NIKKEI NETがサービス終了。ガーン

日経新聞社のWEBサイト、「NIKKEI NET」がサービス終了になってしまいました。

いちおう新しく「日経電子版」として生まれかわるそうですが、基本的に有料サービスになるようで、無料で読める記事はごく一部分になってしまいました。
当ブログでは、NIKKEI NETの記事を引用させてもらいながらブログ記事を展開していくことが非常に多かったので(たぶん全記事の三分の一くらいはそうではないかと)、これはショックです。

たまにやりますが、日経新聞本紙から目視で一字一句転記していくという方法もあります。
でも、これがなかなか骨がおれる作業で時間がかかります。その間にブログ記事執筆のモチベーションが低下してしまうこともあります。

でも、どんなサービスにもコストがかかっており、無料サービスというのはどこかに矛盾を抱えながら運営されているはずなので、いつサービス終了になってもおかしくありません。
米国ニューヨーク・タイムズなども有料サービスに移行しているとの情報もあります。

おとなしく他の手段を探しますかね。
関連記事


  





コメント

こんばんは。

えっそうなんですか!?それは残念です・・・確かに新聞や情報誌はどこも大変のようですし致し方ないのかもしれませんね。

日経NETの終了は残念ですね(私も良く引用していました)。

まぁ、それでも有料版を読むか他社サービスを探せば良いかと思うのですが、同じく無料サービスのFC2ブログが突如終了するなどしたら大騒ぎでしょうね(マメにバックアップされていますか?)。

無料会員の登録をしました

私も今朝、HPを見に行って気づきました。
とりあえず、無料会員の登録をすると少しは読めるようです。
ライトユーザーなのでこれで我慢するかと思ってます。

水瀬さんは日経新聞を取っているのでしょうか?
(+1000円出す予定はありますか?)

う~ん、月額4000円とはちと痛いですね・・・

引用というよりほとんど無断転載だったと思うけどなあ。
新聞を引用するにしても骨がおれるほどの量なら引用の範囲を越えている可能性が高いですね。

私も今朝NIKKEI NETがサービス終了していることに気付きました。いくつかの証券会社で無料で「日経テレコン」を利用できますので、(元記事にリンクすることはできませんが)それを利用すればブログ記事を書くことはできそうですが。。

権力の監視と情報

ニューヨーク・タイムズも今や存続の危機とか・・・
権力の監視として重要な役割を果たしている新聞ですが、これは怖いです。
現在では新聞に代わってインターネットが主流になりつつある現状で新聞が持つ役割を考えなくてはと思います。
ヤフーニュースの場合ですが、今回の金融危機で大暴落した高金利通貨のアイスランドクローネですが、これがリスクが更にパワーアップする記事が出てきました。
アイスランドの火山噴火で500人避難、航空便に影響も出るなど、もはやアイスランドは”世界最凶リスク”の投資対象になりました。
これは投資家には死活問題にもなりうるニュースでも有ります。
この情報もインターネットですから、ニューヨーク・タイムズが権力の監視や有益な情報源としてどうあるべきかを考えないと困る事は必ずでてくると思います。

ちなみに、NIKKEI NETが終了し日経電子版として生まれ変わるのならば、自分の必要な記事の印刷はできるのかもちょっと気になります。
確か少し前に国会図書館で必要な情報(確か日経テレコン?)をお金を払って印刷できた記憶が有ります。
これができて、しかも購読期間の情報をいつでも取り出せるのならばお金を払っても良いかなって考えてはいますが、ちょっと高いような気がします。
やはり、インターネットでの記事を書く時の強みは「コピペ」ですかね?

ついに終了してしまいましたね。

紙からの引用もできないことはありませんが・・・水瀬さんが言われるように面倒くさくて骨が折れる作業ですので継続は難しいですよね。

ネット上の課金ビジネスは、なかなか成功しにくく、ほかの無料サービスに顧客が流れて行ってしまうことが多い、などとと言いますよね。

今後の日経新聞が、どのようになるのか注目してみていたいです。

連休明けたら・・・

見慣れぬページになったと思ったらNIKKEI NETのサービス終了ですか・・・残念

新しいのは・・・どうなんでしょ?購読していないので見出し程度しか見ていませんが他紙にはない強みがあるのかよくわかりません

>田舎のKenさん

新聞・雑誌は苦戦しているみたいですね。
WEBサービスの課金もなかなか難しいようですので、どうなるのか見守りたいと思います。


>じゅん@さん

バックアップ、してません…(^^ゞ
FC2のサービス終了に備えてこまめにバックアップした方がいいですね。


>ぷれでたさん

日経新聞は、朝売店で買うスタイルです。
なので+1000円ではなく、+4000円になってしまいますね。


>えくすさん

そうですねー。


>名なしさん

ご忠告、痛み入ります。


>kenzさん

日経テレコンの無料サービス、いいですね。
たしか野村のそれは廃止になってしまいましたよね。
他もいつまで無料かわかりませんよ…(と不吉なことを言ってみる)


>タカちゃんさん

やはりブロガーとしては、気軽にコピペできるとうれしいですね。
日経電子版、まさかの右クリック禁止でしたよ。とほほ。


>吊られた男さん

紙からの引用は本当につらいです。
間違っちゃいけないと思って緊張もしますし。


>世界のREITさん

僕も注目したいと思います。


>とよぴ~さん

まだ皆さん様子見みたいですね。
動きはスムーズかとか、iPhoneで使えるかとか、各人いろいろ気になるところがあるようです。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)