「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」5月分の投資を実行

水瀬ケンイチ

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」5月分の投資を、本日5月7日に行ないました。
(ご参考)ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

昨夜、僕たちが眠っている間に米国株式市場でひと波乱あったようです。
その影響もあってか、日米とも株価が下落しています。
(関連記事) ロイター
米国株式市場=大幅続落し主要指数は3%超下落、一時の急落からは戻す
東京株式市場・大引け=大幅続落、欧州債務問題懸念でリスク回避

欧州債券問題懸念に加えて、株価急落の原因にシティのトレーダーの誤発注があったといううわさです。NYダウが一時1,000ドル近く下落し、過去最大の日中での下げを記録したそうです。
真偽のほどは分かりませんが、そんなこともあるんですね。
ナスダックとNYSEは、午後2時40分から3時の取引の一部について取り消す方針を明らかにしました。
今夜の米国株式市場は回復してしまうかもしれませんが、それはそれで。

積み立て投資信託は、以下の3本です。



eMAXIS 先進国株式インデックス
eMAXIS TOPIXインデックス
※上記2ファンドは、投資額が積み上がった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF、Vanguard Total Stock Market ETF(VTI)及びiShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)へ乗り換えます。(最近ごぶさたですが)
MHAMのMMF

ところで、月の初旬に投資してしまうと、月末までしばらくやることがありません。
「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」の目的は退屈対策なので、今月は退屈にさいなまれそうです。
でもまあ、シティのトレーダーの話じゃありませんが人間慌てるとろくなことがありません。退屈なくらいがちょうどいいのかもしれません。

愚直に積み立て投資を継続したいと思います。

※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。


<ご参考>
上記商品は、全て楽天証券で購入しています。(会社名をクリックすると口座開設できます)
楽天証券

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