投信純資産、リーマン・ショック時の水準超す

4月の投信純資産はリーマン・ショック時を超えたそうです。

Bloomberg.co.jp 2010/05/18より引用】
4月の投信純資産、リーマン・ショックの08年9月水準超す
投資信託協会が18日に発表した4月の投信概況によると、月末の公募投信の純資産総額は前月末より1兆6946億円増えて65兆3931億円となり、世界の金融市場が急落したリーマン・ショックがあった2008年9月末の水準64兆8622億円を初めて上回った。
【引用おわり】

100年に一度の危機と言われていましたが、なんだかんだいっても回復してくるものなんですね。
投資家のマインドが好転していること自体はいいことだと思います。

ただ、記事を読むと、野村や大和の大型投信の設定も寄与したみたいです。
「大手証券の新規ファンドに資金が集まる傾向が続いている」とありますが、これはなんとかならないのでしょうかね。
昨日のブログ記事にも書きましたが、「競合他社の商品の模倣や、販売会社が回転売買させている一過性の強い商品に無駄な時間を費やすべきではない」という野村総研の提言に賛成です。

関連記事


  





コメント

本当に世界分散投資してなかったらリーマン・ショックでゲームオーバーしていたか投資が怖くなり逃げ出して放置プレイをいたと思う。のんびりコツコツ投資はなにも自分で考えずに著名ブロガーのブログで勉強して後追いするだけで楽チンです。感謝してます!リーマン・ショックの経験で、もう大概の刺激では動じないと思います。今後ともよろしくお願いいたします(^^)

個人的にも額は回復してますが

ユーロ安の影響か成績はやや低迷してますな。
悪い方の予想が当たってまだまだ安く買えそうです。
私はもうちょっと高くてもいいですけど。

本格回復は来年のような気がしてきました。

>としちゃんさん

お互いゲームオーバーにならないように気をつけましょうね。


>ぷれでたさん

ユーロ本格回復の頃にはまた別の問題が出てきていたりして。
そんなふうにして世界は回り続けながらちょっとずつ成長していく、って感じでしょうか。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)