1680・1681の乖離率がえらいことに

市場価格と基準価額の乖離に注目が集まっている「上場MSCIコクサイ株」(1680)と「上場MSCIエマージング株」(1681)ですが、直近の乖離率がえらいことになっています。

上場MSCIコクサイ株(1680) +12.44%
上場MSCIエマージング株(1681) +11.57%
(データ出展:モーニングスター・2010年5月7日時点)

(関連記事)
2010/05/06 「市場価格」と「基準価額」の乖離率に意味がない?
2010/05/07 昨日の記事に対するtwitterでの反応をメモ

上記記事『「市場価格」と「基準価額」の乖離率に意味がない?』で取り上げた日興アセットマネジメントのコラムでは、「海外資産を対象にするETFについては、ETFの取引時点が、保有資産の評価時点とも為替の評価時点とも一致しないので乖離しているのが当たり前」といった説明がされていました。
わかったようなわからないような感じですが、次回コラムにヒントもありそうなので、もう少し待とうかというのが僕の感想でした。

上記記事『昨日の記事に対するtwitterでの反応をメモ』では、twitterでさっそく議論になっていた内容をメモしてありますが、「乖離の原因が評価時点のズレにあるとしたら、乖離が常にプラス方向なのは何故だろう?」「組み入れ資産が先物主体で裁定が効きにくい状況で買い手が多い需給のためではないか」といった意見が出ていました。
要するに、なんだかんだ言ってプレミアム状態なんじゃないの?といった疑惑です。

まだ本当のところは分かりませんが、市場価格と基準価額の乖離が11%とか12%とかいうのは、いくらなんでも異常値に見えます。
両商品とも上場から間もないため、長い目で見ようというスタンスでしたが、11%とか12%のリターンをあげるのに、どれだけのリスクを負ってどれだけの時間をかけなければならないかを考えると、ちょっと看過できないレベルだと感じます。
どういう説明がなされるのか(あるいはなされないのか)分かりませんが、これだけの乖離率を目の当たりにすると、たとえ「乖離するのが当然」と言われても、ちょっと手が出しにくいというのが正直なところです。

現状、個人的にはメインの投資ビークルとして海外ETFを使っているのですが、当面これでいいかなという思いが強くなってきました。
それにしても、インデックス投資にはインデックスファンド・国内ETF・海外ETFという選択肢がありますが、今のところ本当に一長一短だなと思い知らされます。

インデックス投資環境は依然発展途上のようです。
関連記事


  





コメント

現物交換できないから裁定取引ができないので、買ったら売らないインデックス投資家の悪い面が出ているのではないかかな?。
買っても売らないから下がらないが、買いたいインデックス投資家は、大幅プラス乖離で買うしかないので、適正価格で買えないと言う悪循環。
10年~20年先インデックス投資家の売り時が重なったら、大幅プラス乖離で買った人は乖離無しとか大幅マイナス乖離でリターンも少ない。
結局、使えない。

びっくりです!

 今そんなに乖離率がすごいことになっているなんて思いもしませんでした。インデックスファンドはいかに対象のインデックスに近づけるかってのが良いファンドかどうかなのに10%を超えるってことはある意味アクティブなファンドに見えてしまいますね。

 私も現在は1681持っていますがVWOに乗り換えることを検討したいと思います。

今晩は、初めて投稿させていただきます。
いつも記事を拝読しております。

さて、基準価格と市場価格の乖離ですが、私は下記のように理解しています。

①金融商品の価格は、将来キャッシュフローの割引現在価値となるのが合理的である。
②金融商品の市場価格は、その商品を取引する投資家がそれぞれ考える将来キャッシュフローの割引現在価値の、多数決の帰結としてついている価格である。
③したがって、投資家は、ETFが将来もたらすであろうキャッシュフローの割引現在価値を予測しながら、ETFの市場価格が形成されていく。
④ETFの基準価格は、過去の一定時点の換金価値に過ぎないため、投資家の将来キャッシュフローの予測の出発点とはなっても、将来キャッシュフローの割引現在価値そのものではない。したがって、厳密に一致することはない。

