投資開始のきっかけ

水瀬ケンイチ

前回の記事に、コメントをくれた学生さんがいました。すごいなーと思ったのは、就職を機に投資を始めようとのお考えだということ。
僕が就職した時に考えていた将来の事は、明日の合コンの事と何の車を買おうか(もちろん中古)という事くらいでしたから (^^ゞ
今の自分の周りでも、実際に投資をやっている人は少数派です。本当にしっかりした学生さんですね。

ところで、自分が投資を始めたきっかけは何だったんだろう。
多分、昔の友達の言葉だったんだろうと思います。
当時、入社何年かして、とりあえずちょっと貯金が出来てきて、これで当面何かあっても安泰だとひとり安心しきっていた頃。

病院勤務の友達との話の流れで、自分がお年寄りになったらどうするかという話になりました。
調子こいていた僕は、普段から「ハゲない限り結婚なんてしねー」などと張り切っていたので、
「ずっと独身で、将来は老人ホームにでも入るかな」
と何となく言いました。すると友達は、
「あんたの稼ぎじゃムリ」
と言い放つではありませんか。
「ムリって事ないでしょ」
「老人ホームっていくらくらいかかるか知ってんの?」
「えー?月5~6万とかじゃないの?」
「何言ってんの?まず入居するのにうん千万とかかかるんだよ」
「は?」
「それにプラスして毎月うん十万かかるんだよ」
「うそ!?」
「老後に必要なのは優しい家族、それがないなら大金だよ」

とこんな感じで、老後を日本で生きていくのにはケタ違いのお金がかかるらしい事に愕然とし、普通に働いてたんじゃ全然お金が足りないかもしれない……と考え出したことが、投資を始めたきっかけだと記憶してます。

教えてくれた金額が正確だったかは別として、早い段階で気持ちを投資に向かせてくれた友達に今は感謝してます。
関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