DC加入者はなぜ元本確保型に投資するのか?

確定拠出年金(DC)加入者の多くが元本確保型を選択していると言われていますが、「DC加入者はなぜ元本確保型に投資するのか?」というテーマについて、ニッセイ基礎研究所に面白いレポートが掲載されていたのでご紹介します。


ニッセイ基礎研究所 ニッセイ年金ストラテジー 2010年05月号(vol. 167)
DC 加入者はなぜ元本確保型に投資するのか?


詳しくは上記レポートをご覧いただきたいのですが、結論を勝手に無理やりまとめると、こういうことのようです。

・DC加入者の資産配分で株式投信が少ないのは、(1)株式の期待リターンを低く見積っている、あるいは、(2)株式運用のリスクを高く見積っている、という2つの理由が考えられる
・調査の結果、(2)株式のリスクを高く見積もっているからではなく、(1)株式の超過リターンが低いと考えているからだとわかった

個人的にはちょっと意外な結論です。
イメージ的には、なんとなくリスクを恐れて元本確保型を選択しているような気がしていました。

でもたしかに、レポートのデータでは、株式投信保有者と非保有者の比較で、リスクについては、保有者▲42.9万円、非保有者▲43.2万円と、両者とも「だいたい最大43万円くらい損する可能性はありそうだな~」と同じように見積もっているのに対して、期待超過リターンについては、保有者+8.9%、非保有者+1.3%と、非保有者の方が7%以上低く見積もっていることが分かります。

元本確保型に投資するかたは、株式のリスクを恐れる臆病者というわけではなく、株式のリターンに対してよりシビアに見ているしっかりさんなのかもしれません。
データで見ると、物事の意外な一面が見られて面白いですね。

もっとも、株式投信保有者と非保有者のどちらの見積もりが正しいのかは、現時点では分かりません。
答えが出るのは定年後、神のみぞ知るところです。
関連記事


  





コメント

日本株の場合は

日本については株式は長期低迷が現在でも続いており、これが抜け出せる見通しすら立っていません。
日経平均38000円の時代に比べて現在は11000円前後でして、しかも20年も経っています。
ですから、現在のところは日本株よりも預貯金の方が相対的にリターンが高くなっています。
これを考えれば、保守的になるのはある意味当然の結果です。

DCの場合は、どれが正しいかではなくて、現在凍結されている特別法人税が将来課税されても自分の投資方針で自分が納得いく結果になれば良いと考えられます。
現在のDC定期預金金利は特別法人税率を大きく下回っていますから、例え定期預金で有ってもDCの場合は元本が保証される訳ではない点を理解した上で利用した方が良いですね。

周りを見て決める人々

一番の原因は「金融のリテラシーの欠如」だと思います。
私の勤務していた会社も十数年前に「確定拠出年金」を導入しました。制度導入に際して「説明会」を開催しました。その際の説明は、公的年金の説明から、始まり概略の説明に時間を取られ、重要な投資信託の説明は時間足らずでした。説明会参加者は制度の概略は理解しても、「確定拠出年金の重要部分(資金運用)」は理解不足のままが大方でした。

運用開始手続きの段では、金融のリテラシーが無いので、大事な資産運用の配分を周りを見て決める人々がほとんどです。先輩・同僚がどうしているだろう。自分悪の意志は無く、結果元本確保型が多くなります。

また、そういう人々は自分の運用経過・結果を確認することもしません。「自分の口座番号」・「パスワード」さえも把握していない人が多くいます。これが現状ではないでしょうか。

このレポート。株のリターンじゃなくて、預貯金と比較した株の期待超過リターンなんですね。
3割を占める最大勢力の期待超過リターン0%の非保有者はともかく、4分の1を占める超過リターン5%、10%(保有者では過半数)を想定する非保有者が、リターンは魅力的と考えるもののリスク回避性向にあるのか、リターンが割に合わないと考えているのか。
(2)株式のリスクを高く見積もっているからではなく、(1)株式の超過リターンが低いと結論付けられるような調査内容ではないと思うのですが。
非保有者はリスク回避性向にあります~じゃインパクトありませんし、結論ありきのレポートと捉えられなくも。
非保有者の性向と直接関係のない保有者のデータを並べた統計マジック?

それにしても、超過リターン-30%の保有者は一体・・・
公営ギャンブルのwktkもないのに。

>タカちゃんさん

質問内容を見る限り日本株を示唆(100万円で優良企業数十社に投資する株式投資と説明)しているようです。
日本株式クラスの預金金利に対する超過期待リターンを1%程度と見積もるのは、相当な「ツウ」の意見に見えます。


>オーク X32さん

企業の401k導入における社員の「金融のリテラシーの欠如」は課題のようですね。
過去に同様のご意見をたくさんいただいています。
関連記事を書きましたので、ご興味があればご覧ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1383.html


>名なしさん

リスクとリターンで単位も違いますしね(万円と%)。
何らかの意思も感じますが、疑問点を含めて関連記事を書きましたので、ご興味があればご覧ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1383.html

それにしても、超過リターンがプラスにしてもマイナスにしても年率30%というのは、随分豪快な意見ですね(^^;

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)