「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(岩崎夏海著)は組み合わせの妙

水瀬ケンイチ

巷で話題の「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(岩崎夏海著)を読みました。
投資本ではありませんが、面白かったのでご紹介します。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

ダイヤモンド社 2009-12-04
売り上げランキング : 4
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools

内容は、野球部の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読み、その教えをもとに、皆で力を合わせて甲子園を目指すという汗と笑いと涙の青春物語です。

なんといっても、経営学のドラッカーという難しい題材を、高校野球という誰もがとっつきやすいテーマで見せるという着想がすごい。
ドラッカーの名言の数々がすんなり頭に入ってきます。また、それを自分の身近なものに活用できそうだと思わせてくれます。
本当に頭の良い人は、難しいことを簡単に説明できる人だとよく言われます。
そういう意味では、本書は大成功しているのではないでしょうか。



また、一見、関係がなさそうなものを組み合わせることで、より良いものができるという好例とも言えます。
高校野球の女子マネージャーとドラッカーですからね。組み合わせの妙だと思います。
投資本で言うと、

「もしカーリング娘がマルキールの『ウォール街のランダム・ウォーカー』を読んだら」
「もし土佐のカツオの一本釣り漁師がシーゲルの『株式投資の未来』を読んだら」

みたいな感じでしょうか。
あれ?テキトーな思いつきの割には意外に読んでみたいかも…(笑)

話が脱線しましたが、先日、NHKの番組で本書が取り上げられているのを見ました。
作者の岩崎氏はオンラインゲームのチームプレイに、ドラッカーのマネジメントを適用して成功したことを語っていました。
ここでもまた、なんという組み合わせの妙!

本書は「ドラッカーに興味はあるけど二の足を踏んでいる」というビジネスマンにぴったりです。もしそういうかたがいらっしゃいましたら、表紙を毛嫌いせず、ご一読されることをおすすめします。
笑いと涙とともに、本家の「マネジメント」も読みたくなること請け合いです。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