です。
(他にも、出来高順や信託報酬順でソートすることもできます)
しかも、乖離率欄にある「履歴」をクリックすると、乖離率時系列データが日別と月別で見られます。
これはすごい。
「この間上場したあのETFの乖離は最近おさまりつつあるな」とか一発で分かります。

国内ETFの購入を考えている個人投資家の大きな味方になるのではないでしょうか。

P.S
この情報はtwitterで発表されtwitterユーザーから賞賛されていましたが、なぜかブロガーがあまり取り上げていないので今回の記事を書こうと思いました。
ちなみに、水瀬のtwitterアカウントは@minasekで、URLは以下のとおり。ゆるくつぶやいていますのでお気軽にフォローしてみてください。
http://twitter.com/minasek
関連記事


  





コメント

ネタとしては控えているのですが・・・

先に仕上げてしまった他の記事たちがあるので、そちらを先に出してます。

「だったら両方アップしろ!!」という声もありそうですが、1日に複数のエントリーを使ってしまうとネタ切れになりそうなので、ストックにしています^^;


それにしても履歴の機能は素晴らしい。これはかなり使えます。

すばらしい

このページ知りませんでした。情報ありがとうございます。
乖離率の過去履歴も見ることができてとても便利ですね!
(それにしても1681の乖離率は+4.55%ですか..まだまだですね。)

これは使えますね

ETF初心者には大変参考になるサイトですね。
今後ETFを購入するときはこのサイトを参照しながら
決めたいと思います。

初めまして。自分は現在鬱病闘病中でネットビジネスで生活しているシンと申します。

今でも十分生活出来るのですが、毎日刺激が無く、株やFXに昔から興味があり、ネットサーフィンをしていたらこちらのブログに巡り合いました。

私には日にデイトレで数千万から数億円動かす師匠が居るのですが、頼ってばかりではいけないと思い、自分で勉強して始める事にしました。

とても勉強になります。これから勉強に伺わせて頂きます。

私もブログをやっています。もし宜しければ相互リンクして頂けないでしょうか?

「自分探しのブログ 禁パチ禁スロ鬱病日記」

という題名でやっております。アクセス数は平均2000~3000ぐらいです。

ブログの路線も投資ブログに少しずつ変えたいと思います。

ご検討頂ければ幸いです。

突然のコメント失礼致しました。
応援クリックして帰らせて頂きます。

失礼致します。

確かに重要ですが・・・

確かに乖離が大きいと状況によっては大きなコストになるので無視はできませんが、長期運用をする事を考えるとあんまり気にしてもしょうがないと思います。
むしろ、海外ETFの時の売買手数料に比べて国内ETFは割安な手数料で売買できますから、それを差し引けば多少の乖離では、国内ETFの方が有利な場合が多いからです。

本当は誰かが裁定取引して欲しいのですが、それよりも人気で乖離ができる場合もあるかも知れません。
MSエマで4.55%、MSコクで2.82%はやはり大きいですが、20年以上の運用を考えると、比較的小さなコストになります。
更に外国配当課税の問題を解決してくれるのならば、この程度のコストを払ってもお得な場合も出てきそうです。
コストは1つではなくて、総合して考える方が合理的なのかも知れません。

>吊られた男さん

ネタのストックは大事ですよね(^^)
僕もよくやります。


>kenzさん

履歴機能はすごいと思います。
外国物は時差や為替の関係とかがあるらしいので、日別でなく月別で見るのがよいと思います。


>カゼヒコさん

便利ですよね。
東証・大証が提供しているデータにプラスαの付加価値を付けているところがさすがモーニングスターさんです。


>シンさん

デイトレで数億円動かす師匠さんすごいですね。
路線が全然違うような気もしますが、これからブログにお伺いします。
相互リンクさせていただく場合はこちらからご連絡いたします。
よろしくお願いします。


>タカちゃんさん

そうかもしれません。
タカちゃんさんは、海外ETFから内国ETFに乗り換えられたのですか?
それとも海外ETFの特定口座対応待ちとか?

うーん

今のところは海外ETFはそのままで、MSエマを少し買ってみました。
恐らく楽天証券はこれに対抗するために特定口座対応をしてくると考えています。
もうひとつ、現時点では投資できるアセットクラスでは圧倒的に海外ETFの方が多いので、内国ETFと共存させながら今後の対応を考えています。
内国ETFは決算を見て本格的に資金移動するのかどうかも考えています。

>タカちゃんさん

なるほど。
僕はネット証券の海外ETF特定口座対応待ちです。
悩ましいですよね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

ETFの乖離率の推移のグラフ

ETFの最良売買気配値と同時刻の株価指数・外為・商品価格を使って算出した推定NAVとの乖離率を最近12ヶ月についてグラフにしました。11:00・15:00に取得しています。 http://homepage3.nifty.com/~miyaken/investment/ 画像は、本日分のデータ込みのMSCI-コクサイ、...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)