SBI証券に続き楽天証券でも「CMAMインデックスe」シリーズ取り扱い開始

水瀬ケンイチ

SBI証券に続いて楽天証券でも、4月30日より「CMAMインデックスe」シリーズを取り扱い開始するようです。

楽天証券 WEBサイト
当初募集/新規取扱い 投資信託

シリーズ内容をもう一度おさらいしておくと、伝統的4資産(国内外の株式・債券)のみの設定ですが、信託報酬は、STAMシリーズやeMAXISシリーズよりも安いです。

・中央三井-CMAM外国株式インデックスe
(販売手数料なし・信託報酬0.525%・信託財産留保額なし)
・中央三井-CMAM外国債券インデックスe
(販売手数料なし・信託報酬0.525%・信託財産留保額なし)
・中央三井-CMAM日本株式インデックスe
(販売手数料なし・信託報酬0.3885%・信託財産留保額なし)
・中央三井-CMAM日本債券インデックスe
(販売手数料なし・信託報酬0.3885%・信託財産留保額なし)



インデックスファンドの取り扱い金融機関は多いほうが、純資産規模的にも、何かあったときの移管先としても、個人投資家としては安心です。
あとはマネックス証券でしょうか。

なにはともあれ、楽天証券さん、グッジョブ!!(^^)b


<ご参考>
楽天証券は以下から資料請求・口座開設できます。(無料)
楽天証券

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