ドイツ証券の海外ETF懇親会に参加。「db x-トラッカーズ」について聞いてきました

本日、ドイツ証券主催の「海外ETF懇親会」に参加してきました。

参加メンバーは、主催のドイツ証券さん4名と、楽天証券の新井氏、インデックス投資アドバイザーのカン氏、ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子氏、日経新聞社の田村氏・本間氏、ブロガーのイーノさん・ybさん・水瀬でした。
話は多岐に渡りましたが、いちばん聞きたかった海外ETF「db x-トラッカーズ」シリーズの疑問について答えをもらえたのがいちばんの収穫でした。

疑問
「db x-トラッカーズ」はシンセティック・レプリケーションなのか?

答え
はい。シンセティック・レプリケーションです。

スッキリしました。
しかも、以前の記事、「ドイツ銀行のETFはシンセティック・レプリケーション投資戦略を採用しているとのことなので補足記事」で、「db x-トラッカーズ」はシンセティック・レプリケーション戦略を採用していることと、ドイツ銀行のカウンターパーティー・リスクをとっている商品であることは書きましたが、今回、これに加えて良い情報が得られました。
(シンセティック・レプリケーションとは何か?カウンターパーティー・リスクとは何か?については上記記事参照)

それは、

・ETF投資家がカウンターパーティーであるドイツ銀行の信用リスクにさらされることを防ぐため、ドイツ銀行が担保有価証券をETFに対して提供している

ということです。

更に詳しく言うと、「db x-トラッカーズ」はルクセンブルグ籍のETFで、ルクセンブルグのファンドに課せられるルールとしてUCITSⅢ指令という法令があり、カウンターパーティー・リスクをNAVの10%以上取れないことになっている。
そこで、ほとんどのプロバイダーはカウンターパーティー・リスクを削減するために90%以上の担保を設定しているが、特にドイツ銀行の場合、NAVの100%~120%の担保を設定し、日々値洗いをしている。
設定された担保は、独立したカストディアン(ドイツ銀行の場合はステート・ストリート)に保管され貸し株等に出されることはないとのこと。

つまり、「db x-トラッカーズ」は、ドイツ銀行のスワップ・カウンターパーティー・リスクを担保証券で相殺しているということです。
これで、ドイツ銀行のカウンターパーティー・リスクをいたずらに恐れる必要はないということが分かりました。

これは大きな収穫でした。
そうならそうと、情報を公表してくれれば警戒しないのに~と思いましたが、運用会社は運用会社で一般向けにどこまで情報を出すべきなのか悩んでいるようで、今回のような懇親会が開かれたという経緯もあったようです。

本情報が何かのご参考になれば幸いです。


※実際に「db x-トラッカーズ」を購入される際には、ご自身でご確認の上、自己責任でご判断されるようお願いいたします。
関連記事


  





コメント

担保は所詮担保なんで、差し押さえたとしてETFの純資産とイーブンにはならない可能性は十分にあります。いざとなったら評価額なんてアテにならないのが相場ですから。もしそのような事態に陥ったら指数運用なんてまず不可能です。カウンターパーティリスクを抱えた証券であるという認識は変えずにいた方がよいと思います。水瀬さんがそんな安易に考えているとは思いませんが、引き締めの意味も込めまして。

>kackyさん

そうですね。
現物に裏づけされているものではないということは知っておいた方がいいと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)