「マネックス資産設計ファンドエボリューション」はTAA型?

モーニングスターに、「マネックス資産設計ファンドエボリューション」についての記事が掲載されています。


モーニングスター ファンドニュース
アクティブに資産比率を変更、新興国資産にも投資――マネックス資産設計ファンド エボリューション(1)
アクティブに資産比率を変更、新興国資産にも投資――マネックス資産設計ファンド エボリューション(2)


記事によると、

(1)基本ポートフォリオの資産配分については、イボットソン・アソシエイツ・ジャパンの投資助言を受け、原則年1回の見直しを行う
(2)DIAMの経験豊富なファンドマネジャーが相場見通しに基づき機動的に各資産の配分比率を変更し、超過リターンを狙う

とのこと。
(1)は既存の「マネックス資産設計ファンド」でも行われていることですが、(2)が新しい取り組みです。
資産配分比率を2社が変更するとなると、意見がバッティングしたらどうなるの?という疑問はありますが、それはさておき、相場見通しに基づき機動的に各資産の配分比率を変更と聞くと、昔流行したTAA(タクティカル・アセット・アロケーション)型のファンドを思い出します。

TAA型ファンドが出てきたときには「おおっ凄そう」と思いましたが、その後、目覚ましい成果を挙げたという話はほとんど聞いたことがありません。
株価あるいは金利動向の転換点を的確に当てられて初めて有効な戦略だと思うので、そりゃ難しいんでないの?と思ってしまう自分が悲しいです。
TAAに関しては、インデックス投資家の中にも、イールドカーブなどを見ていれば的確な資産配分変更の判断ができると信じている人もいるようです。

相場見通しに基づく的確な各資産の配分比率変更。
まずはプロにそれができるのか、じっくり拝見させていただきたいと思います。


<関連記事>
2010/04/26 エボリューション

関連記事


  





コメント

TAA

TAAには異議ありです。リスクをコントロールしすぎて成果として超過リターンの結果に
なっていません。10年間持ち続けたTAAファンドがありますが、今年中に解約して
オーソドックスな海外株式、海外債券クラスに自分でアロケーションを決めて移行する
予定です。

ほんと、リスク&リターンの関係を体験させていただきました。no take riskに超過リターン
なし

こんばんは。

モーニングスターのニュースにもありましたが、年金運用を行っているDIAMの手腕次第でこのファンドの騰落率も変わってくるでしょうね。

あまり短期にアセットアロケーションの変更を行うのはいかがなものか?と感じます。

動的リバランスにも色々あるようです。前にも書いたかもしれませんが、新しい読者さんも居られるでしょう。

ダイナミック・リバランス・ポリシーリアルオプション的アプローチによるアセット・アロケーション戦略の革新
http://www.watsonwyatt.com/asia-pacific/localsites/japan/research/wwreview/wwr30/3003/index.html

エボリューションがどの戦略を使うのかは分かりませんが、私の独断と偏見では、TAA型の投信はポートフォリオを操作しすぎるような気がしています。動的に変えるとすれば、景気の変更点ですればよいでしょう。ですから、3年から5年に1回ぐらいではないでしょうか。そのとき以外はSAAでよいと思います。

あまり、比率を変えすぎないほうがいいのかな?
というかんじもしますが・・・

バランスファンドもある程度のポリシーがある方がいいのかな?
セゾンとか、、住信とか・・の方がいいかなと思います。

それと、セゾン、住信と比べてマネックスは若干高い印象が残ります。

>muraさん

10年保有して超過リターンなしというのも寂しいですね。
私もTAAの効果はちょっと疑問に思っています。


>投資素人さん

短期的な視点でアセットアロケーションを調整すると、よりトレンドフォローになるような気がします。
分類でいくと、TAAというよりもDAAに近くなる?分かりませんが。


>Tansney Gohnさん

有用な記事のご紹介ありがとうございます。

①バイ・アンド・ホールド(B&H)
②コンスタント・ミックス(CM)
③ダイナミック・アセット・アロケーション(DAA)
④タクティカル・アセット・アロケーション(TAA)

アセットアロケーションの戦略にもいろいろありますね。


>矢向さん

コストは微妙ですね。
インデックスファンドとしてみると高いし、TAA型アクティブファンドとしてみると低い方かなとか。

移動平均投資

いつも楽しみに拝見しています。

>TAAに関しては、インデックス投資家の中にも、イールドカーブなどを見ていれば的確な資産配分変更の判断ができると信じている人もいるようです。

検証したところ、

1)月末市場価格が12ヶ月移動平均を超えたら買う
2)月末市場価格が12ヶ月移動平均より下になったら売る

というトレンドフォローTAA戦略が、B&Hよりもリスク・リターン特性で優れている、という結果を得ました。

この戦略だと、リーマンショックを完全に回避することができました。

「移動平均」や「トレンドフォロー」という言葉はB&H投資家の方々にとってはお耳汚しかもしれませんが、ご参考になればと思い投稿させていただきました。

これからもブログ更新楽しみにしております。書籍執筆もがんばってください。購入させていただきます!

>市原さん

貴重な情報ありがとうございます。
その戦略で今後の運用がうまくいくことを祈念しております。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

マネックス資産設計Fエボリューションとマネックス資産設計ファンド(育成型)

マネックス証券が5月10日から募集開始した新ファンド「マネックス資産設計ファンド エボリューション」 2007年1月に設定されたマネック...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)