楽天証券、中国セクター別ETFなど中国ETF8銘柄追加。先日追加のiシェアーズよりも低コスト

水瀬ケンイチ

楽天証券が、ドイツ銀行グループが提供する中国ETF 8銘柄を2010年4月15日(木)より、取扱いを開始するようです。

楽天証券WEBサイト お知らせ
2010/4/14 中国セクター別ETF!8銘柄取扱い開始!

追加銘柄は以下のとおり。

・ディービー・エックス・トラッカーズ-MSCIパシフィック(除く日本)トータルリターン・ネット・インデックス ETF
(信託報酬 0.45%)
・ディービー・エックス・トラッカーズ-CSI300中国A株インデックスETF
(信託報酬 0.50%)
・ディービー・エックス・トラッカーズ-CSI300中国A株銀行インデックスETF
(信託報酬 0.50%)
・ディービー・エックス・トラッカーズ-CSI300中国A株一般消費財インデックスETF
(信託報酬 0.50%)
・ディービー・エックス・トラッカーズ-CSI300中国A株素材インデックスETF
(信託報酬 0.50%)
・ディービー・エックス・トラッカーズ-CSI300中国A株不動産インデックスETF
(信託報酬 0.50%)
・ディービー・エックス・トラッカーズ-CSI300中国A株医薬品インデックスETF
(信託報酬 0.50%)
・ディービー・エックス・トラッカーズ-CSI300中国A株運輸物流インデックスETF
(信託報酬 0.50%)



はて、どっかで聞いた気が…デジャブ?
と思ったかたは鋭い!実は楽天証券では2月にも、中国セクターETFを出しています。
(関連記事)
2010/02/19 楽天証券、中国セクター別ETFなど中国ETF5銘柄追加

ただし、その時は「iシェアーズ」ブランドのETFで、信託報酬が0.99%でした。
今回の「db-x」ブランドのETFが信託報酬が0.50%(除くパシフィック)なので、こちらの方が低コストです。セクターの種類も多い。
しかも、「db-x」シリーズは無分配の可能性があります(未確認なので各自でお問い合わせください)。

セクター戦略を採ってるかたには、新興国のセクター別ETFというのは面白い投資対象になるのではないでしょうか。
個人投資家の選択肢が広がることはよいことだと思います。

楽天証券さん、グッジョブ!(^^)b


<ご参考>
楽天証券は以下から資料請求・口座開設できます。(無料)
楽天証券


<追記>2010/04/15
SBI証券も2010年4月15日から同じETFを取扱開始するようです。
「上海万博」直前!国内初となる中国セクター別ETFを含む8銘柄追加!

SBI証券は以下から資料請求・口座開設できます。(無料)
SBI証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