マネックス限定ノーロドファンド2本追加

マネックス証券が、2010年5月10日より「ピクテ・インデックス・ファンド・シリーズ-中国H株」、「ピクテ・インデックス・ファンド・シリーズ-ブラジル株」の募集を開始するそうです。

マネックス証券 WEBサイト 会社情報
4月26日 マネックス限定ノーロードファンド、5月10日募集開始!

ピクテ・インデックス・ファンド・シリーズ-中国H株
(中国H株指数連動・販売手数料なし・信託報酬0.945%・信託財産留保額0.4%)
ピクテ・インデックス・ファンド・シリーズ-ブラジル株
(ブラジルボべスパ指数連動・販売手数料なし・信託報酬0.945%・信託財産留保額0.6%)
※通常の解約時信託財産留保額のほかに、追加設定時信託財産留保額があるので注意。詳しくはマネックスのサイト参照。

国別の外国株式インデックスファンドは珍しいですね。
個人的には、新興国株式クラスについては広く分散されたインデックスを好んでいますが、中国、ブラジルに特別な思い入れがあるかたには、良い選択肢ができたのかもしれません。
海外ETFにも同じような商品はありますが、このインデックスファンドは1,000円から買えますので、小口から投資できます。

ピクテ・インデックス・ファンド・“シリーズ”といっているので、今後、他の商品が出るのかもしれません。
分かりませんが楽しみです。

ひとつ懸念点があるとすれば、取り扱いがマネックス証券限定というところです。
マネックス証券にとっては差別化できていいのでしょうが、投資家から見ると、1社のみの取り扱いで今後十分な資金流入が確保できるのか少々心配です。

インデックスファンドの途中償還はもう見たくないので、頑張ってほしいです。


<ご参考>
マネックス証券は以下から資料請求・口座開設できます。(無料)
マネックス証券
関連記事


  





コメント

債券運用で有名なのはピクテではなくてピムコでは・・・。

>ゴローさん

うひゃ、恥ずかしい勘違い。
ご指摘ありがとうございます。
記事を修正します。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)