ダイヤモンド ZAi (ザイ) 2010年5月号に掲載されました

今、発売中のダイヤモンド ZAi (ザイ) 2010年5月号に、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーと水瀬が、掲載されました。

ダイヤモンド ZAi ( ザイ ) 2010年 05月号 [雑誌] photo_20100320.jpg

今号が創刊10周年とのことで、特集は、創刊10周年特別企画『一番売れてる株の雑誌ザイが作った「株入門」!』 です。
特集はPART1からPART3まであるのですが、PART1が「積み立て投資でコツコツ資産を作ろう!」で、そこのP.24~27に掲載されています。

相互リンクブログ「小金持ち父さんの資産設計塾(?)」のモンチさんと共に、投信積み立ての効用からはじまり、自分の投資遍歴やインデックス投資の考え方、マーケットの捉え方、ドルコスト平均法の考え方、積み立て商品の選び方、リレー投資の考え方、自分のアセットアロケーションや具体的積み立て商品などが、記事中のコメントだったり、表だったり、グラフだったり、いろいろな表現形式で掲載されています。

過去何度かマネー誌に掲載されたことはありますが、4ページに渡ってこんなにたくさん取り上げていただいたのは初めてです。
ただ、それでも誌面は限られており、積み立て投資のメリットが前面に出ている形になっていて、リスク等のデメリットへの言及が少ないのがちょっと気がかり。その辺ももっとお話できれば更によかったなと思いました。

それでも、投信積み立てによるインデックス投資がこれだけ大きくマネー誌で取り上げられるのは滅多にないことですし、その効用を多くのかたに知ってもらうことはうれしいことです。
読者のかたの何かの参考になればいいなと思います。

今号ではインデックス投資の他にも、バリュー投資あり、チャート分析あり、個別株銘柄分析あり、付録は新興国投資ガイドブックと、実に多彩な「株入門」になっています。
どういう投資法を採用するかは読者次第ということでしょう。

もしご興味があれば本屋で手にとってみてください。
もしくはこちらから購入できます(Amazonへリンク)。
ダイヤモンド ZAi ( ザイ ) 2010年 05月号 [雑誌]
関連記事


  



コメント

ぱらぱらと立ち読みしただけですが、私もリスクの記述がほとんど無いのが気になりました。
30年積み立てた結果でも資産が半分になる可能性もあるくらいは知っておくべきだと思うので。

本屋にいって あれ?zaiない・・・これは増刊別冊か何かだよな
って最初買わなかったですw
家に帰って調べてみたら あ・・これが今月号かって再度本屋に
いきましたw
マネー誌も「中長期的」より「短期」のほうが売れるらしいですから
中々難しいんでしょうね。それを気にせず コツコツいける我々が
最終的には結果良かったといえるようになれれば幸せですよね

立ち読み程度ですが拝見しました。

確かに、かなりの量活字や図になっていましたね。

水瀬さんが眼鏡をかけていたり、モンチさんも含め、本人とは全く似ていない絵がちょっと笑えました。

リレー投資についての疑問

いつも、仕事の合間に、楽しく読ませていただいています。

インデックス投信からETFへのリレー投資について分からないことがあり、初めてコメントを書かせていただきます。

以前、リレー投資のために投信を売り払う時、利益が出ていると税金をとられるので、マイナスになっている方が望ましい(厳密にはプラマイ0が良い)、との記述をされていたと思うのですが、それは、どうしてですか?

最初の私の理解としては、税金を取られようが、元手より多くのお金を手にした方が、ETFをたくさん買えるのでは?と思いました。

でも、投信からETFへのリレーは、実際には、「投信を売ってETFを買う」、という行為が介在するけれども、「投信を売ってETFを買う」、という行為を、投信売却後、ETFの買い時のタイミングを考えることなく、機械的に、タイムラグなく行う、つまり、切れ目なしと考えるなら、なるべくコストはかからない方が良い、ということですか?
投信もETFも同種のインデックス同士なら、連続していると考えることができる、ということですか?

お忙しいとは思いますが、お答えいただけると、幸いです。

はじめまして

こんにちは。畑佐と申します。
ダイヤモンド ZAi (ザイ) に掲載されたとのこと、
凄いなーって思いました。
こちらのサイトは、投資全般玄人真っ青のブログですね。
リスク記述がないのは、ZAi (ザイ)の事情でしょうか?
私のブログは、現在「FX」をメインにしておりますが、
まあ、出来立てなので、
無料や格安のDVDなどを紹介しております。
ゆくゆくは、株式・225・ワラントなど投資全般を、
取り組んでいきたいと思っています。
今後とも、管理人様のサイトで、
勉強させて頂きたいと思っておりますので、
よろしくお願いいたします。

応援ポチさせていただきました^-^

>名なしさん

そうですね。
本文でも書きましたが、リスクの記述はもう少しあってもいいかなと思います。


>龍王さん

何度も本屋に行かれてお疲れ様です。
短期の情報も長期の情報も、個人投資家が選べる選択肢が用意されていることが重要だと思っています。
だから、マネー誌としてはあれでいいんじゃないですかね。


>レバレッジ君さん

写真を撮られたわけでもありませんので、イラストは適当だと思います(^^)


>よっちゃんさん

リレー投資のタイミングについては、以下の過去記事とコメントをご覧ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-689.html


>畑佐剛実さん

リスクについては、取材の時には少し話には出ましたが、記事では割愛されていました。もっとたくさん話しておけば、記事での扱いもまた違っていたかもなと今思う次第です。

買いました!
最大の収穫は水瀬さんのイラストだったのですが、
似ていないのですね。。orz

買いました。

表紙や、一冊の雑誌を通すと、
個人投資家向けなのか、FXなのかZaiが売り始めて10年なのか何を押したいのかわからない構成がZaiっぽいといえばZaiっぽい構成ですね。

あー、やっぱりZaiだ・・・という感じの一冊ですが、長期運用を多面体で一冊にまとまっている本が自分にはあうかな~と感じました。

水瀬さんとモンチさんのポートフォリオの下にファイナンシャルリサーチFさんのポートフォリオを見たときに「嗚呼、ダメだ」と思ってしまいました。

>SJPさん

残念ながら似ていないようです…(^^ゞ


>矢向さん

まぁ世の中にはいろいろな考え方があるということで。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

ダイアモンドZAi 5月号に掲載

私が投資を始めてから約10年たちます。 そして、マネー雑誌の「ダイアモンドZAi」も10周年を迎えるそうです。 そして、 そんな「ダイアモンドZAi 5月号」(21日発売)に、私とインデックス投資家のカリスマ(と記事で紹介されていました(^^;;)の水瀬さ

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/04/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/04/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)