インデックスブログを書き続けるための4つのコツ

インデックス投資関連の情報を掲載するブログは「インデックスブログ」なんて呼ばれたりしています。

最近はインデックスブログの数も増えてきたようです。
一方で、インデックスブログは書く「ネタ」が少なく、続けるのが難しいのではとも言われます。実際、自分の投資方針とポートフォリオを書いたあたりで更新が止まってしまっているブログもよく見ます。
そこで、自分がインデックスブログを継続してきた約5年の経験から、インデックスブログを書き続けるためのコツを4つにまとめてみました。

インデックスブロガーのかたのご参考に、また読者のかたは梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの裏舞台が見られるということで、ご興味があれば読んでみてください。


≪コツ1≫ ニュースへの意見・感想を書く

日本のインデックス投資環境は発展途上であり、日々、新しい商品やサービスが生まれてきます。
それらの情報を、RSSリーダーやGoogleアラートで収集します。キーワードは、「インデックス投資」「インデックスファンド」「ETF」など、自分が興味があるものを設定すればいいででしょう。
収集したニュースに対して、自分の意見・感想を書けばいいわけです。
これは比較的手軽にできて、僕もよくやります。
時折ある「特ダネ」情報は、更新スピード競争が起きたりしますが、まぁそれに乗るもよし、ゆっくり構えて意見・感想を充実させるもよしだと思います。


≪コツ2≫ ネタを分割する

読者の関心が高いテーマや思い入れが強いテーマについては、記事を分割してシリーズ記事を書くといいです。
しばらくネタ探しから開放されるばかりか、記事内容が深掘りされ、ぐっといいものになる可能性が高くなります。
ただし、同じ内容をあまり長く引っ張られると読者は飽きてしまうので、適度な本数に抑えた方がいいと思います。
あるブロガーさんから聞いた話では、シリーズ記事がある本数を超えると、書けば書くほどPVが逆に減っていくという涙なしには語れないことがあったようです。


≪コツ3≫ 有用なレポートを紹介する

シンクタンクというものをご存知でしょうか。
種々の分野の専門家を集め、国の政策決定や企業戦略の基礎研究、コンサルティングサービス、システム開発などを行う組織のこと(大辞林より)です。
金融系で僕がよく見ているのは、野村総研、ニッセイ基礎研究所、みずほ総合研究所などです。
このシンクタンクが、金融サービスについて面白いレポートを出してくることがあります。
このレポートは、もともと付加価値が高いことが多いにもかかわらず、あまり人の目に触れられていないので、紹介するだけでも記事になると思います。


≪コツ4≫ 記事で読者の質問に答える

ブログを運営していると、コメント欄やメールフォームから質問をいただくことがあります。
それらに個別に回答するのもいいのですが、回答を記事上で行うというのもいいのです。
ひとりの人が疑問に思ったことは、同じことを他の人も疑問に思っている可能性が高いと言えます。
読者のかたにとってみても、自分の質問が記事で取り上げられることは、そう悪い気はしないのではないでしょうか。


以上、インデックスブログを書き続けるための4つのコツでしたが、インデックスブログに限らず他の分野のブログにも応用できるコツだと思います。
何かのご参考になれば幸いです。


<関連記事>
2008/04/13 インデックス投資ブログはネタに困る?
関連記事


  





コメント

>>あるブロガーさんから聞いた話では、シリーズ記事がある
>>本数を超えると、書けば書くほどPVが逆に減っていくという
>>涙なしには語れないことがあったようです。


たまに私にとって難しすぎたり、マニアックすぎたりするネタのときは
読み飛ばしたりすることがありますが、

自分がすこしずつ知識が増えて、理解力がついてから、
敢えて過去ログを検索して、各インデックスブログの過去ログを読んで、勉強するということもあります(笑)。

シンクタンクの情報

シンクタンクの情報はこれからの世界を見ていくうえでは非常に参考になります。
ところが、今回の金融危機ではっきりした事は有用な情報が有るにも関わらず、これを見ずに掲示板やコミュニティなど素人が多い世界で物事を考えてしまう人が非常に多かった事です。
ですから、投資家として一般的に知っていて当たり前の事を知らない人が多い(≒金融機関の手数料の餌、またはそれを利用すれば相場が崩れない限り顧客が増える)と言えるでしょう。
これはOKWaveなどを見ると沢山の事例が出てきます。

ちなみにニッセイ基礎研究所では、長期的には円安基調に変化する事を書いていますが、何故、そう考えられるのかを自分で考える必要が有ります。
この情報が正しくても、これだけで「外債に投資すれば儲かる」程度にしか考えられないようでは、その投資家は既に終わっています。
シンクタンクの情報を活用する事は我々が投資する時の情報の活用のヒントになるので、インデックス投資に限らず、色んな投資を考える時に役に立ちます。

それから、どのブログでも言えますが、自分にとって取っつき難いが非常に役に立つケースや絶対数では少ないけど実用レベルで重要な立場(具体的には国保グループのコストの算定など)も有るなど、必ずしも万人向けで有るとは限りません。
難しい物については本を読むなり質問すれば良いし、コストが重要な国保グループはその分野に詳しい人が書けば良い訳でして、ブログを書く上で全て自分だけでやる必要は無いと思うので、ブログを書くときは気軽に書いて、後はフォローできる人や「ここ間違っているよ」って言われたら修正すれば良いと思います。

>世界のREITさん

仲間~。僕も難しすぎる記事は後回しにしたりします。
必要に迫られたり、ふとした拍子に理解できたりすることがあります。


>タカちゃんさん

シンクタンクの更新情報は、なかなか人の目にとまりませんからね。
いろいろ考える際の基礎データになります。
面白いものがあったら、今後も紹介していきたいと思います。

それから、個人ブログは皆さん趣味でやっているので万人向けなわけがありませんよ。
各人が自分の考えや環境に合ったブログを見つければよいだけです。
どうしても合うものがなければ、需要はあるのに供給がないということで良いポジションのブログになる可能性があるので、自分で書けばいいんですよ(^^)

はじめまして。

水瀬さんのブログの継続のコツは投資、インデックスファンドが好きだからこそなのではないでしょうか。

確かにデイトレやFXのように投資術等はインデックスファンドにはありませんね。

私もGoogleアラートやRSSリーダーを使っています。

水瀬さんのブログも以前から購読させてもらっています。

トラックバックもさせていただきました。

>投資素人さん

はじめまして、投資素人さん。
仰るとおりで、僕はインデックス投資が好きです。
そもそもブログって好きなことを書くものなのでは?(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

Twtterも良いけれど。投資情報はRSSリーダーを使っています。

投資ブロガーの皆さんは普段の情報収集はどのようにされているのでしょうか。 私はRSSリーダー(livedoor Reader)を使って証券会社、投資ブログ,ニ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)