「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」3月分の投資を実行

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」3月分の投資を、本日3月31日に行ないました。
(ご参考)ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

今月は、買い場を探っているうちにどんどん株高&円安になり、ついに月末を迎え期限切れ。思いっきり根性なし投資になってしまいました。orz
まぁ、こんな月もあるわな。

購入投資信託は、今月から変更ました。以下の3本です。

eMAXIS 先進国株式インデックス
eMAXIS TOPIXインデックス
※上記2ファンドは、投資額が積み上がった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF、VANGUARD TOTAL STOCK MARKET ETF(VTI)及びiShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)へ乗り換えます。(最近ごぶさたですが)
MHAMのMMF

今後積み立てる外国株式クラスを、「STAM グローバル株式インデックス・オープン」から「eMAXIS 先進国株式インデックス」に変更しました。
理由は、信託報酬の低減(年0.7770%→0.63%)と信託財産留保額の低減(0.05%→0%)です。
リレー投資用ファンドとしては、信託財産留保額がなくなるのはうれしいです。

また、同じく今後積み立てる日本株式クラスを、「インデックスファンドTSP」から「eMAXIS TOPIXインデックス」に変更しました。
理由は、信託報酬の低減(年0.546%→0.42%)です。信託財産留保額は元々ありませんでした。
「ニッセイ日経225インデックスファンド」の信託報酬年0.2625%と最後まで悩みましたが、ベンチマークがTOPIXであることを優先させました。ここは趣味の問題です。

2本ともeMAXISシリーズになりましたが、今までeMAXISシリーズはいわゆる「隠れコスト」などが気になって様子を見ていましたが、先日の第1回決算を見て(3か月分とはいえ)、そう変なものではないだろうとの判断をしました。

ところで、「なぜ新興国株式クラスは積み立てないの?」と聞かれることがあるのですが、新興国株式クラスはスポット購入したVWOがどんどん増えてしまい、アセットアロケーション的に追加投資できない状況がずっと続いているためです。

自分が納得できる低コストファンドで、愚直に積み立て投資を継続したいと思います。

※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。


<ご参考>
上記商品は、全て楽天証券で購入しています。(会社名をクリックすると口座開設できます)
楽天証券
関連記事


  





コメント

改善の余地はまだ有りそう

インデックスファンドシリーズも随分低コストになったなあ~って思いますが、401kで見られるDC専用インデックスシリーズに比べてまだまだ信託報酬が高いので、改善の余地は十分あります。
素朴な疑問ですが、何故、DC専用インデックスファンドと一般に売られるインデックスファンドに信託報酬に差が有るのか不思議です。
米国と日本を比較するのならばともかく、同じ日本のインデックスファンドにもこんなに差が有るのは???なんです。

一部意味不明な事を書いたので削除しました。

eMAXISのオフィシャルページに、
「2010 年3 月10 日開催 ブロガーミーティング 【eMAXIS(イーマクシス)運用報告会】の概要」との31頁もの
pdfファイルがアップされましたね。
こういう情報公開の姿勢はいいですね。
応援したくなります。

年度末は円高になる確率が高いと

聞いてましたが外れましたね。
私は中旬に買ってたので一応良かったです。

>「ニッセイ日経225インデックスファンド」の信託報酬年0.2625%と最後まで悩みましたが、

これがあるのを忘れてました。信託報酬は安いですね。
私は日本株は買わないので国内債券の低コスト版に期待です。

>タカちゃんさん

何年か前に同じ疑問を記事にしたことがあります。
ご参考まで。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-185.html


>世界のREITさん

おー、やっとアップされましたか。
ブロガーだけずるいじゃないかとお思いの方もいらっしゃったと思うので、よいことだと思います。


>ぷれでたさん

ニッセイ日経225インデックスファンドは資産額も順調に増やしているようです。
このコストでTOPIXモノがあれば…と思うのですが(^^;

質問です。

いきなり1306を買わずに、「eMAXIS TOPIXインデックス」からリレーするのにはどのような利点があるのでしょうか?

お手数ですが、ご教示ください。

>林田さん

「eMAXIS TOPIXインデックス」のリレー先は、1306ではなく、海外ETFのEFA(の日本株式部分)だからです。
1306も少し持っていますが、海外ETFが出てくる前から持っていた分だけです。

RE:

EFA(の日本株式部分)にリレーされているんですね。

では1306からEFAにリレーするのとでは利点があるのでしょうか?

度々の質問ですみません。

>林田さん

1306の信託報酬は年0.1155%で、EFAの信託報酬は年0.34%です。
普通に考えて、信託報酬が低いものから高いものにリレーするということに利点があるとは思えません。

私は今のところIVV(米国株式)+EFA(米国以外の先進国)で先進国に投資しています。
組み合わせのトータルコストを見ていますので、日本株式部分だけ切り取って考えていません。

1306(0.1155%) -> EFA(0.34%)と、
eMAXIS TOPIXインデックス(0.42%) -> EFA(0.34%)の比較についてお聞きしたかったのです。
リレーすることを前提とするのであれば微々たるものかもしれませんが、1306のほうが安上がりかと・・・

前者では不都合があるのかなと疑問に思いました。

>林田さん

個人的に、ETFがドルコスト平均法に向かないと思う理由は以下のとおりです。

・金額指定購入ができない
・購入時も売却時(リレー時)にも売買手数料がかかる

もちろん、購入金額やリレー周期によって、有利・不利は変わってくると思われますので、あくまで自分の場合はこうだというだけです。
林田さんもご自身でいちばん自分に合う商品を選択してくださいね。

> 水瀬 様

納得いたしました。信託報酬ばかりに目が行っていました。
ありがとうございます。
自分にあうルールを探していきたいと思います。

投資額が積み上がった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF、VANGUARD TOTAL STOCK MARKET ETF(VTI)及びiShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)へ乗り換えます・・・金額的にどれくらいで乗り換えされるのか教えてください。(現在、セゾン投信を積み立てているのですが、将来ETFへ乗換えを希望しています。100万、200万位でしょうか)

>tanntinnさん

同じようなご質問を何度かお受けしております。お手数ですが以下のコメントをご参照ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1243.html#comment9030

参考になりました。ありがとうございます

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)