「DC加入者はなぜ元本確保型に投資するのか?」についての余談

前回の記事、「DC加入者はなぜ元本確保型に投資するのか?」では、ニッセイ基礎研究所の調査による意外な結果をご紹介しました。

結論から言うと、DC加入者の資産配分で株式投信が少ないのは、(1)株式の期待リターンを低く見積っている、あるいは、(2)株式運用のリスクを高く見積っている、という2つの理由が考えられるが、調査の結果、(2)株式のリスクを高く見積もっているからではなく、(1)株式の超過リターンが低いと考えているからだとわかった、というもの。
僕がなんとなく、株式比率が低い人はリスクが怖いからだと思っていたので、リターンが低いからだというのは意外だったというお話でした。

データを見ると確かにそうなっており、面白いなと思うと同時に、実は、なんか腑に落ちないなとも思っています。
そこで、余談スタート。

今まで当ブログにいただいたコメントで、401k教育の現場がいかに適当で不十分かを表す事例をたくさんいただいていたことが引っかかっています。前回の記事にも同様のコメントをいただきました。それが正しい現場感覚のような気もします。
それに加え、質問が難しい。

「今から非常に長期(今後30年程度)の資産運用をする場合、株式投資は銀行預金と比較してどの程度有利だと思われるか」に対して「○○%」と選ばせるんですよ。曲がりなりにも株式投資をしている自分ですら、「えーと…株式のリスクプレミアムは○%程度と言われているし…日本株式クラスの過去リターンは大体○○%で、銀行預金利率が大体○○%だから…でも今後はリスクプレミアムは縮小するという見通しもあるし…金利は急上昇する可能性も言われているし…」などと知識を総動員しなければ答えられないような内容です。
「100万円で優良企業数十社に投資する株式投資を始めた場合、1年後、日本経済が予想以上に悪化した場合、最大でどの程度の損失を被るか」にしたって同様です。
それを、株式投信非保有者に聞いてるんですよ。う~む。

そこまで考えて、ある統計を思い出しました。

日本PTA全国協議会がやっている「子どもに見せたくない番組」調査で2004~2009年まで『ロンドンハーツ』が6年連続で1位。これだけ見るとどの親もぶっちぎりでロンハーを見せたくないと考えているように思ってしまうが、実は回答で一番多いのは「特になし」で実に6~7割を占めているという話。
「子どもに見せたくない番組」調査の真偽のほどは定かではありませんが、一般のアンケートで「特になし」や「わからない」が切り捨てられることはよくありそうな話ではあります。

翻って、今回のニッセイ基礎研究所の調査。
もしかしたら、リスクも期待超過リターンも「よくわからない」(だからこそ元本確保型にしてるんじゃ!)という株式投信非保有者のスナオな回答が、相当数切り捨てられているのではあるまいか。
もしかしたら、株式投信非保有者のうち、相当のツウの意見がデータとしてあがってきているのではあるまいか。
そんな疑惑がふつふつとわいてきました。

まぁ、詳しい調査結果が公開されているわけではないので確かめる術はありません。
データは、それはそれでひとつの事実です。
どう理解するかは受け取り側次第ということですかね。
以上、長々とした余談でした。
関連記事


  





コメント

このようなアンケート調査は、
問いかけ方や、集計の仕方に大きく左右されそうですよね。
オリジナルの記事を見ましたが、
株式期待超過リターンについては5%刻み(裾では10%ですが)で
回答を求めていて、これもかなり乱暴に感じました。
しかし、保有者群の中にはかなり鼻息荒い方が多いですね、
非保有者群の感覚の方がよりまっとうな気がしました・・・

アンケート

株式保有者ですけど、こんな質問には答えられません。預金金利との差を30年後って・・・。1年後の日本経済は、リーマンショックも考慮に入れるべきなのか、とか。新興国と先進国でも違うしね。特に非保有者でしたら「分からない」が殆どだと思います。

あ、本の執筆おめでとうございます!

