中央三井アセットマネジメントが低コストのインデックスファンドを設定

ロイターによると、4月6日に中央三井アセットマネジメントが低コストのインデックスファンドを設定するようです。

CMAM日本株式インデックスe
 (TOPIX連動・信託報酬年率0.3885%・信託財産留保額0%)
CMAM外国株式インデックスe
 (MSCIコクサイ指数連動・信託報酬年率0.5250%・信託財産留保額0%)
CMAM日本債券インデックスe
 (NOMURA─BPI総合連動・信託報酬年率0.3885%・信託財産留保額0%)
CMAM外国債券インデックスe
 (シティグループ世界国債インデックス連動・信託報酬年率0.5250%・信託財産留保額0%)

伝統的4資産のみですが、STAMシリーズやeMAXISシリーズよりも低い信託報酬になっています。
販売手数料は、いずれも最大2.1%となっていますが、実際に販売会社がどれだけ取るかはまだ不明です。
ただ、その販売会社が、中央三井信託銀行のみというのが惜しいところ。
ネット証券へのノーロードでの拡大を期待します。

少し長期的な話になりますが、今後も少しずつ信託報酬を下げながら新しいインデックスファンドが出てくると思います。
いずれ既存のDC専用インデックスファンドかETFと同等レベルまで信託報酬レベルは下がってくるのではないかと考えています。
なので、個人的にはCMAMシリーズを買うためだけに、中央三井信託銀行に口座開設はしないと思います。

いずれにしても、うれしい悩みですね(^^)

P.S
余談ですが、「CMAM」って中央三井アセットマネジメントの略だと思うんですが、何て読むんですかね。
「シーマム」でしようか。
関連記事


  





コメント

彼女のお母さん?w

信託報酬の低廉化ニュースは嬉しい限りなのですが、僕もその都度口座開設に踊らされ奔走するのが面倒臭くなってきて、実は未だに外国株式クラスの一部分をステートストリートのファンドで保有してたりします(^_^;)

もちろん適当だと思ったタイミングで適当だと思ったものにリレーするつもりではありますが…


カモン!401Kファンド一般販売解禁!!

CMAM

CMAM=シーマム
と通常呼んでいます。

経営統合

住信と中央三井は経営統合される予定ですので、販売エリア等の
問題はないにせよ「重複商品」をどうするか?ですね。
株主総会で聞いたら他の株主から「・・・・」になりそうなので
やめておきますw

既存商品は継続でしょうけど経営統合後の新商品に期待でしょうかね

嬉しい悩み

はじめまして。いつも勉強させていただいております。

現在はSTAMを中心にインデックス運用していますが、使う予定はあるけどしばらくはまだ使わない予定の資金をMMFで運用しておりましたが、eMaxisの日本債権をでの運用を開始しようと思っていた矢先に新しいのが出てくるとはなんというタイミング、という感じです(笑)

中央三井信託銀行の口座は持っていないので、今のところは購入対象にはならないですが、嬉しい悩みですね。

アメリカのようにETFに近いぐらいの信託報酬に下がってくれると嬉しいですね。

来年あたりに国内は0.3%位なのが

出るかもしれませんね。
ここまで安くなるとETFとか個人向け国債を買うよりそちらを買うことになるかもしれません。
分配金の再投資は自動になるし。
ますます投資しやすくなりそうです。

>虫とり小僧さん

リレー先は十分にコストが下がり切ったものになるのでしょうから、その途中のものにはそれほどこだわらないというのもひとつの見識だと思いますよ。


>ないしょさん

シーマムで当たりですか。
よかった(^^)


>龍王さん

住信・中央三井の経営統合!すっかり忘れてました。
どうなるんでしょう?注目ですね。


>skさん

はじめまして、skさん。
ホントうれしい悩みですね。
手間とコストをはかりにかけて判断ということになると思います。


>ぷれでたさん

国内だと既に「ニッセイ日経225インデックスファンド」が信託報酬年0.2625%ですね。
TOPIXじゃないのが悩ましいところですが(^^;

私も最終的には信託報酬はDCやETF並になると予想しています。

そして、それまでの道のりのためにはいくつもの踏み台となる商品があるような気がしています。CMAMがノーロードでネットでの取り扱いがあるようだと、STAMやeMAXISはピンチですね。

>吊られた男さん

我々の予想どおりDCやETF並になるといいですね。
それまではせこせこETFにリレーします。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

イマイチ盛り上がらなかったようで・・・

JUGEMテーマ:資産運用  中央三井アセットマネジメントが低廉な信託報酬を特徴にしたインデックスファンドを設定するそうです。日本株式、日本債券、外国株式、外国債券のアセットクラスに各々1本ずつ、計4本です。【CMAM日本株式インデックスe】【CMAM日本債...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)