国内運用会社の利益率は欧米の3分の2

国内運用会社の利益率は欧米の3分の2だそうです。

ロイター 2010/05/17より引用】
国内運用会社の利益率は欧米の3分の2
「日本の資産運用会社の利益率は欧米運用会社の3分の2」──。野村総合研究所(NRI)が米コンサルティング会社と共同でまとめたリポートでこんな結果が明らかになった。

公募投信ビジネスのコスト負担が大きく非効率なことが要因で、国内運用会社が競争力を強化するためには、投信の集約、国内資産に集中するホームカントリーバイアスの修正、インセンティブが働く報酬体系の導入が必要と提言している。
【引用おわり】

提言として、(1)投信の集約、(2)国内資産に集中するホームカントリーバイアスの修正、(3)インセンティブが働く報酬体系の導入、をあげていますが、個人的には(1)(2)には賛成、(3)には反対です。


(1)の投信の集約はいちばん重要だと思います。
日本には現在、3,000を超える投信があると言われています。なかには、設定時だけ持てはやされ資産額を集めた後は資産額を減らし続け、ごく小規模のまま「流され」ている投信が数多くあります。
記事の「競合他社の商品の模倣や、販売会社が回転売買させている一過性の強い商品に無駄な時間を費やすべきではない」という指摘はごもっともだと思います。
こういった投信でも、償還しない限り運用は続けられ、運用報告書作成などの管理は継続していかなければならないので数が増えれば増えるほど効率は落ちていくでしょう。

余談ですが、以前twitterで似たような話が話題に上った時、僕が冗談で、「数の大半を占める運用成績下位のダメファンドを全て合併し、パッシブ運用の“ゴメンナサイファンド”でも作ればスッキリする」と言ったところ、「そうだそうだ」「感動した」という予想外に大きな反響をいただいて驚いたことがあります。


(2)の国内資産に集中するホームカントリーバイアスの修正も重要だと思います。
日本の運用会社ですから日本市場に強みがあるのは分かりますが、縮小傾向の日本市場にこだわり過ぎると、儲からない投信が増える可能性が高まってしまいます。

投資家側から見ると、グロソブ人気や通貨選択型投信人気に見られるように、(分かっているのかいないのかは別にして)意外とホームカントリーバイアスは強くないのかもしれません。
日本だけでなく周辺のアジア各国などに対しても強みを持ってほしいです。


(3)のインセンティブが働く報酬体系の導入については反対です。
投資家側としては、成功報酬型の投信が増えてもらってはたまりません。
記事では、「グローバルな運用会社を見習い」と書いてありますが、これは悪しき慣習だと思っています。
時折、ヘッジファンドが暴走して市場に深刻なダメージを与えたりしますが、この成功報酬型の報酬体系が、運用者の「リスクを取るだけ取って大勝負した方が得」という判断に結びついてしまうと、とんでもない運用がまかり通ってしまうのではないかと危惧します。


日本の運用会社には、(1)(2)あたりを改善して、利益率の向上を図ってほしいです。
あ、「利益率の低いインデックス商品はやめる」というのはナシでお願いしますね(^^;
関連記事


  





コメント

こんばんは。

RSSリーダーでロイターのニュースを見てエントリーしましたが、水瀬さんも同じく取り上げられていたのですね。

インセンティブ報酬には私も反対です。

良質なファンドが日本からますます少なくなり、大手だけが生き残るようになるのではと危惧します。

つまり、どーしよーもない運用レポートを書かせるために、金をつぎこんでいる人がいるってことですね。
これは、金を投げてるかもしれないけど、投資ではないですね。

われわれとしては、ただしく淘汰されるように厳しい目を持つ必要があるということでしょうか。

よく分からない数字をもとに話をするのは難しいですけど、要するに「販売会社が利益を持ってく体質がちっとも変わっていない」ってことじゃないの??と思いました。ですから、たとえ提言に書かれたことが全て実現したとしても運用会社の低利益構造は変わらない可能性があります。抜本的に変えようと思えば、独立系の運用会社に頑張ってもらうしかないかな、といったところでしょうか。

本音では私は自分の利益率向上に夢中で運用会社の利益率向上には全くの無関心ですwwww潰れてもらっては困りますけどね。

日経の記事

水瀬さんは読まれているかもしれませんが、関連するような記事が『証券、アジア進出加速、大和の現法、400億円増資、個人マネー取り込み』と題して日経に。

「日本ではアジア地域の株式で運用する投資信託の残高が3月末時点で2兆1800億円(野村総合研究所調べ)と、前年同月末に比べ2・3倍に膨らんだ。ただ外資系が運用したり、現地の運用会社に委託したりする例も少なくない。自前で有価証券を売買・運用できる体制を拡充し、投資家の資金運用ニーズも取り込みたい考えだ。」


ロイター記事と同日に出ているので、ロイター記事に書かれている「公募投信収入の45%がサブアドバイザリーの運用会社に支払われている。」と併せて書いたかのようにさえ思えます。

>投資素人さん

(3)は投資家側からするとあまりいいことがなさそうですよね。
変なところは真似しないでいてほしいです。


>ふみあきさん

そうですね。
淘汰が進むといいのですが。


>kackyさん

無関心ですか。そうですか。
自分は最近運用会社に興味があるので書いてみました。


>吊られた男さん

タイミングよすぎですね(^^)
大和のアジア進出は、日本と同じ手法がアジアで通用するのか見ものだと思っています。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

日本の資産運用会社の利益率は非効率 ロイターより

ロイターによると「日本の資産運用会社の利益率は欧米運用会社の3分の2」だそうです。 投信の集約や国内資産に集中するホームカントリー...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)