こう考えると、結局ETFにもPBRのような考え方が持ち込まれることになり、結局のところ乖離額の正体はプレミアムに他ならないという結論になるかと思います。

ただし、そのリスクは長期的にはドルコスト平均法で購入時期を分散することで対応できると思います。

結論としては、ドルコスト平均法をやりやすいように投資単位を低くしたものが良いETFと言うことでしょうか……

貸借銘柄なのに・・・

貸借銘柄なので本来だったら空売りする人が出てきますが、海外資産って言う理由で裁定が難しいのでしょうか?
仮にこのETFを空売りして、乖離の少ない同じインデックスに連動する海外ETFを買うような事ができれば良いのですが、時差の影響で両方を同時に取引ができないのも有るように思えます。

しかし、考えようによっては特定口座の利便性や手数料の安さを相場が織り込んで1680、1681にプレミアムが付くと考えればある意味当然の結果とも言えるかも知れません。
逆を言えば、海外ETFの特定口座対応や手数料の引き下げで海外ETFにメリットが出てくれば1680、1681のプレミアムが縮小するかも知れません。
世の中ってバランスが取れるように株価が付いてくるとも考えられます。
もうひとつ考えられるのは、先物運用による税法上のアクティブ運用のメリットが認められれば、海外ETFの二重課税よりも有利になる事が考えられるので、1680、1681のプレミアムが拡大するかも知れません。

あのー、アクティブ派の門外漢ですみません。
パッシブ運用家にとって主力とはしにくい国内上場指数連動ETFについては、ETNだ、ETNだと、様子見だ、様子見だという論調が、インデックスブログ全般で見ると大勢を占めてたような気がしますが。
(かなり雑な記憶ではあります。)

1680や1681もET『N』ですよね?

1680がMSCIコクサイに連動するだけの充分な取引高を誇るかと言えば・・・
たかだか3ヶ月ちょいで、『ず~っと、プラス乖離』とか言われても・・・

乖離率10%ちょい
過去のET『N』を紐解けばこんなん良くある事だろってのが、一門外漢としての感覚。
マイナーなET『N』もメジャーなET『N』もなく、国内上場海外ET『F』がでなきゃ、ずっとこんなもんではないのでしょうか?
それとも、MSCIコクサイだけは別物ですか?

カローラだろうがスーパーカーだろうが、需給のアクセル踏めばスピードオーバーしますがな。

今日、口座開設が完了し、これから投資デビューする初心者です。
本を読んだりブログを拝見したりして、インデックス投資を始めようと決心しました。
月々の積立はeMAXIS等のインデックスファンドで行い、現在、普通預金にほったらかしのお金でETF購入を考えていました。
ETFは1306・1680・1681というオーソドックス(?)なパターンを検討していましたが、
10%を越える乖離率では「待ち」でしょうか?

zai5月号の記事だと「リレー投資でまとまった金額はETFにシフトする」とありました。
今回「待ち」にした普通預金を、ETFではなくインデックスファンド購入に充てるのは本末転倒でしょうか?
最初にまとまった金額を購入してしまうと、ドルコスト法も効きづらくなるのでは…と。

長々書いてしまい申し訳ありませんが、ご意見お聞かせ下さい。

>名なしさん、

ETNだからといって乖離率10%ちょいが当然とは言えないと思います。NEXT FUNDSの新興国単独モノでもそうそう乖離率が10%ちょいにはなりません。

また、裁定が利きやすければETNでも乖離率は収まるでしょう。
例えば日経平均連動だったらETNでも問題無しでは?日経平均連動ETNの乖離率が大きくなれば、同一指数連動の他金融商品(先物、他ETN、他ETF等々)との裁定取引ができるので乖離は縮小します。



乖離率が10%超のような現象は"裁定が利き難い"という前提条件がつくETNについて起こる現象でしょう。裁定が利きやすければETNでもそんなに乖離率が大きくなることは無いと思います。

