投資信託のいわゆる「隠れコスト」って何?

投資信託の運用コストを評価する時に、信託報酬の多寡を見るのが一般的かと思います。
少し詳しい人は、いわゆる「隠れコスト」も見なければいけないと言います。

でも、その「隠れコスト」って具体的になんのこと?とお思いのかたも多いかと思います。
それを簡潔に説明してくれているレポートがありましたのでご紹介します。

住信アセットマネジメントWEBサイト レポート&コラム
STAM インデックスシリーズ Vol.17 「インデックス運用にかかるコスト

詳しくは上記レポートをご覧いただきたいのですが、このレポートで説明されているコストのうち、「その他費用」に分類されているものが、いわゆる「隠れコスト」です。
具体的には……
1. 有価証券の売買にかかる手数料
投資信託の運用を行う場合、有価証券の売買に際してかかる費用のことです。株式や債券等を売買するためには、その売買代金に対して手数料が発生します。取引手数料が自由化された国が多く、比較的低コストでの売買が可能ですが、この費用は売買の都度、信託財産から差し引かれます。

2. 外国証券における管理費用(カストディーフィー)とは
外国株式・外国債券等の現地保管・受渡にかかる費用のことで、以下の2つに大別されます。
・セーフキーピングフィー:保管にかかる費用(残高に応じてかかります。)
・トランザクションフィー:売買等にかかる費用(1件の売買等につきかかります。)

3. 監査報酬とは
信託財産に関して監査証明を取得するための費用のことです。

(上記レポートより抜粋)


なんとなく、イメージがわいたでしょうか。
僕も理解できる項目といまいちよくわからない項目があります(^^ゞ
でも、「隠れコスト」は信託報酬とは別にしっかり取られる費用ですので、その合計金額くらいは押さえておきたいところです。
また、補足ですが、「隠れコスト」は、信託報酬と違い毎年同じではなく、その年によって変わる場合が多いようです。

これが少しくらいなら問題ありませんが、投資信託によっては意外と高く、信託報酬と合計した実質コストは思っていた以上に高かったなんてこともあるので、注意しろと言われているわけです。

じゃあこれってどこに掲載されているの?ということになりますが、これは投資信託の決算ごとに発行される「運用報告書」に掲載されています。
最後に、ファンド情報サイトで、「隠れコスト」まで掲載されているスグレモノがありますので、ご紹介しておきます。
僕は複数ファンドを効率的に調べたい時などに活用させてもらっています。

DFC FUNDGIDE
(追記)2011/02/18 現在はサービス中止しています。現在はモーニングスターで「隠れコスト」まで見られるようになってます。
投資信託の「隠れコスト」も把握した上で、気持ちよく運用したいものです。
関連記事


  





コメント

運用報告書に記載されているのだから、「隠れ」コストではないと思います。運用報告書を読まない方が多いのでしょうか?職業柄(会計士です、一応)でしょうか、私は運用報告書には必ず目を通しています。

分配金の場合

最近は分配型投資信託を好む傾向にありますが、困るのは分配をするたびに組み込まれている有価証券の売却によるコスト負担の筈です。
少し前に分配の事が話題になりましたが、これほどにまでコストの実態が知られていないのもビックリです。
だからと言って、現金比率を高めればベンチマークとのかい離の問題も出てきますから、高分配ファンドって信託報酬以外でもコスト負担が求められている事実は知っていて欲しいです。

これが株式配当の場合は、ROEの低い企業では株価の上昇や敵対的買収を防ぐ意味で配当性向を大きく上げて高配当を実現する事が出来ますが、これは事務的なコストに比べて遥かに効果が上がる物です。
企業にとって、配当政策は非常に重要ですが、これを投信で組み込むと話が変わってきます。
投信その物が高分配を実現しても企業の場合と違ってメリットが見受けられません。
逆を言えばROEが低い企業は内部留保が多ければそれだけ株価が下落する事を知っている経営者ってどれだけいるのかと言う点も気がかりです。
一見、似ているようで全く違うのが投信の分配金と株式配当ですね。

>Eureka!さん

あはは、確かに隠れてませんね。
日本でも米国のように、信託報酬だけではなく全ての費用を含んだTOTAL EXPENSE RETIOの表記が一般的になればいいのにと思います。


>タカちゃん

タ…タカちゃんさん、分配金ネタはしばらくそっとしておきませんか?(笑)

住信アセットマネジメントのコラムはわかりやすくて私もいつもチェックしています。しかし、隠れコストまで掲載されているサイトは知りませんでした。いつも貴重な情報ありがとうございます。

マネー雑誌でも訳知り顔のFPの方々が名目上の信託報酬比較のみからお勧め低コストファンドの順位を大々的に発表している記事を見ると、やはり隠れコストは知らない人が多いようですね。

>分配金ネタはしばらくそっとしておきませんか?(笑)

た、たしかに。 そっとしておきましょう(笑)

失礼しました

>分配金ネタはしばらくそっとしておきませんか?(笑)

しばらくの間は、そっとしておきます。

>kenzさん

このコラムは、他にも「インデックスファンドの歴史」とかけっこういいコンテンツ揃えているんですよね。
今回が最終回なのがもったいないですね。


>タカちゃんさん

よろしくー(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)