ライフ > 家計 > 点検個人マネー高金利通貨はずっと上昇する? 外貨投資の誤解(1)詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、無理矢理ひと言でまとめると、「高金利通貨は下落して日本円との金利差は消える」ということです。いわゆる購買力平価説です。それを長期のデータを用いて解説しています。一例ですが、これは日本債券と外国債券の総合リ...\" /> 購買力平価は大正初期から成り立っていた - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

購買力平価は大正初期から成り立っていた

日経電子版に、金利と為替についての良記事が掲載されています。


日経電子版 > ライフ > 家計 > 点検個人マネー
高金利通貨はずっと上昇する? 外貨投資の誤解(1)


詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、無理矢理ひと言でまとめると、「高金利通貨は下落して日本円との金利差は消える」ということです。
いわゆる購買力平価説です。それを長期のデータを用いて解説しています。
一例ですが、これは日本債券と外国債券の総合リターンはほぼ一致しているというグラフです。

photo_20100524_1.jpg
(日経電子版上記記事より引用)

これをもって、「ほぼ一致している」と言っていいかどうかは少々疑問(始点と終点は一致してるが途中はややブレ?)ですが、少なくとも、外国債券クラスのリターンが日本債券クラスに大きく勝っているようには見えません。

もうひとつ、びっくりなのが……
これは円ドルにおける購買力平価が1913年、つまり大正初期から成り立っていたというグラフです。
photo_20100524_2.jpg
(日経電子版上記記事より引用)

これにはやられました。円ドルレートと購買力平価がほとんどピッタリに見えます。(ただし、対数グラフであることを割り引いて見る必要はあると思いますが)
今まで、購買力平価説については、為替の変動要因の一要因に過ぎず、実際には他の様々な要因の影響を受け、理論どおりの動きにはならないことも多いという認識でした。
ところが、この記事を読む限り、30年とか100年とかの長期スパンで見ると、少なくとも日本円とドルなどに関してはかなり購買力平価に近い動きになっているということがわかりました。

ところで、以前、ポートフォリオの債券クラスに外国債券クラスを組み込むべきかどうかについてブログで議論になりました。
購買力平価により、日本債券クラスと外国債券クラスの期待リターンが同じなら、為替リスクを負う外国債券クラスを持つ理由は乏しいのではないかというお話でした。
上記のデータを見ると外債不要論派が勢いを盛り返してきそうです。
(関連記事)
2009/12/06 ポートフォリオの債券クラスに外国債券クラスを組み込むべきかどうか
2009/12/28 山崎元氏、ブログで外国債券の期待リターンは国内債券と同じだと頑なに主張

ちなみに、日経記事では、そうはいっても外貨投資は分散効果と円安対策の観点から必要と言っているようです。(「外貨投資」と言って、「外債投資」とは言っていないところがミソですが)

自分の考えとしては、上記関連記事の時と変わらず。
ポートフォリオにおける債券クラスの比率はそのままに、そのなかの日本債券:外国債券の比率について、日本債券クラスを徐々に増やしている最中です。いずれ外国債券クラスの比率と逆転させて為替リスクを抑えようと目論んでいます。(2010年1月時点でこのくらいの比率。現在はもっと進捗してるはず)

最終的に外国債券はゼロにするのか?そこはまだ悩み中であります(^^ゞ


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。
関連記事


  





コメント

浅はかかもしれませんが

いつも楽しく記事を読ませていただいています。

この記事を見てぱっと思ったのですが、上で紹介されているグラフが今後も成り立つという前提に立つならば、その時々で割安な方を購入すれば良いような気がするのですが単純過ぎますかね?