あれだけ株式が暴落したにも関わらずこれらが下がっていなかったので、なんだろうと思っていましたが、やはりこうなっていましたか。

ここでいくら議論をしても価格はマーケットが決めるという原則は変わらないのであまり意味があるとは思いません。投資家としてはバカ高い値段では買わない。それだけです。

今どきは随分信託報酬の安いインデックスファンドがありますから、投資先に困ることはないので長い目で見ていったらいいと思います。

今回の急落で喜んで1680,1681を購入しブログネタにしようと思ったのですが、全然下がっておらず断念しました。ここまで乖離率が酷いと売買高が増えず乖離率も縮小しないというさらなる悪循環に陥りますね。。

>774さん

う~ん、この乖離率がプレミアムだとすると可能性はありますね。
日興アセットのコラムの続編が待ち遠しいです。


>ぶっきーさん

ひとつ誤解がないように申し上げておくと、この乖離率は市場価格と基準価額の乖離率であって、指数との乖離率ではありません。
インデックスファンドのトラッキングエラーと同列で考えてはいけないと思います。


>オデュッセウスさん

ETFにPBRという考え方は面白いですね。
結論的には、やはりプレミアムですか…。


>タカちゃんさん

たしかに貸借銘柄ですが、先物中心の運用という点が裁定が効きにくい要因という見方があるようです。
もちろん、海外資産なので時差の影響もあると思います。
世の中はバランスが取れる価格が付くものというのも納得ですが、それにはそれなりに時間の洗礼が必要とも個人的には思います。
いろいろ悩ましい商品ですね(^^;


>名なしさん

なんだか勇ましいコメントですが、話の出発点からして間違っています。
1680・1681は「ETN」ではなく「ETF」です。(日興アセット確認済み)
運用が先物中心というだけで、リンク債に連動する商品というわけではありません。

上場商品ですから、「カローラだろうがスーパーカーだろうが、需給のアクセル踏めばスピードオーバーする」というのは同感です。


>yukikoの父さん

基本的に、買いか待ちかなど、投資判断は自己責任でお願いします。

それから、まとまった資金がある際に一括投資するべきか分散投資するべきかという点についてですが、将来の相場動向が読めないという前提に立てば、理屈のうえでは一括投資するのが手数料・機会損失の観点から正しいと思います。
しかし、どうしても高値で買うことを避けたいという後悔回避の気持ちが強いとか、実は今は高値かもしれないという相場観があるなら、分散投資するというのも個人的にはアリだと思います。
自己責任でご判断ください。


>吊られた男さん

フォローありがとうございます。
1680・1681はETNではありませんので、名なしさんの議論は前提条件からして間違っています。
ETFでもずれるものはずれるし、ETNでもずれないものはずれないということかと。
「乖離率が10%超のような現象は"裁定が利き難い"という前提条件がつくETNについて起こる現象」というのは同感です。


>kackyさん

自己判断に基づくご意見、ごもっともだと思います。
幸い代替商品もあることですしね。


>kenzさん

売買高が増えれば乖離が解消するとも言えないところがETFの難しいところです。
買いが増えればよりプレミアムが付いてしまうこともありえます。
プラスマイナス0付近まで落ち着いてくれることを祈りながら見守りたいと思います。

タイムラグを除いたプレミアムは3~4%程度?

5月11日現在で、1680の乖離率が2.38%、1681の乖離率が5.15%と落ち着いて?います。
よって、5月7日や10日の異常な乖離率は、先週末の株価暴落局面に際して、日興アセットマネジメントのコラムの説明にもありましたように、一言で言えばタイムラグによるものと思われます。
純粋にタイムラグだけならプラマイゼロになるはずですが、ずっとプラスということは、株価が落ち着いているときの乖離率、まあ3~4%程度がいわゆるプレミアムに相当すると言えるのではないでしょうか。

>レイさん

市場動向次第でプレミアムも一定ではないでしょうから、もっと時間をかけて観察しなければいけないのかもしれませんね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

1680、1681が買えない・・・かわりに

ギリシャ危機で世界同時株安。 こんな時を待っていた。 マネパパの投資戦略の基本は前にも書いたように、 1.eMAXISシリーズでコツコツ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)