日興アセット、「上場インデックスファンド日本高配当(東証配当フォーカス100)」を5月13日設定

日興アセットが「東証配当フォーカス100指数」に連動するするETFを5月13日に上場させるとロイターが報じています。

上場インデックスファンド日本高配当(東証配当フォーカス100)
 (東証配当フォーカス100指数連動・信託報酬年率0.294%)

「東証配当フォーカス100指数」というのが聞き慣れないですが、『時価総額および予想配当利回りに着目して選定された100銘柄(株式90銘柄、REIT10銘柄)を対象とする指数』(ロイターより)とのこと。
要するに高配当銘柄ということだと思います。
高配当銘柄ETFは初上場です。

まだ、分配方針など詳細がわからない部分はありますが、日本株式クラスの中では、久々に面白いETFが出てきたなという感じです。

ただ、このインデックス自体が出来たばかり(2010年2月26日が基準日)ということなので、どのような値動きをするのか未知数な部分は少々心配です。
また、倒産しそうなヤバめなREITが入っていなければいいなと思ってしまいます。

でも、面白い投資対象であることは間違いないので、要チェック銘柄として続報を待ちたいと思います。


<追記>2010/04/28
日興アセットのWEBサイトに販売用パンフレットがアップされていました。
http://www.nikkoam.com/files/etf/_shared/pdf/etf_jhigh_100426.pdf
これによると、決算は年4回、上位10銘柄が占める割合は約47%とのこと。

また、東証のWEBサイトに東証配当フォーカス100指数構成銘柄(平成22年3月8日現在)がアップされていました。
http://www.tse.or.jp/market/topix/data/focus100-201003j.pdf
どの銘柄がどうだという判断はここではくだせませんが、ご参考まで。
関連記事


  





コメント

はじめまして、いつも勉強させて頂いております。
リーマン後に、国内株とFXを始めました。こちらのサイトや内藤忍さんの本で少しずつ分散投資にシフトしていこうと思っているのですが。
債券について勉強してる中で、最新号のエコノミストに今後、ギリシャのように先進諸国の国債が売れにくくなり結果的に長期金利があがって、債券価格、値下がりといった考察をみかけました。
水瀬さんはどのようにお考えでしょうか?
いきなりの質問で失礼とは存じますが、ご教授いただけたら幸いです。

面白そうです

海外ではこの手のETFは結構有ります。
基準をどのように取るかで銘柄が大きく変わります。
このケースでは予想配当利回りって事になっていますが、配当加重平均を採用している海外ETFも有ります。

これからは色んなタイプのインデックスが出てきて自分のニーズに合った物が上場されていれば、それを気軽に使えるので嬉しいです。

やってくれる投信会社が日興AMなので話題が多いです。
確か昔、日興AMの人がインデックス投資交流会の時に来ていた事も有りましたが、まさか一発逆転を狙った商品の開発のヒントの為だったりと良い意味でスパイ活動をやってくれると将来(と言うか今ですが)注目の的になりそうです。
良い商品開発にも期待しています。

>ノアさん

申し訳ありません。将来のことは分かりません。。。
ご参考まで、債券投資の参考になりそうな過去記事をご紹介しますね。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-798.html
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1057.html


>タカちゃんさん

このETFは面白そうですよね。

そういえばインデックス投資交流会に日興AMのかた、いらっしゃいましたね。
言われて思い出しました(^^ゞ

パンフレット見ました

指数はやはりそれなりにアップダウンがありますね。
リスク許容度と相談です。
高配当株は個人的に好きなので昔の私ならすぐに買ってたでしょう(^^;;;

>SBI証券は、海外ETFの新規取り扱いでも、なぜかあっさりとしか告知しません。
>なんでだと思いますか?

なんででしょうね。
STAMもeMAXISも売れているのは外国株なので外国株インデックスは売れると思っているのかもしれません。
商品が多すぎて細かい配慮はできないんでしょう。
その辺は楽天の方が親切なんでしょうかね?
他にはなぜだか株式&投信と10年物国債は合計表示が出なくて別表示になってたりします。(これも謎)

ご返答ありがとうございます。
未来の予測はできない、おっしゃるとおりですよね^^;
だからこその分散長期投資なわけで・・
お聞きしたかったのは、ここ数年で変化してきた思われる、
債券の環境について、どのように考えてらっしゃるのかなと。

儲かる株を教えてくださいとかそういう、たぐいの質問の意図でなかった事はご理解ください。

ノアさんへ

老婆心ながら、内藤さんは(立場もあり?)リスクを過小評価し、長期分散やドルコストの効果を過大評価する傾向があるように思います。
20年後30年後に後悔しないためにも、山崎さんの著書や文章をあわせて読むことをお勧めします。

reit

このETFにREITが10銘柄含まれており、倒産すれば・・とのことですが、もうREITの倒産はありません。
上位10銘柄とのことですから、増して心配はないでょう。

>ぷれでたさん

パンフレット、僕も見てみました。これですね。
http://www.nikkoam.com/files/etf/_shared/pdf/etf_jhigh_100426.pdf

決算は年4回、上位10銘柄が占める割合は約47%。
いい面と悪い面の両面があるような気がします。


>ノアさん

現状も将来も同じです。よく分かりません(^^;


>名なしさん

内藤氏がどうかは別として、リスクを厳し目に見積もっておくことには賛成です。


>信濃の国さん

世界金融危機で、ニューシティ・レジデンス投資法人が倒産したような気が…。
その後、何か法改正でもなされたのでしょうか?無知で申し訳ありません。

水瀬さん、名なしさん、ありがとうございました。
もう少し勉強してからですが、
為替ヘッジ程度のつもりで外債投資はしてみようかと思いました。
今後も参考にさせていただきます。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)