個人的には、外債を入れた方が、やはり良いと思います。
今回のグラフも、日本が崩壊しない前提だろうと思います。

また、期待リターンが同じだから、不要なのか?だと思います。
期待リターンが同じだが、(やや)異なる動きをするものに投資をする、
と考えれば、「リバランスするなら」ば、どう見ても、外債入れた方が
長期リターンは、高くなると思います。

チャートを見ても、95年、2000年辺りは、かなり乖離しています。
リバランスで、安い方を買い、高い方を売る、と考えれば・・・。
ETF投資家さんの考えも、同じような考えですね。

長い目で見て、日本株も海外株も、似たようなリターンだから、
為替リスクの観点から、日本株だけでよい・・・とは言えないのと同じ気がします。

但し、債券クラスに、リターンを求めず、運用は株メインであり、
債券は資産防衛のために保有する、というのであれば、不要ですね。
資産防衛なら、為替リスクが一番嫌な事ですから・・・。

疑問も有ります

30年運用での日本債券と外国債券の場合だと、はっきりと高金利だから外国債券は有利とは言えないと言うデータとしては説得力が有ります(日本債券の期待リターン≒外国債券の期待リターン)。
このグラフでほぼ確実に言えるのは日本債券に比べて外国債券の方が円換算額での変動が大きく、日本債券よりも外国債券の方が元本割れした時の損失が大きくなる(逆に利益が出ると大きな利益がでる)ケースが目立つ点ですね。
このグラフからリスクは日本債券<外国債券と言えそうです。

しかし、その一方で疑問も有ります。
まず購買力平価説では「絶対的購買力平価」と「相対的購買力平価」が有ります。
先進国についてはドル、ユーロについては物価は沢山有っても総合的な絶対的購買力平価は多少の誤差を持って成り立っていると考えられます。
http://www.iima.or.jp/research_gaibu.html

絶対的購買力平価の考え方としてマクドナルドのビックマック指数が有名です。
これは理論としては面白いのですが現実論として「使えるの?」と言う疑問が有ります。
例えばビックマック指数と現実の為替レートの乖離を利用して裁定取引を考えます。
仮にビックマックをこちらから米国へ輸出して裁定取引を考える際にタンカーで運べばビックマックが腐ってしまうし、チャーター便で運べば輸送コストが高くなり、結局は裁定取引が使えない問題が有ります。
その他にも関税や政治的な問題が有ったり、ある一方には存在するが他の国には存在しない品目(例えば原油や金などの資源国)の場合は裁定が働かないなどの問題も有り、この辺りはよく分かりません。
また、先進国と新興国では現在の為替レートでは絶対的購買力平価では説明が付かないほど大きな物価(賃金)の格差が有ります。

そこで相対的購買力平価の考え方を使うのですが、これを使うと新興国の物価水準と先進国の物価水準とは一定の倍率を持って、そこから大きく動くことはないと考えられます。
仮に先進国の物価を100、新興国の物価を10(つまり物価格差10倍)としてこの比率が大きく変わらないように為替変動すると考えます。
しかし、産業構造が急激に変化する単独の国で超長期(30年以上)でこの倍率が大きく変わらないと言う見かたもちょっとおかしいように思えます。

正直言って為替と言うのは良くわからないですが、簡便的には金利差分は為替変動で打ち消すだろうぐらいに考えています。
「為替変動は50:50だから高金利通貨は有利だ!」と言う意見については効率的な為替相場が形成されている限りは、はっきりと間違えで有ると言えますが、明らかに効率的ではないと言える中国元のような特殊な通貨までそう考えられるのかと言えば「良く分かりません」。
一般的には誰もが自由に買える通貨建て債券の期待リターンは円金利と等しいぐらいで丁度よいと考えています。

シンプルに

シンプルに考えるべきと思います。
個人的には為替の予想は無理と考えていて、その見解に立つと、あと考えるファクターは、手数料と税金の問題です。

手数料の有利不利は外債<国内債であることは純然たる事実と思います。また税金も償還差損やらクーポンとしてのキャッシュフローが不利になりがちであるため、外債<国内債です。

とするならば、外貨はあくまで株式なり社債なりのリスクプレミアムを享受するために保有するという方針で良いのかなと。

でも長期的な円安を確信しているOR機動的なリバランスによってアルファが出せるという強い自信がある場合は、為替投機に手をだすのも良いんじゃないでしょうか。

ただ人間の感情は直近のパフォーマンスに強く影響を受けますので・・・
また2002年から2008年あたりまでにあったような円安局面になれば外債至上主義が台頭するでしょう。

