SBI証券に続き楽天証券でも「CMAMインデックスe」シリーズ取り扱い開始

SBI証券に続いて楽天証券でも、4月30日より「CMAMインデックスe」シリーズを取り扱い開始するようです。

楽天証券 WEBサイト
当初募集/新規取扱い 投資信託

シリーズ内容をもう一度おさらいしておくと、伝統的4資産(国内外の株式・債券)のみの設定ですが、信託報酬は、STAMシリーズやeMAXISシリーズよりも安いです。

・中央三井-CMAM外国株式インデックスe
(販売手数料なし・信託報酬0.525%・信託財産留保額なし)
・中央三井-CMAM外国債券インデックスe
(販売手数料なし・信託報酬0.525%・信託財産留保額なし)
・中央三井-CMAM日本株式インデックスe
(販売手数料なし・信託報酬0.3885%・信託財産留保額なし)
・中央三井-CMAM日本債券インデックスe
(販売手数料なし・信託報酬0.3885%・信託財産留保額なし)

インデックスファンドの取り扱い金融機関は多いほうが、純資産規模的にも、何かあったときの移管先としても、個人投資家としては安心です。
あとはマネックス証券でしょうか。

なにはともあれ、楽天証券さん、グッジョブ!!(^^)b


<ご参考>
楽天証券は以下から資料請求・口座開設できます。(無料)
楽天証券

関連記事


  





コメント

私は楽天証券をメインで利用しているので朗報です。
いずれマネックス証券も追随するでしょうね。

注目しています

日本債券クラスでこの信託報酬は安いです。
外国株式は1680を取るのか迷いますし、日本株式もETFが有ります。
日本債券は状況を見て使ってみようと考えています。

最近はギリシャ問題の他にもポルトガルなどもS&Pが長期信用格付けを格下げするなど、日本は大丈夫なの?的なQ&AがOKWaveでも多数登場しています。
最近は日本が危ないので高金利の南ア・ランド債券を買いましょうと言う証券マンのアドバイスまで有るらしくて呆れています。
あんまり変な意見に流されないように投資をやっていきたいですね。

やはり楽天は来ましたね

しかも全投信をちゃんと紹介している。親切だ。(^^)

>あんまり変な意見に流されないように投資をやっていきたいですね。

こういう意見ですよね。やや極端すぎるような気がします。
それにしてもこういうのを販促ネタにするとはねえ。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100413/213962/

QAサイトも見ましたけど回答者の説明が一部逆になってます。
まあ別サイトの話なのでいいんですけど。

最大手といえどSBI証券を利用していない人も多いと思いますので、楽天証券での取り扱いがあるのはいいことです。

SBI、楽天、マネックスの3社で取り扱ってくれれば、ネット証券で投信購入派の大多数はカバーできるはず。
従来通りならじきに取り扱いを開始ですが、マネックスさんはどうするのでしょう。(個人的にはマネックスは流れに乗らないという選択肢もあるように思うのですが・・・)

>SJPさん

僕も楽天証券メインです。
マネックスも続いてくれるといいのですが。


>タカちゃんさん

日本債券クラス、安いですよね。
でも現状で10年債の金利が1.3%以下なので、0.3885%取られるのもまだ悔しい気はしています。


>ぷれでたさん

全部紹介してましたね。
そのうち専用ページも作るんじゃないでしょうか。


>吊られた男さん

世の中にはマネックス派も多いので、マネックスにも取り扱ってほしいです。
インデックスファンドの場合、取り扱い金融機関は多いほうがいいと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

CMAMインデックスe、楽天証券でも取り扱い開始でリスクヘッジ

『販売会社が複数あることは、私たちが考える以上に重要です。販社が複数あれば、それぞれの販社内でそのファンドに対する【重要度・位置づ...

eMAXIS対CMAMインデックスeの評判

口コミで評判のeMAXISの強力ライバルが、4/30より楽天証券から発売されます。 その商品名は

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)