不確実なものは怖いしこれ以上増やしたくないのかと

ただでさえ年金不安があるのに更にリスクを取りたくないって人が
多いんじゃないでしょうか。
リスクを取らないリスクという言葉がありますが、説明してもデフレ
慣れした日本人には特に理解しにくいかと思います。
(証券会社の人が言うと余計説得力なくなるかも・・・です)
私もDC加入者であれば DCをハイリスクにする代わりに日々の
預金に一切投資しない方法を取りますかね。それかその逆です。
長期だし3割くらいは成長しそうな新興国にいれておくかなって
くらいの感覚にはなるかもしれません。
年金不安の中、更に保障の無い世界ですから よくわからない期待値
で、これ以上リスク取れってほうが酷だと思います^^;

ちなみに会社でもリーマンショックのときには持ち株会が半分に・・・・
今まで積立た外貨預金の金利が吹っ飛ぶどころかマイナスに。。。。
という人を見て 投資に無縁の人は「何騒いでるのか?」って半分
呆れていましたかね・・・・当然、そういう人はリスクプレミアムも得てい
ませんけどね(笑) 

インフレを経験しないとなかなか投資に向き合わないというのが実情と
思いますよ。


国民年金さんの資料を調べてみました。

GPIFは、下記PDF内で、ビルディング・ブロック方式を用いて
名目リターンを推計していた。
http://www.gpif.go.jp/kanri/pdf/kanri02iinkai192.pdf


■ ビルディング・ブロック方式 名目リターン

(CPI上昇率 1.0% の場合)

国内債券 (2.8%) = 実質長期金利 1.8% + CPI上昇率 1.0%
国内株式 (5.3%) = 実質リターン 4.3% + CPI上昇率 1.0%
外国債券 (3.4%) = 実質短期金利 1.0% + リスクプレミアム 1.4% + CPI上昇率 1.0%
外国株式 (6.0%) = 実質短期金利 1.0% + リスクプレミアム 4.0% + CPI上昇率 1.0%


ただ、CPI上昇率を 1.0% と定義しており、
現在の日本の状況と乖離している。
よって、CPI上昇率を 0.0% と再定義して、推計してみました。


■ ビルディング・ブロック方式 名目リターン

(CPI上昇率 0%、かつ、H22.4.30 の場合)


国内債券 = 実質長期金利 + CPI上昇率
= (名目長期金利-CPI上昇率) + CPI上昇率
= 10年国債最終利回り
= 1.28

国内株式 = 実質リターン + CPI上昇率
= 4.32 (PDF P6 中央値)

外国債券 = 実質短期金利 + リスクプレミアム + CPI上昇率
= (名目短期金利-CPI上昇率) + リスクプレミアム + CPI上昇率
= コール有担保翌日 + リスクプレミアム
= 0.07 + 1.4 (PDF P7 過去29年平均)
= 1.47

外国株式 = 実質短期金利 + リスクプレミアム + CPI上昇率
= (名目短期金利-CPI上昇率) + リスクプレミアム + CPI上昇率
= コール有担保翌日 + リスクプレミアム
= 0.07 + (6.5 - 2) (PDF P8 過去29年平均)
= 4.57


小数点2桁目を四捨五入して
(SR = Sharpe Ratio, risk は GPIF, リスクフリーレート = 0)

国内債券 (1.3%) SR = 1.3 / 5.40 = 0.241
国内株式 (4.3%) SR = 4.3 / 22.15 = 0.194
外国債券 (1.5%) SR = 1.5 / 13.25 = 0.113 (SRが悪い。)
外国株式 (4.6%) SR = 4.6 / 19.59 = 0.235


おおむね リターンは、

国内株式 = 外国株式 >> 国内債券 = 外国債券


外国債券のシャープレシオが著しく悪いですね。。。

私は全て海外投資

リーマンショックの後同期で最も損をしていましたが、ここにきてかなり回復してきました。
なぜ、海外だけというと、自分自身が国内企業勤務であり、持ち株会にも入っているし、国内個別株にも投資しているからです。

株式投資未経験者でなくても答えにくい恣意的な質問になっていたようですね。調査方法でどうにでも結果が変わりそうです。5%刻みの回答を用意しているのも疑問です。
まだ回答者に自由に数値を書かせた方がよほどましだったかも知れません。

401Kの教育はどうしても時間的制約があるので、個人での勉強が重要と感じております。

>SJPさん

>>問いかけ方や、集計の仕方に大きく左右されそうです

そのとおりですね。
難しい質問でした。


>眼鏡さん

やっぱり「わからない」がありそうですよねぇ。


>龍王さん

デフレ時代には投資はダメですか。そうですか。
説得力あるなぁ(^^;


>leafさん

おお、CPI上昇率を0.0%でリターンを推計してくれたのですね。
記事のことは横に置いておいて、これはこれでとても有用だと思います。
参考にさせていただきます。
ありがとうございます!


>taka takaさん

保有資産をトータル(個人運用部分とDC部分と預金など)で考えることは大切だと思います。


>kenzさん

リターンが5%刻みというのもえらい大雑把ですよね。
各人の勉強が重要とのことですが、同感です。自分のためですものね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)