逆にこの2年で観察されているような円高局面では外債不要論が台頭するでしょう。

要は好みの問題ということじゃないでしょうか(笑)

インデックス投資家は手数料と税金というコントロール可能な2つのファクターについては敏感であるべきと思いますので、どちらかといえば、外債については配分をゼロにするか、極力小さくするのが良いかと思っています。

以上参考まで。

常に頭の片隅にある問題

昨年末の議論以降、外債の必要性については、暇な時にいつもぼんやりとあれこれ思考していました。。

今のところ、外国債券と日本債券の期待リターンが同じでも、多少なりとも違う値動きをするなら、分散効果とリバランスによる逆バリ作用などが有効であると考えているため、投資対象に入れています。

ただ、ある日、何かをきっかけに“VTと円債のみ”みたいな急激なポートフォリオのシンプル化を図ったりするかもしれません(笑)

確かに今の時点で一致はしてますけど

1995年以降の傾きが全然違いますけど。
また外債不要論ですか?

また、今後円高が無限に進むか金利が上がらないとこれは成り立たないでしょう。
1ドル50円かあるいは長期金利10%とかですよ。
この辺は指数の変化を冷静に見るべきだと思いますけど。
(私はこの考えが永久に続くかはやや否定的です。)

ヘッジ付外債はどうでしょう?

外債は為替リスクとリターンを考えると、同じく為替リスクを持つ外国株式を組み入れていれば概ね不要だと思いますが、ヘッジ付外債ならば為替リスクを軽減しつつ、債券自体の価格変動による分散効果を享受できる可能性があります。

国家公務員共済組合連合会の基本ポートフォリオ策定について
http://www.kkr.or.jp/shikin/basic_portfolio.pdf
2ページ目に想定するリターン、リスク、相関係数の表があります。
外国債券(ヘッジあり)は外国債券(ヘッジなし)よりも大幅にリスクは減少し、外国株式(ヘッジなし)との相関も低くなっています。ただしその他の資産クラスとの相関は若干高まっています。

為替オーバーレイの研究
http://www.assetmc.co.jp/teramoto/seminar/h16-07-01.pdf
こちらでは過去のデータの検証で、資産構成によってはある程度の為替ヘッジが正当化されることを示しています。

実際に使える商品としては、日興アセットの年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)(信託報酬年率0.7035%)が、投信スーパーセンターとフィデリティ証券で販売されているようです。
ただ連合会の期待収益率の部分にもあるように、外国債券に投資するには国内債券よりも高いコストがかかりますし、ヘッジをするとさらにヘッジ手数料(金利差によるヘッジコストではなく純粋な手数料)もかかるので、期待リターンは国内債券よりも下がるでしょう。
分散効果が十分に大きくなければ、素直に国内債券の割合を高めたほうが正解かもしれません。

よーし、勢いを盛り返すぞー!!
と書いてみて・・・「購買力平価説で国内債/外債の期待リターン同一派」でも外債不要派ではないので、微妙な立ち位置だった自分。

日経記事と近い意見になるのはしゃくですが、分散効果として外債投資はあってもいいと思っています。
ただし!!指数上のリターンが同じというだけで期待リターンは同じなんて言うのは早計でしょう。山崎元氏と同じ意見ですが、実際に投資する場合はコストが重要です。
今のところコストを考えると外国債券の方が国内債券より期待リターンは落ちるので、分散効果のためにどれだけ期待リターンが低いものを組み込みたいかという話だと思います。(何度も書いてますね、これ・・・)

それにしても、こういうデータを出してくれる記事は好きです。

補足します

僕も外債投資の期待リターンは円金利並みと考えていますが、だからと言って外債不要と考えている訳では無くて、臨機応変に利用できる物は利用しようと考えています。
1つ、例を出しましょう。

