「上場MSCIコクサイ株」(1680)と「上場MSCIエマージング株」(1681)に関する日興アセットマネジメントのコメントと個人的感想

QUICK MoneyLifeに、「上場MSCIコクサイ株」(1680)と「上場MSCIエマージング株」(1681)に関する日興アセットマネジメントのコメントが出ていました。

QUICK MoneyLife 東証ETF活用プロジェクト [ なるほど!ETF ]
【第2回】ETFプロバイダーに聞く――日興アセットマネジメント
ETFは「投資家に優しいハイテク金融商品」。投資の労力や時間もコストに含めて考えたい

詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、要点を勝手に無理やりまとめると以下のような感じでしょうか。

・販売手数料や信託報酬などの運用コストだけでなく、投資家が投資のために費やす労力や時間もコストと考えると、ETFの投資価値は相対的に上がるのではないか
・証券会社が組成したリンク債をETFに拠出させる仕組み、デリバティブの一種であるトータル・リターン・スワップやGDR(海外株式預託証券)の応用などは、リスクコントロールの難しさや税制の違い、法制度の壁、運用コストなどの点で採用するには至らなかった。最後に行き着いたのが、今回導入した先物取引を応用したスキーム
・日本でのETF運用は非常に精度が高くて安心だと言われてきた。国内ETFの特長は活かしていきたい
・今後はウェブサイトやセミナーなどを通じて、個人投資家へ直接アプローチする仕組みも拡充していきたい

なるほど。
ここからは、個人的な感想ですが…
たしかに、海外ETFと比べて国内ETFは投資家の手間が少ない(外貨決済や分配金に対する外国税額控除など)ので、価値は高いと思います。
しかし、先物を中心とした運用というスキームが投資家に受け入れられているかどうかは少々疑問です。やはり気になるというブロガーも何人かいるようです。
あわせて、機関投資家がこのスキームをどう判断しているかが不透明です。出来高を見ている限り、機関投資家に積極的売買されているような感じは「今のところ」しません。
(1680の出来高33,990、1681の出来高56,130 <参考>1306の出来高3,453,880 ※2010年3月29日現在)
また、日本のETFは精度が高いという特徴を活かしていきたいと言っていますが、1680・1681のNAVとの乖離率を見る限り、「今のところ」個人的に許容範囲以上の乖離が出ていると感じます。
(1680の乖離率+2.07%、1681の乖離率+2.19% <参考>1306の乖離率+0.06% ※2010年3月29日現在)

先物運用の是非はともかく、出来高とNAVとの乖離率については、「今のところ」満足とはいえない状況だと思います。
「今のところ」としつこく書いているのは、まだ上場して間もないからです。
もう少し長い目で見る必要があると思います。
個人投資家へのアプローチする仕組みも拡充したいとのことですし、今後に期待したいと思います。

なんたって、個人投資家のコアになり得る、国内ETFの大本命ですから。
関連記事


  





コメント

そうですね。長い目で見守っていくことが大事だと思います。
小額ですが自分の金を投じて育ててみたい、でも乖離率が大きすぎ・・・。
というのがジレンマです。

はじめまして。
この二つETF、非常に興味はあるのですがまだ勉強不足で、今使っているインデックス投信からリレーすべきか悩んでます。勉強不足の一点が、この「先物を取引を応用したスキーム」で、「インデックス相似の現物投資」と同じだけの配当がETFに入ってくるのか?なのですが、どうなのでしょうね?(トラッキングエラーは上ブレしても、ETFから投資者に分配金はできるだけ出してほしくないですが、現物株からの配当の元本への再投資は重要なファクターと思いますので)

こちらのブログをご覧になるような皆さんは当然、「乖離率の大きさ」と「出来高の少なさ」が意味するリスクを理解されているでしょうから、あまり手を出さないですよね。
でも、こちらのブログをご覧になる人らが買わなかったら、いったい誰が手を出すんだ、という商品でもあるので、私は結構悲観的です。

最近は、ネット証券が外国株も特定口座に入れてくれるようになれば、インデックス投資はそれで良いんじゃないかと思うようになりました。

出来高が増えて乖離率も下がってくればいい投資になるのですけどね。といった他力本願に陥ってしまうのがパッシブ運用の弱点ではあります。これは甘んじて受けるしかないのでしょうなぁ。敢えて買うというのも一考ですが、2、3%の手数料をマーケットに支払ってしまうとペイするのに何年もかかってしまうのでいいことはあまりありません。

>親心さん

仰るとおり。
長い目で見守っていくべきだと思います。


>三年寝太郎さん

そのご質問は個人ブログであるうちではなく、運用会社にするべきだと思います。


>tetsueさん

1680・1681の乖離率がおさまるのが先か?
ネット証券の海外ETF特定口座対応が先か?
インデックスファンドの信託報酬がETFレベルまで下がるのが先か?
三つ巴の戦いですね。


>kackyさん

良くも悪くもパッシブ…(^^;

不適切な書き込み、失礼いたしました。以後、気をつけます。

>三年寝太郎さん

いえいえ、なんだかきつい言い方になってしまい申し訳ありませんでした。
その方が正確な情報が得られるんじゃないかなと思った次第です。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)