「市場価格」と「基準価額」の乖離率に意味がない?

日興アセットが、ETFの「市場価格」と「基準価額」についてコラムを掲載しています。
「上場MSCIコクサイ株」(1680)と「上場MSCIエマージング株」(1681)の市場価格と基準価額の乖離が話題になっているので、興味深く読みました。


日興アセットマネジメント ETFコラム No.3
2010年5月6日 ETFの価格について整理しましょう(1) 「市場価格」と「基準価額」


詳しくは、上記コラムをご覧いただきたいのですが、そのなかで、市場価格と基準価額の計算時間について、国内資産対象のETFと海外資産対象のETFに分けて説明があります。

市場価格は、市場が開いている時間帯(9:00~11:00、12:30~15:00(大証15:10))に作られます。これは当然ですよね。
でも、問題は基準価額の方にありそう。
国内資産対象のETFはまだ話が簡単で、基準価額は、保有資産の評価時点(15:00(大証15:10))の引け値を使って計算されるそう。
面倒くさいのが海外資産対象のETFで、保有資産の評価時点は時差の関係から「前日の引け値」になり、為替の評価時点は「日本時間10:00のTTM(電信中値相場)」になり、よって基準価額は、前日引け値と当日のTTMを使って計算されるそう。

う~む。それじゃ……
海外資産対象のETFは、市場価格と基準価額に乖離があっても仕方がないのかもしれません。

コラムでは、
『海外資産を対象にするETFについては、ETFの取引時点が、保有資産の評価時点である引け値の時間とも為替の評価時点である中値の時間とも一致するところが全くありません。市場価格と一口当たりの純資産価格を比較してもずれているのが当たり前になってしまいます』
と述べられています。

それでは、1680や1681のような海外資産を対象にするETFについては、市場価格と基準価額の乖離状況には目をつぶるしかないのでしょうか?
それとも、モーニングスターが提供してくれている月平均の乖離率なら目安くらいにはなるのでしょうか?
あるいは、同じ海外資産を対象にするETFどうしであれば乖離の比較に意味があるのでしょうか?
よく分からなくなってきました。

ただ、次回のコラムでは3つ目の価格「推定一口当たり順資産価格(インディカティブNAV)」について説明があるそうで、これが何かのヒントになればいいなと思います。
次回のコラムを待ちたいと思います。

※上記「順資産価格」ってWEBサイトからコピペしましたが「順」って漢字間違ってますよね多分。大丈夫かいな…(^^;
関連記事


  





コメント

インデックス投信の乖離も

いつもブログ拝見させていただいています

連休中にどこにも行かなかったこともあり、インデックス投信の運用報告書を眺めていましたが、海外資産の場合、指数との乖離率の説明の際に要素として、「組入比率」「銘柄選定」「配当・利子」「売買コスト・保管料」などがあげられていますが、その中に「為替評価日格差(為替効果)要因」というのも見かけます。

 eMAXISの場合、
 ベンチマークは、ロンドン時間の16時時点の為替レートでドル評価、その後翌日の東京市場での仲値で計算
 ファンドは、直接翌日の東京市場での仲値で計算
 と違いがあるためと説明しています。

 もし可能なら、ETFの取引価格と純(順?)資産額の差についても為替効果分がどれくらいあるのか表示してくれると少しは参考になるのかもと思います。

 もっともある程度はえいやっと割り切るしかないのかもしれませんが…

Yahoo Finance!で".iv"を使うとリアルタイムの理論価値が出るように、日本市場上場ETFも理論価値が簡単に分かるようになるといいですね。

基準価額を使わなければいい

GLOBEXでは米国株先物がほぼ24H動いてますので、日本の時間でもNYダウETFの価格を計算できます。また、1680の中の56%程度はSP500先物なので、1680の理論価格もある程度の精度で類推できます。1681の理論価格も中韓台印だけで割り切って考えます。
こうやって計算したETFの理論価格とETFの市場価格を用いて算出した乖離率の推移を表すグラフと、理論価格を算出するエクセルシートがURLにあります。

>Zelkovaさん

たしかに、乖離率内訳として、為替効果分○○%、評価時点差分○○%とか出ていると良いですね。


>吊られた男さん

そこらへんが次回コラムの含みにあるような気がして、ちょっと期待しております。


>miyakenさん

かなり割り切った指数構成ですが、意外に本当の指数に連動しているのですね。
参考にさせていただきます。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)