1:日本国債10年クーポン1.3%、価格100円、投資金額5000000円
2:米国国債ゼロクーポン、価格66.91%(最終利回り4.1%)、投資金額5000000円、買い付け為替レート1$=100円
9年後に両方を売却し、日米金利差は為替変動によって打ち消されると仮定します(売却為替レートを78.24円、売却価格96.06)。
日本国債については再投資利回りを年1.3%で20%源泉分離課税されると仮定します。
両方とも金利変動は無いものとし、ゼロクーポン債を買った人の年収240万円とし、控除は基礎控除のみとします。

日本国債の場合
元本要因+0円
金利要因+616360円
税金要因-128410円
実質リターン+487950円(単純に金利要因x0.8にはならないので注意)

米国国債の場合
元本要因+616361円
金利要因+0円
課税対象額=(616361-500000)x0.5=58180円(長期譲渡所得)
住民税要因-5700円
所得税要因-2900円
国民健康保険要因-5871円
介護保険要因-1197円
実質リターン+600693円

日本国債のクーポン運用部分は20%課税されて「複利運用される」ので、単純に20%リターンが減る訳では有りません(実際はもっと影響があります)。
仮定する事実が多いですが500万円の運用でもゼロクーポン債と言う日本にはないユニークな税法上の特典を利用すれば、リターンが何と112689円も違ってきます。
しかも、ゼロクーポン債は国保の影響まで考えています。

金利平価

> 高金利通貨は下落して日本円との金利差は消える

これは購買力平価説ではなく、金利平価説では?

勉強になります。(^^
なるほど・・ 購買力平価説支持とほぼ外債不要派を同一視してはいけないのですね。気が付きませんでした。
その考えで行きますと、わたしは購買力平価説は長期的にはおおむね支持で、外債有用派です。

1)通貨の分散
まずご存知のようにインデックス外債の中身は米ドルだけではありません。STAMやeMAXISの外債ではユーロがかなり占めています。あと米ドルも多いですが、その他の通貨もかなり入っています。これらの複数通貨と円の関係は米ドルと円だけのようにシンプルにはならないと思います。

2)チャート
チャートというものはスタート点や期間を変えると見え方も大きく変化します。水瀬さんが掲載されている 日経電子版上記記事 Eのチャートも同様です。スタートを1987年にするとどのように見えるか想像してみてください。なぜ1987年かについては、後記(6)もご覧ください。

3)投資する期間と投資時期
長期的には購買力平価説のようになると思います。ですが、ある程度の期間(数年?)ではキャリートレードや国勢や投資家の思惑その他の要因により上下しています。

国際通貨研究所
http://www.iima.or.jp/research_gaibu.html

4)購買力平価説が影響する範囲
外債の話題になると購買力平価説が出てきますが外貨資産は全て影響するはずです。不思議なことに外株のときにはあまり購買力平価説が登場しません。株の方がリターンが高いので影響が少ないということかもしれませんが、これは長期的に見ればということですので、分散の意味からも外債は入れておいた方がよいと私は思っています。

5)円債の特別な事情
ご存知のように日本のプライマリーバランスは危ういところまで来ているといわれています。ですから、円債の利率を上げるわけには行きません。外債と円債の長期的なリターンを見ると30年前ぐらいからどちらも徐々に下がってきてはいますが、外債は上下しているに対して円債の方は下がりぱなしです。上に書いた理由により外債と円債の利率が逆転することは望めません。むしろ円債の利率が上がってきたときは別の意味で要注意だと思います。

6)資源国
タカちゃんさんも書かれていますが、資源国は資源を堀り尽くすまでは資源国でありつづけます。為替レートを見ますと、資源国は独特の動きがあるように見えます。特に先進資源国通貨たとえば AUD/JPY(オーストラリア) です。これを利用しない手はないと思います。残念なことにこれら先進資源国債券の安価なインデックスファンドは国内籍のものはありません。

ですので、ここはFXのスワップ運用を使うのがよさそうだと最近考えています。手数料も安いです。ただ、これもメンテなしで放っておいたら購買力平価説の餌食?になると思いますので他のアセットクラスとのリバランスあるいは数年周期のスイングトレードが必要だと思います。

# 内藤忍の資産設計塾 自由国民社 外貨投資編 第4章 外国為替証拠金取引 が参考になります。

7)検討する期間はどのくらいが適当か?
期間が長い方がサンプルが多くなるので信頼性は上がるとおもいますが、30年も前のデータが役に立つのか疑問はあります。変動相場制になったのは1973年で、その後急激な円高になりました。比較的落ち着いてきたのは1987年ぐらいからです。

日興コーディアル証券
http://www.nikko.co.jp/bond/market/kawasechart.html
米ドル円長期チャート
http://www.nikko.co.jp/bond/market/pdf_stock/monthly/monthly_usd.pdf

投資家層の変化も考慮する必要があるでしょう。FXができるようになったのはここ10年ぐらいではないでしょうか。30年まえにはなかったはずです。

>ETF投資家さん

そのアセットクラスが割高か割安かを判断できるのであれば、仰るとおりで効率的な投資ができると思います。


>市場関係者さん

バランスの取れたご意見ありがとうございます。
債券クラスに求めるもの次第というのも納得です。


>タカちゃんさん

今でも為替は予測不能だと思っています。
でも、購買力平価がかなり強力だということも覚えておきたいと思います。


>ウォーレンさん

コストは自分でコントロールできる数少ない手段ですから重要ですよね。
税金もやりようによってはある程度コントロールできます。


>虫とり小僧さん

VT+円債というシンプルさには、なんとも言えない魅力がありますよね。
僕もある日突然そう切り替えるかもしれません(笑)


>ぷれでたさん

私は自分が興味がある話題については何度でも取り上げますよ(^^)
ところで、

>> 1ドル50円かあるいは長期金利10%

この数字の根拠がわかりません。どういった計算なのでしょうか?


>マイオスさん

やはり山崎氏が主張するようにコストと分散効果をはかりにかけてということでしょうか。
ヘッジありのインデックスファンドはもっとコストが低いものが出てこないとちょっと使いづらいですね。


>吊られた男さん

たとえ一面しか捉えられないとしても、データがある記事は貴重です。
データには手間とコストがかかっていますから。


>名無しさん

そうとも言えると思います。


>Tansney Gohnさん

参考になる情報をいろいろとありがとうございます。
機動的にトレードするつもりがあるなら、戦略の幅は広がると思います。
僕は面倒くさがりなのでほったらかしできる戦略が好みですが。
うまくいくといいですね。

伊藤元重教授のコラム

>私は自分が興味がある話題については何度でも取り上げますよ(^^)

伊藤元重教授が外貨投資について書いてます。
私にはこちらの方が現実的に聞こえますけど。
http://allatanys.jp/B001/UGC020001720100520COK00551.html

>この数字の根拠がわかりません。どういった計算なのでしょうか?

50円と言うのは1995年を100円として3.4%ずつ下落していったら2015年に50円ですよ。
100×0.966^20=50.1円
1995年は円高で79円まで行った年なので100円でも控えめな数値です。
田村氏の指摘の通り日米の金利差は1995年以降も3%強で間違いないようです。
厳しい条件の計算ですがでたらめを言っている訳ではありません。

ぷれでた さん

私は、ずっと円高だと思いますが。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/018/509/31/N000/000/000/127019352569816105091.GIF

みたいな感じ。

分配金議論みたいになってきたね(笑)

>私は、ずっと円高だと思いますが。

今話しているのは田村氏主張の3%強金利差に応じて為替は変化しないという話なので。
特に1995年以降は。

話を理解してないね。

ぷれでた さん

スタートを1995年にするのが問題のような。
下記のように1970年を起点にすれば?

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/018/509/31/N000/000/000/127019352569816105091.GIF

1995年以降は成り立たないと認めるのか?

>スタートを1995年にするのが問題のような。 下記のように1970年を起点にすれば?

そんな事は聞いてない。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)